アプローチ

道路から門、玄関にいたるまでの通路およびその周辺のこと。道路と敷地に高低差がある場合の、スロープや階段などもアプローチの1つになる。また道路から玄関までの距離が短い場合は、アプローチの距離を長くし、植栽等を施してゆとりを演出するケースもある。また高齢者対応として、車椅子や杖を使用しやすくするため、勾配が緩やかで、滑りにくく、ストレートな形状のスロープを設けるアプローチも増えている。

  1. 【やさしいハーブガーデン特集】ハーブを沢山植えてナチュラルキュートなガーデンアプローチ

    ハーブガーデンは難しいと思っていませんか? 実は多くのハーブはいわゆる雑草と言われている植物が多く とても丈夫な植物が多いんですよ。かおるガーデンにようこそ!とお客様をお出迎えのアイデア満載 じょうぶだからこそ、育ち過ぎないコントロールが大切。 元気に育ちすぎても素敵な彩りをガーデンいっぱいに香りと共に感じてください。食育もできる「食す庭」果物もたくさん植えました^^

    ティーズガーデンスクエア
    • 98417
    • 1070
  2. 玄関の中を見られたくないというご要望もあります

    玄関を隠すというのは女性(奥様)からのご要望が多いような気がします。はるか昔、男性が猟へ行っている間、女性は家庭(家族)を守らなくてはいけませんでした。守る為には外敵に見つからない事といのはとても大事な要素です。その本能が働いてのご要望なのかもしれません。 あと、こまめに片付ける時間がなかなか確保できないという共働き家庭ならではんの理由もあると思います。 そこで今日はそのようなご要望を満たせるようなアイデアをご紹介します。

    明星光紀 石川県七尾市にある住宅メーカーの社長
    • 4870
    • 12
  3. “当たって砕けろ”と人気建築家にチャレンジした結果、理想以上の家が予算内で。

    夫婦ともにマンション育ちで、一戸建てライフに憧れがあったNさん夫妻。当初は主に建売住宅を検討していましたが、雑誌で見た建築家・松本直子さんの建てた家に釘付けに。予算的にためらいがあったものの、思い切って松本直子建築設計事務所の扉をたたきました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3055
    • 11
  4. 仲間が集う大人の秘密基地?地元で実現した理想の“BASE”

    家は、家族が快適に暮らす場所であるとともに、仲間や親戚が集う場所でもある。 生まれ育った地元に戻って暮らしたいと思った施主のOさん。実家の隣にある20坪の敷地に、建築家の大川さんが実現したのは、気の置けない仲間が自然に集まる、くつろぎの空間だった。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 5506
    • 34
  5. 二世帯の新しい形、見つけた! 親から子、子から孫へ継がれる家

    形がいびつで高低差があるばかりか、防火指定地域や斜線規制などさまざまな制約がある土地に、4世代が暮らす2世帯住宅を建てたいというリクエスト。そんな難条件をクリアし、家族の夢を叶えるため、スタジオすぅ 西村佳大さんがとった手法がスキップフロアを使った「継」の家だった。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1801
    • 7

おすすめ

話題のキーワード

    81件中 1 - 20 件を表示