造作家具

「造作家具」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「造作家具」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. こどもと暮らしを楽しむ家-団地のリノベーション-

    築46年の団地を、子供の成長と共に、その時々の家族に最適な状態に変化してゆけるよう計画し、リノベーションした。 クライアントは夫婦と小さなお子さん2人の4人家族で、それまで住んでいたマンションから、団地住まいの知り合いを通じて、明るくオープンな団地の環境の良さに惹かれて団地を購入し、自分達の暮らしに合わせてリノベーションすることにした。 それまで住んでいた80㎡のマンションから、20㎡縮小した60㎡の団地に住み替えをするということで、空間を細かく仕切っていた壁を出来るだけ取り除き、全体を大きなワンルームとする計画にした。 内部は収納家具を使い、空間を緩やかに仕切ることで、開放感を確保しつつ、家族の気配を感じながら快適に暮らせる住まいを実現した。 窓のないリビング東側の壁面には、既製品の収納家具(MUJI)を置き、空間を仕切ることでウォークインクローゼットとした。また、この家具は移動することが出来るため、子供の成長に合わせて子供室に変更することも出来る。 西側には、リビングとの間に棚を置くことで空間を緩く仕切り、奥には大きなベット兼収納スペースを設けた。メーターボックスの出っ張りを利用したこの空間は、上部にベット、下部に収納を設け、空間を立体的に活用できるようになっている。 更に、床面から高さのあるベットサイドの一部はデスクとしても活用できるようになっており、限られた空間の隙間を違った視点から見ることで、収納と居住スペースを最大限確保できるようデザインした。 キッチン収納や仕切り棚の収納は、扉や引き出しをつくらずオープン棚とすることでコストを抑えると共に、MUJIのモジュールに合わせて家具を製作することで、既製品の引出し収納パーツなど を、住まいの変化に合わせて組み変えていくことができるようになっている。 居住スペースが縮小することを肯定的に捉え、生活を楽しく豊かにするというイメージでクライアントと共に試行錯誤を重ねてきたが、そのイメージ通りの空間を実現することが出来たと思う。 主要用途: 住宅 設計:株式会社AIDAHO 施工: 株式会社ルーヴィス 所在: 神奈川県横浜市 延床面積: 60.54㎡ 竣工:2015年3月 写真: 本多康司/本多康司写真事務所

    aidaho
    • 8358
    • 66
  2. 高い吹き抜けで採光を取り入れたモダンな家

    コンセプトは、採光とプライバシーに配慮しつつ「空」を感じられる神奈川県相模原市のU様邸。2階に配置したLDKは、スリット窓などからの採光や計画された照明、高い吹き抜け、さらにリビングと一体となったバルコニーで、明るく開放的な空間が実現しました。トイレや洗面所、造作家具やインテリア雑貨など細部に渡ってこだわりを表現しています。

    カキザワ工務店
    • 2610
    • 18
  3. はねだし階段のある家

    「シンプルモダンをテーマに、私たちのこだわりをすべて叶えました」という東京都町田市のI様のお宅。テーマカラーは白×茶×黒で、家具のフォルムもシンプル。モデルハウスで気に入っていただいた“はねだし階段”はリビングのアクセントとなっています。夫婦共働きでお子様も小さいとのことで、玄関にはベビーカーやコートも収まる大容量の土間収納、2階にはランドリールームを設置するなど、家事がしやすい間取りを工夫しました。スタイリッシュでありながら暮らしやすさも追求した住まいとなっています。

    カキザワ工務店
    • 2796
    • 13
  4. 家中ポカポカあたたかい家。

    緑豊かな土地に建つI様邸。玄関を抜けリビングに入ると、存在感のある黒色の薪ストーブが出迎えてくれます。薪ストーブにはインテリア性の高さ、炎を眺めながら過ごすリラックス効果などさまざまな魅力がありますが、家全体を長時間に渡って暖めてくれるので、外断熱との併用で家の主暖房として十分機能する点にも注目です。I様邸は無垢材の床や建具、スリット窓や高窓から注ぎ込む太陽光など、自然に触れることで得られる心地よさを随所で感じる癒し空間満載の家。また、キレイをキープできるよう、たくさんの収納スペースを盛り込んだ使い勝手のいい間取りも、奥様にたいへん喜んでいただけました。

    カキザワ工務店
    • 3502
    • 10
  5. オーダーメイドで自分たちらしい暮らしを実現!湘南の明るい住まい♪

    湘南の海の近く、明るい日差しがたっぷりのテラスハウスで、ご家族4人が暮らす2階建てのお家のリフォーム。 木製扉のオリジナルキッチン、タイル天板の造作洗面台、懐かしさを感じさせる造作玄関収納。 そして、ご夫妻が趣味で作られるテディベアを飾る造作ディスプレイ収納と、オーダーメイド造作で自分たちらしい暮らしを形にしました♪ 我が家にもっと愛着を持てるようになること間違いなし!です! トイレは、消臭機能がある珪藻土で塗り、玄関ホールは、ウッドチップクロスのオガファーザーでやわらかいグリーンに塗装。 海から帰ったご主人様をやさしく迎えてくれる明るいお住まいです。

    湘南リフォーム(株式会社ステラ)
    • 1509
    • 30
  6. 自然素材の家~無垢の床・スーパーそとん壁(シラス壁)・チャフウォール(ルナファーザー)・セルローズファイバー断熱~

    ★チャフウォール(+ルナファーザー) 室内の壁は石膏ボードの上にビニールクロスを貼ることが多いですが、ここでは、ルナファーザーという紙でできた壁紙に、チャフウォールという、ホタテ貝の貝殻からできた塗料を塗っています。ルナファーザーは調湿作用があり、塗装は7~8回塗り替え可能なため長期張替えが不要です。また、壁紙に塗られているチャフウォールという塗料はホタテ貝の貝殻とモミガラから作られ、原料は100%天然素材で有害物質を含みません。 驚くことに消臭効果が高く、調湿性と保温性にも優れております。また抗菌性を持ち、カビやダニの発生も防ぎ更には防火性にも優れています ★無垢材(蜜ロウワックス) この家ではフロアの大部分やダイニングテーブルには杉が使われており、2階ホールの天井・浴槽の壁には桧を使用しています。木は人の心と身体にとても優しい建材です。もちろん調湿性に優れています。木に触れると人の心は癒されリラックスできます。 リラックスし集中力がアップするため、子どもの勉強机にも最適だそうです。 これらの無塗装材に表面に塗っているのが「蜜ロウワックス」です。これは無塗装の特性を殺さないようにしながら、木の表情を豊かに見せてくれます。また水分をはじくことでコーヒーや醤油をこぼしても安心です。原材料は、密ロウとエゴマ油の二つだけ、天然素材で安心です。しかも雑巾がけをする感覚で塗れるのでメンテナンスも簡単です。 ★断熱 高断熱の家にするために使用した断熱材は、セルローズファイバーというエコロジーな自然素材。原材料は古紙回収された新聞紙を(木のパルプ)と粉末のほう酸です。新聞紙を細かく粉砕して、ほう酸をまぜることで防火性と防虫性がプラスされます。またシロアリに対しても効果を発揮、湿気を通す性質があるため調湿性があり壁対内部の結露がおこらず、カビの発生もありません。 ★外壁 スーパーそとん壁という塗り壁になっています。左官職人がコテを使って丁寧に塗っています。原材料は熊本県の火山灰シラスで非常に優秀な特性を持っています。防水をしながら湿気を透すためカビが付かず汚れにくいのもうれしい特性です。 サッシは樹皮を挟んだ断熱性のあるアルミ枠にLow‐Eペアガラスをはめたものです。断熱や結露に対して有効で夏の熱い日差しの高熱が家の中に差し込むのを遮断してくれます。

    共和木材工業株式会社
    • 2583
    • 12
  7. ビンテージ家具の似合う家

    外はシンプルに・・・ 中は山小屋のように・・・ 木のぬくもりを感じる空間に・・・ L字のオリジナルステンレスキッチンに、 腰壁にはコンクリートブロックで可愛すぎないラフな仕上げに。 板張りの壁と天井に囲まれたLDKは、木のぬくもりを感じます。 キッチン→洗面→ウォークインクローゼット→和室→物干 といった、使い勝手の良い家事動線を工夫しています。

    じょぶ
    • 1666
    • 23
  8. schole home~笑顔の学校~

    昔ながらの住宅地の為、以外に多い人通り。 人目を気にすることなく、のびのびと楽しく暮らしたい・・・。 そんなお施主様の想いから、周囲の視線を遮りながらも ハイサイド窓を設けて光を十分に取り込み、 明るさも通風も十分な内部空間を計画しました。 「学校」をテーマにした、 大人も子供の楽しいと思える遊び場が沢山あるお家です。

    じょぶ
    • 922
    • 20
  9. 西葛西のリノベーション/重畳模様

    西葛西にある築 30 年以上経過した集合住宅の 1 住戸を改修した。 雑多な生活感を包み込み、集約して表出することが出来る計画を目指した。重層家具は奥の斜め格子と、手前にある幅の異なる可動棚で構成されている。斜め格子の棚には、本や DVD などの表紙や背表紙が並び、多様な背景を作り出す。そして、手前の棚に置かれた家電や日用品などと多重を成すことで、何気なく溢れ出た生活の様相を、重ね模様のように彩り豊かな風景へと置換する。 また、北側に共用廊下を配した片廊下型で計画された集合住宅の場合、南北を繋ぐ住戸内の廊下は日当たりが見込めず暗く陰気な空間になっているのが実情だ。廊下の壁面に高光沢の仕上げを用いることで、あたかも窓があるかのように、廊下には外部の風景が現れる。廊下にまで引き込まれた風景は、対面に反射し、合わせ鏡の様に増幅してゆく。狭窄だった廊下は、風景に溢れた拡がりのある空間へと変容する。

    高田博章建築設計
    • 1791
    • 17
  10. 自然素材な造作家具

    家具を選ぶとき、いや、家具でなくてもかまいません、 何かものを買い求めようと選ぶとき、 みなさまは何を基準にお選びになりますか? 音響熟成木材を使って手作りする家具。 それは、 初夏のみずみずしい草むらを渡る風のような、 すべすべとなめらかな手ざわり。 冬の朝の布団の中のような、ちょうどよいぬくもり。 人の心を軽くする優しいユーモアのような、木肌のやわらかさ。 子どもの頃に読みふけった物語の中の山小屋のような、香り。 そう、それはとても感覚的なものです。 私たちがお届けしたい家具の価値は、 機能や意匠やデザインや値段だけにあるのではなく、 どこか懐かしくていつまでもみずみずしい、 その心地良さにあります。 色合い、香り、風合い、手ざわり、そのすべてが、 使い込むほどに愛着となって、 みなさまの日々に溶け合っていくことでしょう。 私たちがお届けする家具のひとつひとつが、 心と体の健やかさを育くみ、 みなさまのかけがえのない人生の一日一日を、 より愛おしいものにしてくれたらいいなと、 願っております。

    『空気のうまい家』by ハウス工房
    • 930
    • 8
  11. オリエンタル&モダン

    文京区・千石。歴史ある街に佇むヴィンテージマンションの1室をフルリノベーションするにあたり、その街の雰囲気を活かしたオリエンタル&モダンをテーマにしました。 玄関を入ると組子細工のアクセントと白木の落ち着いた空間が迎えます。間取りは可変性のある2LDK。約35畳のリビングダイニングは、無垢材をスプーンカットした贅沢なフローリング仕上げ。そして、3メートル幅のオリジナルキッチンとホームパーティーにも便利なサブカウンターを設置。リビングゾーンはあえて天井を低くして木天井を施しさりげなくゾーン分けをしています。 そしてこの住まいのハイライトはバスルーム。ハイエンドなホテルのスパを思わせる空間に仕上げ、同じ雰囲気で洗面スペースもオリジナルで造作。大人テイストのhowzlifeリノベ事例です。

    howzlife
    • 2155
    • 16

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    111件中 1 - 20 件を表示