アプローチ

道路から門、玄関にいたるまでの通路およびその周辺のこと。道路と敷地に高低差がある場合の、スロープや階段などもアプローチの1つになる。また道路から玄関までの距離が短い場合は、アプローチの距離を長くし、植栽等を施してゆとりを演出するケースもある。また高齢者対応として、車椅子や杖を使用しやすくするため、勾配が緩やかで、滑りにくく、ストレートな形状のスロープを設けるアプローチも増えている。

  1. 【やさしいハーブガーデン特集】ハーブを沢山植えてナチュラルキュートなガーデンアプローチ

    ハーブガーデンは難しいと思っていませんか? 実は多くのハーブはいわゆる雑草と言われている植物が多く とても丈夫な植物が多いんですよ。かおるガーデンにようこそ!とお客様をお出迎えのアイデア満載 じょうぶだからこそ、育ち過ぎないコントロールが大切。 元気に育ちすぎても素敵な彩りをガーデンいっぱいに香りと共に感じてください。食育もできる「食す庭」果物もたくさん植えました^^

    ティーズガーデンスクエア
    • 119457
    • 1124
  2. 新築時のお庭にリニューアル

    住み始めて十数年経ちますと、芝も樹木もだいぶ育ちます。それに伴い手入れも大変になり、お時間がとれないとあっという間に生い茂り管理し辛い状態になってしまいます。 今回はそんなお家のお庭を新築時の雰囲気を残しつつ、メンテナンスフリーなお庭へとリニューアルしました。 ポイントは、自然な雰囲気づくりをベースに、すっきりとシンプルに仕上げてみました。

    エクステリア相談センター
    • 828
    • 6
  3. asahiluyu hair(あさひるゆう)

    『美容室は変身する場所、その時間をゆっくり楽しんでもらいたい。』 そんなお施主様の思いを形にするためグルグル回る渦巻状の建物を提案しました。 長いアプローチを進んでいゆくと徐々に壁が高くなっていき日常の世界を切り離していきます。 それと同時にゆっくりと変身する場所が見えてくる仕掛けを施しました。 長いアプローチは日常という場所から、変身する場所に気持ちを切り替える時間を創ります。 この形状は受付・待合い、カットやシャンプーといった機能からも決められています。 待合スペースは安心感を持ってもらえるように床から天井までのガラス張り。 そして奥に行くに従い徐々に低くなるガラス面、カットスペースは腰から下のガラスと外側の壁が外部の視線を遮ります。 最も見られたくないシャンプースペースは、足元のみにガラスがくるよう設計しました。 渦巻きの形状がお施主様の要望を満たし、デザイン的にも機能的にも、 さらには内と外の境界を曖昧にする役割も担います。 日常を忘れ日頃のご褒美としてゆったりと流れる時間を楽しんでもらえたら光栄です。

    インデコード design office
    • 306
    • 0

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    134件中 1 - 20 件を表示