ブリッジ

「ブリッジ」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ブリッジ」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. にしはらのながや(東京都)

    集まってすむ人達と共に、開かれたコミュニティーを作っていきたいと考えていました。もちろんそれは強要するものではなく、開きたい時に開くことができ、そうでない時は距離感を保てるような自由度を持ち合わせていなければなりません。この建物が『にしはらのながや』と名付けられたのも、“ながや”という響きが落語に登場するような同居人達の賑やかなコミュニティーを連想させるからです。

    川久保智康建築設計事務所
    • 1430
    • 7
  2. 福重の家

    敷地は、道路より旗竿状の長い共有敷地奥にある。4方を住宅・アパートに囲われてはいるものの、爽やかな風の通る、静かで明るい住宅地である。 構成は、南面した矩形の主屋に、片流屋根のリビング、平屋根の玄関が取り付く。玄関は軒高を低く抑え、外部に対して慎ましく、人を気持よく迎え入れる表情であるよう配慮している。 玄関を折れて、ホールより和室への東西動線を軸に、庭を囲むようL型に居間・食堂を配した。食堂は吹き抜けを介して寝室・子供室と、居間は低い格子戸を通して玄関と繋がる。各部屋は緩やかなひと繋がりの空間として、様々な視線の抜けを意識することによって、変化に富んだシークエンスが展開し、何処にいても自然と、家族の気配を感じることができるよう意図した。 居間は床を300㎜下げて石張りとして、土間のような設えとした。他床より窪むことによりやや籠った印象の居場所となっている。 LDKのL型の連窓を庭側に200㎜出し、柱及び開口がそれぞれ自立したものであるようにすることで、空間に奥行感と広がりを与え、居間においては、食堂からの床が窓辺のベンチとしても機能するよう図った。 子供室へは、吹き抜けに掛け渡したスティール製のブリッジを渡って至る。床を木製「すのこ」として、縞状の影を壁に映す軽快な表現とした。 子供室前の廊下には、明かり窓と浅いベンチの備わったライブラリーコーナーを設えている。 内部の壁は漆喰塗り、主な木部はダークな色合いとして、刻々と移り変わる自然の光や緑が映える落ち着いた空間となっている。

    柳瀬真澄建築設計工房
    • 454
    • 0