トップライト

屋根面の一角に設けた窓のこと。「天窓」とも呼ぶ。住宅密集地などにおいては、トップライトを設けて、頭上からの採光を確保する手法がよく用いられている

  1. 冬の結露・カビ対策の救世主!部屋の換気をスムーズにするアイテムでもう悩まない♪

    冬は結露が起きやすく、毎日スキージーで取り除いたり、拭いてみたりと意外と面倒。しかも放っておくとカビの原因になることも! 結露やカビが起きるメカニズムや対策方法を知って、冬も快適に過ごしましょう。梅雨だけではなく、寒い時期も住まいを湿気から守ってあげてくださいね♪

    日本ベルックス株式会社
    • 14224
    • 30
  2. アメリカで大人気!?〇〇の設置でトイレの居心地がバツグンによくなりました

    私たちの生活に欠かすことのできないトイレですが、実は各国で様々なトイレ事情があるのをご存知ですか? 例えば、日本ではトイレに設置するのがあまり一般的ではないある設備が、アメリカでは大人気なんです! しかもトイレをバツグンに快適にしてくれるんですよ♪ 果たしてそのアイテムとは?

    日本ベルックス株式会社
    • 41136
    • 16
  3. 憧れの屋根裏部屋作り!快適空間にするには〇〇の設置が正解でした

    「秘密基地のような屋根裏部屋を作ってみたい!」子どもの頃に、誰もが一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか。ちょっと狭いのが心地よく、いるだけでドキドキワクワクする屋根裏部屋はいつまで経っても憧れますよね。そこで今回はこれから屋根裏部屋を作る方におすすめの家のタイプや、屋根裏部屋に設置する天窓をご紹介します。

    日本ベルックス株式会社
    • 19926
    • 21
  4. 自然の中にいる感覚を楽しめる!天窓(トップライト)のある生活で、心地よい暮らしを実現しよう♪

    快適な住まいに欠かせないもの、それは日当たりと風通し。特に観葉植物を置いているお部屋は、採光と通風性が気になるのではないでしょうか。そこで今回は、心地よい空間を演出してくれる天窓(トップライト)をご紹介します。「自然を感じられる暮らしがしたいなぁ」と思っている方にとっては、必見の内容ですよ♪ 〔エーティーエム建築〕の《G house》を参考に、天窓の魅力を見ていきましょう。

    日本ベルックス株式会社
    • 9220
    • 41
  5. 曇りの日でも明るい♪開放感のある部屋にする天窓(トップライト)

    「天窓(トップライト)を設置しても、曇りの日は日光が入らないんじゃないの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。しかしそんなことはありません。太陽が出ていない日でも、天窓からは、空自体の明るさ(天空光)がしっかりとお部屋を照らしてくれるんですよ♪ 今回は、明るさの確保に最適な「天空光」の魅力をご紹介します!

    日本ベルックス株式会社
    • 11577
    • 6
  6. 夏でも涼しい~!天窓(トップライト)からの日射をカットしてお部屋を快適にするアイテム♪

    天窓を設置すると、夏場は直射日光が入って暑いというイメージを持っていませんか? 実は、とあるアイテムを天窓に取り付ければ夏でも温度室温が上がりにくく、部屋の中で快適に過ごせるようになるんですよ。今回は最新の天窓事情を通して、その理由をたっぷりと解説していきます!

    日本ベルックス株式会社
    • 3238
    • 15
  7. 青空や雲、月や星がすぐそばに♪天窓(トップライト)が住まいにもたらす、ロマンチックな演出

    天窓(トップライト)は、お部屋に単に自然光と風をもたらすだけではありません。まるですぐそばに青空や星があるかのような、暮らしにおしゃれでロマンチックな演出をしてくれます♪ 今回の記事では、天窓を設置して暮らすことの魅力をご紹介します。

    日本ベルックス株式会社
    • 2542
    • 20
  8. 意外な事実!?天窓(トップライト)は実は掃除しなくても良いのです♪その秘密とは…?

    天窓は掃除やお手入れが面倒そう……と懸念されている方。そんなことはありません! 実は天窓は掃除をしなくても十分役割を発揮できるんです♪今回は、汚れが落ちやすいガラスを使用した〔日本ベルックス〕の天窓について、詳しくご紹介いたします。

    日本ベルックス株式会社
    • 6871
    • 20
  9. 上目黒の家(都心の狭小地に建つRC+木造の3階建住宅)/完成見学会のご案内

    このたび、建て主の方のご厚意により、現在工事が終盤に差しかかっている住宅の完成見学会を開催させて頂くことに致しました。 ご案内する住宅は、目黒区上目黒に建つ地下1階、地上2階建ての住まいです。 都内でも人気のある住宅地で、敷地はあまり広くありませんが、法的に許容される範囲内で最大限に活用するようにした住宅です。 地下1階はビルトインガレージと玄関とともに、本格的なお茶室を設け、地上は1階に各諸室、2階にリビングとダイニングを設けた住まいです。 造作材には無垢板を多く用い、その他内装材はタイル、石、漆喰、再生紙、自然塗料といった自然素材を多く使用している住宅です。 今回の見学会が、これから家づくりを計画する方や、現在家づくりを開始している方々にとって参考にして頂けることが多いものとなればと思っています。 <見学会日時> 開催日 : 2019年4月29日(月)※ 時 間 : 10:30~17:00※ ※今回の見学会は1日限定の開催ということもありますので、上記開催日や時間にご都合のつかない方は単独でのご案内も考慮させて頂きます。 そのような方はお申込みメールにご希望を記載ください。 本見学会についての詳細、お問い合わせやお申し込みについては、以下のページ(URL)よりご連絡ください。 https://www.atelier-n.com/openhouse/kmg-openhouse/ 中川龍吾/中川龍吾建築設計事務所

    中川龍吾建築設計事務所
    • 298
    • 0
  10. 【窓】まぶしいトップライト(天窓から)からの光を、やわらかい光にする方法とは?

    屋根に窓をつける天窓。どんなイメージを持っていますか? 明るくなる、暖かくなる、でも暑い!眩しい! その通りです。 なんの工夫もしなければ。 まぶしいトップライト(天窓から)からの光を、やわらかい光にする方法をお伝えします。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 1939
    • 8
  11. 四つ角の家|家の中に4つの小さな家がある住宅

    大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 4693
    • 22
  12. 快適な家づくりに必要なものとは?風と光を取り込む天窓のメリット3選

    マイホームを建てたりおうちをリフォームする前に、そのメリットを知っておきたい住宅設備、「天窓」。太陽光が眩しいんじゃないか、暑くなるんじゃないかと懸念されている方もいると思いますが、イマドキの天窓ならそんな心配はありません。天窓を制する者は、快適な家づくりを制します!

    日本ベルックス株式会社
    • 2649
    • 10
  13. プライバシーに配慮した温かみのあるモダンな家

    ​高い壁で囲った光庭、暗くなりがちな洗面室に設けたトップライト、キッチンのハイサイドライト、リビングの大開口はプライバシーに配慮しながら採光と風通しを良くしてくれます。リビングのデザイン壁のタイルとキッチンの下がり天井を同系色でまとめ、温かみのあるモダンな雰囲気に仕上げました。

    Style Create
    • 2788
    • 28

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    70件中 1 - 20 件を表示