スキップフロアのアイデア(3ぺージ)

住戸内に、中2階のような半階分ずらした居室を設けること。住戸内に上下の段差を生じることで、各居室の独立性を持たせる。

  1. 小曽根のガレージハウス・西宮/建築家と建てる30代の家

    -住宅密集地でも人目を気にせず過ごせる立地- ザウスと共に土地探しからスタートした、小曽根のガレージハウス・西宮。 住宅密集地に建っていますが、住まいの南側には道路向かいに木々が広がるだけなので、行き来する人の目を全く気にせず過ごせます。 -スキップフロアで、外に見える大きなクスノキまで視線が通る- 設計を担当したのは建築家の藤原慎太郎さん。 建築主からのおもな要望は、プライバシーが完璧に守られるこの立地だからこそ、2階のリビングには大きな窓がほしいということと、スキップフロアで変化のある空間、そしてガレージがあること。 藤原さんは、玄関から少し上がってキッチンに入り、さらに上がってダイニング、そしてリビングとウッドデッキを経て、古く大きなクスノキまで視線が通るプランを提案しました。 外の庇の長さや角度まで計算され、冬はキッチンまで光が届き、夏は直射日光がベンチの位置までしか入ってこないよう、光の加減がコントロールされています。 変化に富むスキップ構成の屋内空間で、まだ小さな子どもたちがのびのびと動き回り、大きな窓に切り取られた風景が、四季折々の表情で暮らしに彩りを添えてくれる、そんな住まいとなりました。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス神戸店(0120-360-354) 規  模/地上3階建て 構  造/木造 敷地面積/94.8m2(約28.7坪) 建築面積/56.9m2(約17.2坪) 延床面積/102.7m2(約31.1坪) 施  工/株式会社ウッドワン関西 撮影: 矢野 紀行

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 2633
    • 6
  2. 大きく育つイエ(木造3階スキップフロア)

    大きく暮らす、視線がつながる、楽しいスキップハウス。きびしい高度制限の中での部屋数確保を、5層3階建てのスキップフロアで実現、各空間のレベル差を、中心の「光の吹き抜け」でつなぎ、空間の広がりを作っています。スキップ形式は難しいシステムのため、役所と厳しい折衝があり、各種資料や計算を提出、認可をいただき竣工できました。「木を生かしたインテリア」は法的要件を「燃え代設計」などの工夫でクリアしています。

    sou建築設計室
    • 8338
    • 20
  3. シンプルモダンな家

    大壁を採用し外壁はスッキリとシンプルに仕上げました。 玄関庇はW3800×D920もの巨大なアイアン製の一枚板を取り付け 「べんがら」色で塗装しアクセントに。 リビングにはスキップフロアを設け空間を広く使いながら 天井にウッドパネを張り上品さも演出しました。 濃紺で仕上げたアイアン製の階段ささらと吊り手摺が さらに空間を引き締めてくれてます。

    inter-living
    • 1469
    • 9
  4. 小さな庭と借景テラスを楽しむ家

    香里園のH邸 〜小さな庭と借景テラスを楽しむ家〜 大阪郊外の住宅地に建つ木造2階建ての住宅。 住宅地のささやかな家であっても、小さな庭や借景テラスをつくることで、どの部屋で過ごしていても緑を楽しむことができる建築にしようと考えました。 また、二つのリビングスペースをつくることで、家族の心地よい距離感を保てる自由で大らかな住空間になるよう工夫しました。

    池田久司建築設計事務所
    • 1270
    • 1
  5. にしはらのながや(東京都)

    集まってすむ人達と共に、開かれたコミュニティーを作っていきたいと考えていました。もちろんそれは強要するものではなく、開きたい時に開くことができ、そうでない時は距離感を保てるような自由度を持ち合わせていなければなりません。この建物が『にしはらのながや』と名付けられたのも、“ながや”という響きが落語に登場するような同居人達の賑やかなコミュニティーを連想させるからです。

    川久保智康建築設計事務所
    • 1702
    • 7
  6. フトコロのある家

    奥まった敷地に計画されたペット愛好の施主の住宅です。長辺方向は隣家が迫るため壁面を閉鎖的にして、短辺方向は両端で60cmという最低限の耐力小壁を連続させることで開放的にしています。この小壁で生じる「フトコロ」部分は、カーテンで閉じたり開いたりしながら、収納になったり作業台や机になったり、はたまた部屋の一部になったりと、様々にその役割を変化させます。南側には玄関を兼ねた大きな土間をテラスと一体的につくり、木製格子で囲って目隠しにしています。大開口の窓を開けることで内外がつながり、同居するペットたちとも交流できる場所になっています。生活をしながら「フトコロ」が様々に変化するような楽しい家になるのではないかと思っています。

    水石浩太建築設計室
    • 2024
    • 18
  7. 夕景に映えるスキップフロアの家

    時間帯によってガラリと表情を変える外観の中には、スキップフロアの自由な空間が広がっています。 大きな木の造作ドア、エントランスから繋がるリビングとキッチン、上部に吹き抜けのある高い天井と、プライベートな坪庭があり、明るく寛げる空間となっています。 シューズクローゼットの中に、ペット用トイレ部屋と、そこからペットがリビングへ出入りできるよう、小さな出入り口が設けられています。 キッチンバックにはIKEAの収納が埋め込まれていて、さらにその奥の見えない位置にパントリーが作られています。 壁紙がお施主さまがご自分で用意されたこだわりのものをアクセントに使用することによって、部屋ごとに楽しい個性が生まれています。

    不二工営建設㈱ haco⁺
    • 1998
    • 22
  8. 宇都宮市駒生町にモデルハウスオープン!ここちよくてカワイイ住まい「comfortable natural houce」

    マルニホームのモデルハウスが宇都宮市駒生町にある分譲地「ハートフルタウン駒生」内にオープンしました。 「家族が心地よく暮らすことができる住まい」をテーマに当社女性スタッフのプロデュースにより女性目線での使いやすさとかわいらしさをプラスしたモデルハウスとなりました。 スキップフロアーや書斎コーナーなど、家族のお気に入りスペース「家族だまり」をつくり、それぞれ好きなことをしながらでも一緒にいられる工夫をしています。 その他、床下冷暖房や断熱構造コーナーなどマルニホームの住まいづくりの秘密がわかる展示コーナーも充実。ぜひ一度足を運んでください。 ご予約はお電話かメールにて受け付けております。お気軽にご連絡下さい。

    マルニホーム
    • 1749
    • 13
  9. 隣地は3mの崖地!2階リビングで眺望を手に入れた東向きの家。

    敷地は、東西に長い矩形で、西と北が道路に接し、東は隣地が3m下がった崖地でした。南には、2階建てアパートが計画されており、採光が期待できないことから崖地の高低差を利用した東向きの家としました。 お施主様のご要望は、妻方のお母様とお施主さまご家族(夫、妻、娘)とが、お互いのプライバシーを確保しながら暮らすことができる2世帯同居住宅とすることでした。 具体的には、①スナックバーを経営する旦那さまが、日中に静かに眠ることができるようにしたい。②お母様の生活とお施主様ご家族の生活はできるだけ分離させたい。③世代交代しても住みつなぐことができ、近い将来にはカフェを営むことができる間取りと、来客用の駐車スペースが欲しい。④風水を考慮して、門を北向きに設け、子供部屋は東側にしたい。というもので、お母様とお施主様ご家族の生活スペースを階別に明確化し、1階には、お母様の空間を玄関近くに設けることで、世代交代後に客間として機能するようにし、カフェへの転用を考えたフリースペースと駐車スペースを補うビルトインガレージを設けました。2階は、東側に子供部屋を設け、スキップフロア構成とすることで広がりを与えています。

    清建築設計室
    • 1583
    • 13
  10. 絵になる家~新築☆~

    ご主人さまのお仕事場を併設し、ご主人さまの野望と、奥様の夢をかなえた家が完成しました! ご夫婦のご友人にもたくさんお集まりいただけるよう、広々としたLDKに加え、リビング横にウッドデッキを設置し、さらに広々空間を楽しむことができます。 機能はもちろん、家中にこだわりがちりばめられ、ほんとうに素敵なおうちが完成いたしました。特に注目すべきは、スキップフロアで実現した『隠れ家』と、長い廊下の両側に設けた『丸窓』。大人が楽しめる家に仕上がっています。

    株式会社サンコウホーム☆住まいる情報館
    • 1059
    • 8
  11. スキップスキップ♪夫婦それぞれの趣味を満喫する家

    家族の時間を大切にしながらも、それぞれのプライベートな時間も確保したい。 そのようなM様夫婦の要望を実現するために採用したのがスキップフロアで2つの空間をつくりあげる提案。 1.5階には奥様が裁縫を楽しむスペースを設け、半地下にはご主人様のこだわりの書斎をつくりました。

    カキザワ工務店
    • 1340
    • 5
  12. たった25坪⁉︎小ささを克服するスキップフロアの住宅。

    延べ床面積25.5坪の4人家族の小さな住まいです。 半地下に仕事場を設け、公私のON/OFFを建築的に切り替えられるようにしています。半階ずつづらした空間構成(スキップフロア)で家族それそれの居場所を創出し、それらをシームレスに繋ぐことで、空間にメリハリと広がりを与えています。また、『手間暇を惜しまないことが生活を豊かに彩る』という信念のもと、自然素材や薪ストーブ、集熱式のソーラーシステムを積極的に採用することで、エコノミーでエコロジーな暮らしを実践しています。 もっと写真を見たい方は下記URLにアクセスしてご覧下さい。 http://www.seiarchitect.com/atsumizunoie.htm

    清建築設計室
    • 13398
    • 100
  13. 7層のスキップフロアをもつ家「Seven floor」

    計画地は四方を住宅に囲まれた密集地で、土地もあまり広くありません。この敷地条件の中で、プライバシーを保ちながらも外に開いた空間を考えました。 まずエントランスを壁で部分的に区切り、くぐり抜ける空間を演出しました。庭をいったん切って分散させることで、空間に広がりをもたせるようにしています。 また、テラスをフレームで囲って床のレベルを高くすることで、周囲からの視線を遮りつつも開放的な外部空間を確保しました。中庭のような空間がほしいという施主の要望を限られた広さと予算の中で実現しています。 室内はそれぞれ高さの異なる7層のスキップフロアから構成されています。吹抜けを介して空間がつながっており、家族がどこにいても互いの存在を感じて繋がっていられるような家としました。

    建築工房DADA
    • 1128
    • 6
  14. スキップフロアと吹抜けを設けた開放感あふれるヨーロピアンスタイルの邸宅

    毎日の生活の中で、一番多くの時間を過ごすLDK。 自然とご家族も集まる、くつろぎの場所。 そんなくつろぎの場に、吹抜けとスキップフロアを設けたら… LDKと一体となって、いつでもご家族が身近に感じられる空間に。 中2階にカウンターを設けると、勉強や読書・パソコンデスクなど、ご自由にお使いいただけます。 リビング上部に大きな吹抜けを設けることにより、さらなる開放感を堪能できます。 スキップフロア下には大型の収納スペースを設けて、デッドスペースをなくし空間を最大限に使用。 換気機能を付けて、来客用のお布団や季節物(スキーウエアなど)を収納しても、室内がこもらない造りにすると、カビなどの発生も気にせず収納出来ます。 ご家族とのコミュニケーションを深めるのにも、ホームパーティーでお友達家族と集まるにも、お部屋で過ごすみんなとの一体感と開放感を楽しめる住まいです(*^_^*)

    株式会社ダンデ・ライズ
    • 1684
    • 10
  15. もみじの家 もみじの中庭を持つRC壁式2階建の住宅

    将来二世帯同居も視野に入れたRC造の住宅 東京の郊外に建つこの建物は、メーカーの新建材による建物が並ぶ風景に、質感の高い雰囲気を付加することを考えて計画しました。 外部から見ると寡黙なこの家は、紅葉が多く植えられた中庭と主に打放しを仕上げとしながら、暖かみのある室内空間を持ちます。 深い庇や外断熱により、季節による温度変化もかなり少なくなりました。 スキップフロアーによる立体迷路のようなプランは孫達にも好評です。 RC壁式構造2階建(一部外断熱) 設計:村上建築設計室 構造:MUSA研究所 施工:佐藤秀

    村上建築設計室
    • 1691
    • 6
  16. 「スキップしてつながる家」

    建物は東側にインナーガレージや家族室のある共通の箱と西側にプライベートゾーンを主にした箱を設け間の空間が玄関、テラスなどや縦の移動空間となり階段でスキップしながら箱が繋がっている。スキップ特有の視界の高さのズレでプライバシーを保ちながら家全体がまとまっている。 アプローチに立つコンクリート造の大きな壁は生活の視界をコントロールしつつ、印象的な表情で街並みに参加している。

    アトリエ慶野正司
    • 1171
    • 3
  17. ~ 地下室のあるスキップフロア(7層)の家 ~

    公園側に窓をたくさん取り、公園にいる気分のリビング。 リビングが中2階になっているため、公園からの視線は気になりません。 台形出窓に造付のソファでリビングがとても広く感じられます。 2階にあるプチ中庭は、トップライトを通して、 空の青い光が植栽に当たり、 海中のような幻想的な雰囲気です。窓をとおして見ると絵画のようにも見えます。 湿気やすい地下室は換気しやすいブラインドシャッターが付いており、 地下室でも上部に窓を取ると明るいです。

    Anhouse
    • 1122
    • 2
  18. 程よく自然体でかっこよく暮らす家 BROOKLYN HOUSE

    WHAT’S “BROOKLYN HOUSE” - ほどよく自然体でかっこよく暮す家 - 「ニューヨークシティ、ブルックリン区に建つ様な家が欲しいよね。」 そんな何気ない設計デザイナー敷浪氏との会話からスタートしました。 とにかくおしゃれで自由な開放感と飾らないスローなLIFESTYLE。家族が楽しく過ごせる家。 それが「BROOKLYN HOUSE」 そんなかっこよく、どこにもない空間がDesign Sourceの理想。外観はワイルドでありシンプルで、 玄関を入ると土間が広がる。 スキップフロアーを基本とし、 SQUAREの男前な家具に囲まれカッコよく暮らす。 カッコよさだけではありません。 収納はKURAスペースにまかせて、SQUAREの特注キッチン、 洗面スペースはゆったりです。 ダイニングのテーブルや椅子、ソファ、TVボード、 照明や木製ブラインド、BROOKLYN HOUSEにピッタリのものが標準装備です。 ただ家という箱を建てるのでは無く、 その中身がギッシリ詰まった家づくり。 間取りもカスタマイズ出来、お好みの間取りに対応可。 断熱性能や気密性能が高いのはもちろんの家。 Design Sourceオリジナル建物BROOKLYN HOUSE 是非詳細はお問い合わせください。 建物28.5坪 本体価格(家具・照明付) 1850万円~ 付帯設備工事費・設計料・消費税別途 ※建築価格は地域によって異なる場合がございます プロデュース:Design Source

    Design Source
    • 7904
    • 81

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    108件中 41 - 60 件を表示