ワードローブ

住宅関連では「洋服ダンス」の意味。またファッション業界では衣服計画や衣服の着用計画という意味。また観光業界では、客室家具の1種で、「衣服を収納する戸棚」という意味で、ワードローブという言葉が使用されている。

  1. 【収納】ショップのように《見せる》がコツ! 収納が楽しくなる空間づくりのポイント♪

    思い入れのある服に、大好きな雑貨、お気に入りのキッチンツールに、何度見ても飽きのこない器などなど・・・・・・。単に収納にフタをして「しまう」のではなく、せっかくだから、ショップの飾り棚やショーウィンドウのように、お気に入りの服や雑貨を「飾りながら収納したい」。そんな想いを叶えた、「アパレルショップ風の家」をご紹介します。

    &home
    • 24056
    • 424
  2. 組立業者から見たIKEA家具が伴う引越し業者の選び方

    IKEA家具をお持ちの方が引越しをされるとき、引越し業者さんへ見積りを頼めば多くは取り扱いを断られ、捨てることをすすめられるのが現状です。 【組立家具】は引越し業者さんの範囲外になってしまうので、断るのは仕方ないのですが、断り方によってその引越し業者さんが果たして信頼できる業者さんなのかどうかを判断することができます。 引越しは値段はもちろん大事ですが、安いなりの業者さんを選んでしまえば、大切なものを壊され引越し料金を下げた倍以上の出費になってしまう事も。 またそれが思い出の品、廃盤商品だったら・・・

    FAworks
    • 2268
    • 12
  3. あえてカジュアルに履く!プリーツスカートのお手本着こなしコーデ

    プリーツスカートは、エレガントなイメージが強いので、オフィスやお出かけには取り入れやすいのですが、普段着としてカジュアルな着こなしは難しいと感じている方も多いようです。 カジュアルコーデ派にとっては、プリーツスカートは甘くなりすぎてしまうことも。そんなプリーツスカートでも、ラフな着方ができれば、もっとコーデの幅が広がりそうですよね♪ プリーツスカートのカジュアルなコーデを、一緒に勉強してみましょう! 

    新山志帆
    • 2496
    • 12
  4. デスク一体の壁面収納

    川崎市W邸にデスク一体型の壁面収納の納品に行ってきました。 壁面収納は、ワードローブを兼ねています。リビングに設置のため、圧迫感が出ないように奥行は通常のワードローブより狭くしました。 洋服のかけ方も通常とは異なり、奥行方向に引き出せるハンガーパイプが付いています。 扉は、マスタードイエローの塗装仕上げ。W様より頂いたサンプルと同じ色を特注色で作りました。 ハンドルは、ステンレスで製作。通常よりかなり長くなっています。 デスクは、ウォールナット。壁と収納とで挟み浮かせています。 扉の仕上げが、上手くいかず、大変お手数おかけしてしまいました。 色を取り入れるのは、なかなかのチャレンジですが、とてもよくまとまったと思います。

    WALDEN
    • 1449
    • 3
  5. 収納スペースも自分のセンスで衣替え

     とうとうゴールデンウイークに突入しました。まだ肌寒い日もありますが、お休みの間にそろそろ衣替えをという方も多いのではないでしょうか。  また、春からの新生活で、身の回り品も衣替えがすすみ、収納スペースにお困りではないですか?  例えば、ワードローブにお気に入りの服を収納するとき、引出しの幅を入れる服の種類で変えたり、ハンガースペースも自分の服に合った高さにしたいと思われたことはないでしょうか。  ナッシュでは、あなただけの収納スペースを一緒に考え、あなたのセンスでデザインさせていただきます。

    ナッシュ ファニチャークラフツメン
    • 3188
    • 8

おすすめ

話題のキーワード