インナーテラス

「インナーテラス」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「インナーテラス」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 外壁に天然石ナチュラルロブソン・インナーテラス・インナーバルコニー・バスコートのある家

    外観は凹凸のある天然石・ナチュラルロブソンと言う石をレール工法でアクセントを付け、無塗装のサイディングには水性シリコンのフラット仕上げで塗装! 約9帖と7帖の広いインナーバルコニーには高さ2.3mの壁をもうけ、採光を確保しつつ外部からの視線をカット!玄関アプローチ、インナーテラス・ポーチは6帖と、自転車置き場をかねています。 広い玄関ホール横には3.5帖のシューズインクローク、別に創り付けの下駄箱、コートクローゼットも! 約30帖のLDKには巾2.6mの全開口サッシ・オープンウィン、アイランドキッチンも。 広いリビングの中心部には5.3帖の吹き抜け、特注のオープン階段は巾1.1mと余裕の広さを! 2階お子様のお部屋の床高を1.5m上げ下には広い収納庫も確保。 4.4帖の洗面室には家事・室内干しスペース専用バルコニーが約7帖、1.25坪のお風呂、ウォークインクローゼットなどお客様のこだわりいっぱいの注文住宅!

    Design 1st.一級建築士事務所
    • 1508
    • 12
  2. 屋根裏部屋風の2階は総畳敷き。庭と建物の境界を感じさせない「繋がる家」

    見た目はもちろん、長く暮らしていくうえで快適な住環境づくりを実現するため、図面を詳細に至るまで検討し、熱の動きや空気の流れまでを設計することに努めているという「ELEPHANT DESIGN」の門脇さん。周囲の環境に溶け込むデザイン、可能な限り既製品を使わずに、その1軒の建物のためだけにデザインするという姿勢が、家づくりの常識の枠を超えた、Y様邸のような住まい空間を生み出すのだ。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1611
    • 10
  3. 施主の想いを理想的な形にした、自然とともに暮らす家

    ミツバツツジが自生する高台に建つS邸。大きな開口部の向こうには山々が広がり、春山に萌える新緑、夏の深い緑、錦秋の山、そして雪景色と、四季の移ろいが楽しめます。多種多様な木々を植樹した広大な庭には鳥たちが集まり、そのさえずりで目を覚まし、高台を抜ける風と射し込む光を肌で感じ、虫たちの声のBGMに耳を傾ける……。そんな「自然とともに暮らしたい」というSさん夫妻の想いを形にしたのは、空間設計aunの宮崎 晋一さん。建築に造詣が深い施主とともに二人三脚で創り上げた理想の住まいをご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3434
    • 40
  4. H邸-郊外の72.5平米マンションで、「今」を楽しむ

    Hさんご夫妻は、子育てをする可能性を視野に入れ、ご両親の住む実家が歩いて行ける距離にある町田に72.5㎡程の中古マンションを購入し、リノベーションすることにしました。同時に、子どもが生まれた時のことを想定し、最初から将来的には売却することを考えて、まずは二人の生活を楽しむための部屋を造っていくことにしました。 お二人からご要望があったのは、オープンキッチン、和室、広い土間、大きめのお風呂、独立したベッドルームがあることでした。まず、玄関を開けると広い土間があり、すぐ右側に畳スペースがあります。畳の下は全て収納に。窓側には広いインナーテラスを造作。隣にある寝室の壁の一部をレトロガラスにしたので、ベッドから植物のグリーンを感じることができます。 奥様の北欧旅行がキッカケでDIYへの思いが深まり、本格的なドリルも購入し、キッチンや洗面所の棚などはお二人で取り付けました。無理せず今を楽しむ、“豊かな暮らし”を実現しました。

    ブルースタジオ
    • 3734
    • 7
  5. 日当たり良好な2階はすべてが特等席!富士山も見える、都心の絶景注文住宅

    Fさんご夫婦が、それまで住んでいた社宅から近い場所で出会った、見事な眺望を誇る土地。「見晴らしが良く、シンプルな家にしたい」というご夫婦の思いにこたえたのが、建築家の木名瀬佳世さんだ。Fさんご夫婦と木名瀬さんがつくりあげた、理想の家づくりをご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1688
    • 4
  6. プライバシーを守れて解放的、2階で土に根を張る木々で「ホッ」

    共働きで、かつ、ふたりともお医者さんというXさんご夫婦は、おばあさまの手も借りながら子育てもする忙しい毎日です。そんな日々のなかでもホッとできる場所がほしいと、庭も一緒に考えてくれるという勝田さんに相談をすることにしました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2454
    • 17
  7. S邸-築45年のマンション1階、大きな庭へと続く広いリビング

    お二人とも横浜市ご出身のSさんご夫婦は、横浜郊外にある築45年の大きな庭付きマンションをご購入。ご要望は、ワークスペース、和室、夫婦の寝室とゲスト用の寝室を作ること。和室がゲスト用の寝室を兼ねるように工夫をし、将来的には子ども部屋にもできる形にしました。外と内がつながるようなインナーテラスを作り、さらに窓側に置いた和室は小上がりにして、縁側仕様に設計。畳は、LDのフローリングの色に合わせて栗色にしたので、コンテンポラリーな雰囲気です。 玄関はOSBという木質ボードを使い、オープンなシューズ棚を設置。さらに、同じ空間にワークスペースを造りました。造作した机も同じOSBの板です。ワークスペースは大きなものを置くスペースも兼ねています。玄関を抜けて目に入るのは、広いリビングと庭。奥の和室に行けば“縁側”とこたつがあり、マンションなのにどこか一軒家のよう。郊外のゆったりとした空気感が反映されたお部屋になりました。

    ブルースタジオ
    • 6386
    • 13
  8. 川のせせらぎも、もはや我が家! 自然と一体の家づくりの極み

    自然が好きで、山と海にひとつずつ家がほしいというQ さん。まず手に入れたのは、近くを多摩川が流れる土地でした。人の手が入っておらず木が生え放題の場所を、どうしたら川が楽しめる家にできるのか、Qさんはガーデナー建築家、勝田さんに期待をかけました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2707
    • 6
  9. お家でアウトドア気分/中古でリノベ

    ラフ・ヌード 玄関から続く縦長の土間に、ランダムな靴棚。 ご主人自慢の靴コレクションがずらりとディスプレイされています。 ピンクで彩られたキッチン壁が空間にアクセントを効かせています。 そこにプラスされるのが、造作のステンレスキッチン。 余計なものはつけず極力シンプルなつくりに。 バルコニー側には、スチールで造作したブラック格子のガラス戸が。 お家の中なのに、外にいるようなどこか開放的な気持ちになれる、 インナーテラスのあるお部屋が完成しました。

    中古でリノベ
    • 4790
    • 18
  10. 間仕切りにもなる造作棚/中古でリノベ

    ヨーロッパが生んだ東洋の美 風が部屋中に渡るよう天井まで延びる本棚を間仕切りとし、LDKと寝室スペースを分けたプランです。 LDKには、どこか懐かしい深い色合いの無垢栗のフローリングを敷きつめ、幾何学的な木組み格子の造作本棚は、約8メートルの長さに。 将来生まれてくる子供の為の部屋と、ご夫婦の寝室には格子の引き戸をつけました。 大きなカウンターのあるワークスペースは、家族みんなで並んで仕事や宿題を片付けられます。 そんな東洋の香り漂う空間のご提案です。

    中古でリノベ
    • 1869
    • 13
  11. U邸—三角の間取りだからできた部屋

    三角形の間取りのこのお部屋。窓がたくさんとれるメリットはあるものの、やはり多少変わった間取り。Uさんご夫婦は、この変わった間取りに可能性を感じ、オンリーワンの空間にしたい!というご要望をいただきました。 ご提案したのは、窓に対して45度個室を傾けたプラン。デッドスペースが集約され、個室は広く、スペースが有効に使えます。部屋の中心には、ワークスペース。本棚の裏側になっています。 奥にある小屋は寝室。小屋の前のちょっとしたスペースはインナーテラスに。 斜めの壁によって奥行きが出て、より広さを感じる、オンリーワンの空間ができ上がりました。

    ブルースタジオ
    • 2924
    • 11
  12. 映画「かもめ食堂」のような北欧風キッチンと和の「居酒屋」を一つの空間に!

    北欧風のキッチンと居酒屋のような畳でお酒が飲める空間の共存。モダンな黒い畳を選ぶことで相反する二つの要素が一つの空間に雰囲気良く収まりました!小上がりの畳スペースで、裏側に寝室を。北側にはインナーテラスを設けました。玄関から続くフリースペースで、光をうまく採り入れられたので、北側でも明るくなりました。ガラス戸を閉めれば断熱効果も。「自分たちのための空間、自分たちの物語を編んで完成した家」という意識から生まれた個性的で素敵なお家が完成しました!

    ブルースタジオ
    • 2740
    • 29
  13. 水平フラットな外観でまとめた木造|東久留米の家

    南側に眺望が広がり、50m先の雑木林が望める恵まれた立地条件。工業デザインを身近に感じている建主は、端正でフラットな外観をイメージしていました。 またガーデニングが趣味ということで、南側の庭とつながるようにインナーテラスを設け、半屋外のような空間をリビング脇に用意しました。 敷地が道路から1.2m上がっていることから、人目を気にせず、明るく開放的なリビングが可能となりました。また、対面式のキッチンからもインナーテラスやその向こうの庭の景色、さらにその先の雑木林と、緑を眺めながら家事ができます。 東西に広げられる一方で南北は奥行きの浅い形状であるため、玄関・階段とリビングへの扉が立体的に重なる計画となりましたが、階段を蹴込板のない形状のものとして、踏板が南からの陽光をルーバーで遮るような役割を果たし、光と影を演出した玄関ホールとすることができました。

    シーズ・アーキスタディオ
    • 1124
    • 5
  14. ~家族の触れ合いを楽しむ『庭と大らかに繋がる2階リビングの家』

    1階をプライベートゾーン、2階をパブリックゾーンに分け 子どもの成長と共にライフスタイルの変化にフレキシブルに対応できる住空間を目指しました。 眺望のいい明るい空間の中で自然を感じながら暮らしを楽しむ住まいです。 毎日の遊びや勉強も家族が一緒だから楽しい。 暖かな光に包まれた家と庭を遊び場として自由に遊び親と子の絆が深まる 温もりある住まいです。

    西薗守 住空間設計室
    • 959
    • 14
  15. インナーテラスのある暮らし

    部屋の中なのに山小屋のような不思議とワクワクするインナーテラスは、 一面ガラスの開き戸を開け放てばリビングの一角として使え、 開放的な空間が広がります。 玄関からもすぐにアクセスできるパントリーや、 帰ってすぐ手が洗えるように洗面スペースと脱衣室を分けたりと、 動線にもしっかりこだわり、お施主様らしいお家になりました。

    じょぶ
    • 2032
    • 11
  16. oio

    インナーテラス×開口 木・コンクリート現し・モルタル黒枠・タイル… 素材そのものが持つ、生成りの質感が交わり合う 2LDK プラン。 内窓で繋がれた各部屋、そして南側一面に設けた縁側スペースは 光と風の通り道となり、 空間全体に開放感とアクセントを与えています。 ガラス引き戸の縁側には、グリーンやインテリアを飾り付け自分たちだけの インナーテラスへと早変わりです。 oio( アウト イン アウト )、外のような内のような開放感のあるお宅が完成しました。

    nuリノベーション
    • 656
    • 0

おすすめ

話題のキーワード