美容室

「美容室」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「美容室」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. sumika アンティーク家具×ナチュラル素材のアットホームなヘアサロン

    【キッズルームのある居心地のいいサロン空間】 今春、東京・中野区に新しくオープンした美容室「sumika」さま。 2018年1月に完成したばかり、中野通りに面したビル1階といった好条件での開店となり、「お子様連れのお母様でも家族みんなでも気軽に入れる、居心地の良いサロン空間にしたかったんです」というオーナー様の理想をもとに、若い世代からご近所に住む主婦、お年寄りまで、幅広い世代が入りやすいアットホームな空間を形にしていきました。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 1067
    • 6
  2. 美を演出するストーリー性溢れるヘアサロンと存在感を抑えながらも居住性を高めた住居

    太田市内に計画された美容室併用住宅。 髪を切る行為は新しい自分との出逢いとなる。 美容室を訪れてから去るまでが1つのストーリーとなるような計画を目指した。 店舗は内部の様子を見せる事で集客を狙うが、この外観からはその様子が伺えない。 エントランスまでのアプローチを長く取る事で期待感は膨らみ、ホールでは看板犬のノラが迎えてくれる。 アンティークのドアや受付等オーナーが揃えた家具が店内に散りばめられ、ゲストは自然光に溢れる場所に腰を下ろす。 外の視線がない事でスタッフとの会話に入り込む。 待ち時間も有意義に過ごせるようウェイティングエリアやソファエリアを配し、最奥にはドレス&メイク、スタジオスペースを設けサロン全体が|美|を意識させる空間となっている。 居住部分は美容室としての外観が重要視されたため、外部からは住居としての印象を極力抑えるよう丁寧にプランを計画した。 エントランスは壁のレイヤー間に配置し側面からアプローチする。 またその壁を目隠しとし、ゲストルームや美容室の着付けスペースとなる和室を設置。 2階は住居として必要な機能をテラスを取り囲むように配しているため、地上レベルからは想像出来ない程開放性が有る。 ボリュームや壁の間から諸室の採光を得る事で外観を整えるだけでなく、内部のプライバシー性能を高め居住性の向上をも計っている。

    studio LOOP
    • 15509
    • 121
  3. 充分な外光が入り、洗練された高級感漂う施術空間【美容室】

    <ヘッドスパ・美容院>【JEAN-CLAUDE BIGUINE 丸の内店】様 坪数 : 24坪 既存店の移転工事となる今回の案件は既存のカット台やシャンプー台などを再利用することが一つの課題でした。 前回までの店舗イメージを払拭したいとのご依頼の元、お客様の意向に沿った空間作りを心がけた。 木目とベージュ色を中心とした構成で緊張感のないリラックス空間というのがお客様からのご依頼でした。改装後もお客様よりご好評のようです。

    ユニオンテック株式会社
    • 447
    • 0
  4. 渋谷雑居ビル通りに現れる、まるでリゾート地の様な異世界【美容室】

    <美容室>【HAIR & MAKE Sky Resort】 青色を使い海を表現した美容室を作りたいとお客様から依頼をいただきました。 爽やかな風が吹き込んでくるリゾート地エーゲ海のサントリーニ島をコンセプトに 、潮の香りが漂ってくるような爽やかな美容室を目指しデザインしました。

    ユニオンテック株式会社
    • 560
    • 0
  5. 「アーバンコンフォート」より快適にくつろげる空間を追求【美容室】

    <美容室>【MINX銀座店 7F】 「アーバンコンフォート」をコンセプトに、より快適に、よりくつろげる空間を追及 コンセプトは2Fの既存店舗と同じく「アーバンコンフォート」を掲げ、デザインを踏襲しつつ ナチュラルな空気感を意識し、より快適でよりくつろげる空間を追及しました。 セット面や壁面など随所に古材を使用し、カウンターや壁面に大谷石を採用することで ナチュラルでやわらかいイメージを与えながらも、重厚感の感じられるデザインを意識しました。

    ユニオンテック株式会社
    • 588
    • 0
  6. 「歴史」と「新生」の融合 30年の歴史を継承する【美容室】

    <美容室・ヘアサロン>【サエラ デ モード本店】 「歴史」と「新生」の融合 英国モダンに現代性を取り入れた美容室 創業30年という歴史のある美容室の回想プロジェクトです。 とても常連さんを大事にしているお客様でしたので、今までの雰囲気を崩しすぎず、新しく生まれ変わらせる必要がありました。 「英国モダン」は前デザイン時のコンセプトですが、あえてそれを踏襲し、30年の歴史を表現するため、素材感にこだわりました。 また典型的な形の美容室ではなく、カフェや喫茶店のように常連さんたちの憩いの場になりうる美容室を目指しました。 ・三角形のカットテーブルが、今回のコンセプトをよく体現しています。 ・レセプションカウンターは、私もお客様もかなりこだわりました。透過性のあるモザイクタイルに間接照明を当てることで、柔らかい印象のレセプションに。 ・柱に付けた表向きのサインは、外部へのショップサインを強化しました。 ・全体的に白と茶系でまとめているので、ロートアイアンや窓際のペンダントライトの黒を挿し色にし、空間のアクセントにしました。

    ユニオンテック株式会社
    • 429
    • 0
  7. 倉庫のような、隠れ家チックな美容院

    静岡駅北口から徒歩3分の至便な場所に、隠れ家チックな美容室がOPEN。 オーナーさん好みのインテリアがキラリと光る、落ち着きのある店内です。 2Fに上がっていくと倉庫感たっぷりのエントランスが出迎えます。相手との距離を感じない、ゆったりとした店内で自分好みのスタイルに。 ジャンクな柄の床にゴージャスなシャンデリア、時とともに変わっていく木のパーティションが空間を演出します。

    オレンジハウス
    • 1373
    • 7
  8. PRODUCE 成瀬店

    『間仕切りで「間」をつなぐ』 敷地は、町田市にある住宅街である。美容院は道路と面しているが、間口に対して奥行きが3倍以上ある、縦に長い空間である。 このような空間の環境において、外部との関係をどのように保ち、影響を受け合っていけるか。 美容室に必要なエレメントだけを抽出し、「視覚」をテーマに設計をすすめた。 昨今の店舗空間において、客のプライバシーを守るために空間を細かく仕切ったり、外部と内部のつながりを入り口のみに限定するという手法が多用に行われている。 その行為自体は、一人一人の「個」の空間は豊かになり、評価されるべきものであると考えるが、私は、全体の空間としての魅力は失われていっているのではないかと感じる事があった。 そこで、私は、必要なエレメントである仕切りを残したまま、同時に全体の空間につながりを持たせるために、間仕切りによって「間」を繋げることは出来ないかと考えた。 実際の設計としては、外壁(外と中を区切る間仕切り) +パーティション1(待合いとカットスペースを区切る間仕切り) +パーティション2(カットスペースとシャンプースペースを区切る間仕切り) +パーティション3(シャンプースペースと半個室カットスペースを区切る間仕切り) +パーティション4(シャンプースペースとディスペンサリーを区切る間仕切り) の5枚の間仕切りが、それぞれ単独で見ると通常の間仕切りだが、全体として合わさると、一枚の風景となるように設計した。 さらに、それらの間仕切りを視覚的に繋ぐために、太陽の光を表現するホリゾントを放射状に配置し、また、太陽が水面に映り込んだ姿として、タイルの目地を2色使用し、放射状の目地を作った。 その結果、仕切られた空間を1つの空間に還元することが出来、一枚の絵に空間という息吹を与えることが出来た。

    株式会社KAMITOPEN一級建築士事務所
    • 625
    • 6
  9. TIARA

    宮城 / 2009 「自分だけの場所」 TIARAとは花嫁が頭にかざすアクセサリー。 女性の一番美しい瞬間「ウエディング当日」のようなクオリティーをスタイルを常に提供し続けるサロンというコンセプトからティアラベーシックが誕生し、今回、2009年4月にそのコンセプトをさらに発展させる為に、「TIARA」を2店舗目として設計した。 今回の立地は、青葉区にある商業地域の中にあるテナントであり、ハイセンスなお客様が集まる地域である為、よりオーナーのコンセプトを明確に打ち出せる店舗設計が求められた。 『「only one」私だけの場所という名のプライベートサロンに』。これは、オーナーの言葉である。 人々は、どの様な場所でも、自分の意識の中で境界を作り、自分だけの場所を確保している。 しかし、それは我々の廻りにあふれている壁や間仕切りなどの直線的なものではなく、自分の手足の動きに追従するくらい、もっと流動的なものではないだろうか。 私は、そのいかにも曖昧な目には見えない境界を空間によって感じる為に、それぞれのセット椅子に呼応した流動的な天井(iland)を計画した。 それぞれの「iland」は、あたかも自分だけの島のように天空に浮かび、椅子に座った人々は「私だけの場所」を再認識するきっかけとなる。 また、「iland」は機能面に於いて、レフ板の役目を果たしており、全ての光はこの「島」より降り注ぐ。 さらに、降り注ぐ光にも変化をつけており、入り口よりセット面に向かう通路の光は、琥珀色の柔らかな光で夕日、セット面は白色の爽やかな光で朝日を表現している。 そして、それらの光は、シャンプーブースに作成した2重天井に降り注ぎ、その開口部分に設置した三角柱のガラスによってプリズム効果が生まれ、シャンプーブースに「虹」を降り注ぐ。 私は、この間仕切りの全くない空間にて、お客様が「自分だけのiland」によって「自分だけの場所」を感じて頂けることを願います。

    株式会社KAMITOPEN一級建築士事務所
    • 519
    • 0

おすすめ

話題のキーワード

    22件中 1 - 20 件を表示