長屋

「長屋」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「長屋」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 昭和小路の長屋|賃貸向け京町家のリノベーション

    京都市東山区。五条坂から1本入った細い路地には戦前に建てられた古い長屋がひしめいています。昭和の古き良き路地の面影を残しながらも、空き家問題、建物の老朽化、観光客によるプライバシーの侵害、インバウンド需要に伴う民泊・ゲストハウス化など、現代的な問題にも直面しています。今回は長屋を所有する家主さまからのご依頼で、その一角を子育て世帯や高齢者向けの賃貸物件としてリノベーションすることになりました。建物は数年間放置されていたため損傷が激しいものの、ビニルクロス、アルミサッシ、システムキッチンといった継ぎはぎリフォーム部分を撤去すると、京町屋ならではの繊細な構造と雅な意匠、屋外と屋内が一体となった気持ち良い空間が蘇りました。 1階は和室だった2部屋をつなげた居間を中心に、坪庭を囲む見世の間、建具を介して向かい合うキッチンとも一体的に利用できる間取りに変更。限られたスペースの中に浴室・洗面室・洗濯機・冷蔵庫の設置場所も確保しています。床材は30mm厚の杉フローリングを用いてローコストながら断熱性を向上、壁は左官と合板にて補修、天井は劣化部分を剥がして2階床の荒板仕上げ。キッチンは業務用厨房機器を組み合わせたシンプルなつくりに。2階は間取りの変更は行わず劣化部分を修繕。天井は構面補強と断熱材を付加した上で船底天井に変更。グリッドプランを生かして、家中の建具を必要に応じて配置換えして再利用し、新たに製作する枚数を極力減らしました。 リノベーションにあたっては京都市の補助金制度を最大限活用し、イニシャルコストの低減に努めています。

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 3130
    • 13
  2. 2人の息子さんのために、あえて2階を発展途上にした家造り

    敷地は北道路に面しており、南側には工場がある。かつては昔ながらの長屋が建てられていた。この建物は長らく賃貸物件として使っていたが、老朽化に伴い、取り壊されることとなった。その跡地に井上邸を建てることになった、というわけだ。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3522
    • 10
  3. 借家の家 | 昭和な賃貸一戸建てのローコストリノベーション

    最近では空家問題がマスコミで大きく取り沙汰され、世の中にたくさんの住宅が余っている現状をご存知の方も増えてきました。新たな住まいを検討する上で、新築と、中古物件を安く購入してリノベーションする2つの方法を並行して検討される方も少なくありません。特に古民家のリノベーションは、新築にはないレトロな雰囲気を楽しめるということで人気です。 ただ、具体的に中古物件の検討を進めると、現代の水準と比べて貧弱な耐震性や断熱性、気密性、防音性や設備の性能が不安に感じられたり、屋根・外壁・外構を含めて計画する必要性から新築とあまり変わらない費用がかかることが判明し、最終的には断念して新築を選ぶケースが大半です。この先何十年と住み続けることを考えてしまうと、やはり中古住宅は問題だらけで気軽に手を出せる存在ではないようです。 一方で世の中の空家物件には、自己居住用でない借家物件も数多く存在します。老朽化や、周辺に建った新しい物件との競争に負けて借り手がつかなくなり、オーナーも管理会社も大きな費用をかけて建て替える以外道がないと思い込んでいるため、何の改善措置も取られないまま放置された物件が市場にどんどん増え続けています。 しかしリノベーションの視点で見れば、昭和期の借家物件はしっかりと作られた建具や家具、アイアンの格子、焼きムラのあるタイルなど、少し手を入れるだけでレトロな雰囲気のインテリアとして再び活躍できるポテンシャルを備えた大変魅力的な資源です。自己所有では気になる性能面も、借家ならある程度割り切ってデザインに注力することが出来ます。 今回はお施主様が新たに賃貸用として購入した中古物件をリノベーション。最低限の性能更新を行うとともに、古い仕上げ材から残せる部分と交換する部分を慎重に仕分けし、新旧のバランスを取りながら色柄を加えて空間を引き締めました。

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 2120
    • 12
  4. 築80年 長屋のリノベーションリフォーム

    3軒長屋の中央にあるお住まいのリフォームです。リフォームはされていますが全体に傷みがあり解体して長く住めるよう補強しました。基礎コンクリート、柱の追加、断熱遮音工事をして快適に暮らせるよう作り変えました。間口が2.7mの狭小住宅ですがあえて空間をゆったり取り、永く使える家を目指しました。

    株式会社ハウスプラン
    • 1961
    • 9
  5. 築44年、昭和な四軒長屋の中央に光を風を

    2013年の3月。「住之江の元長屋」が、大阪の「リフォーム・リノベーションコンクール」で最優秀賞を受賞した。 そのイベントの一環でオープンハウスを開催したのが9月。かなりの雨の中、夫妻は小さなお子さん2人を連れてみえた。ご主人のお母様も一緒で、その5人がこの住宅「阿倍野の長屋」の住人である。 住宅密集地に建つ、築44年の四軒長屋。その中央二棟をフルリノベーションしたいという相談だった。 現地を訪れると、光を求め塔屋ができ、洗濯干し場が屋根上に出来る。まわりを見渡すと、同じような長屋が連なっている。その景色をみると、人は本当に逞しいと思うし、昭和という時代を感じる。 その洗濯干しは残しつつ、家の中を明るく、また人が集まる家にしたいという要望だった。 ご主人は「この家に、母と同居してくれないなら結婚できない」と言ったそうだ。母と2人で暮らしたこの長屋とこの地域に、人並みならぬ愛着をもっていたのだ。 環境を大きく変えようとするなら、屋根上部分から直接の光を取り込むしかない。2階部分を減築し、光庭をとるプランを提案した。 1階には水回りと各寝室。中2階には母専用の畳のリビングがある。光庭に開かれたLDKはから5段下がった位置にあるのだが、若夫婦に来客があっても気を使わない。かと言って、寂しくもない距離だ。 LDKと子供室を兼ねるロフトは階段を介して繋がっているが、その境界にある元界壁にはボルダリングを施した。共に体育会出身のご夫妻からの希望だった。 段差のある子供部屋は、「おもちゃがリビングに広がらないのが何より嬉しい」とは奥様からの感想だ。 広い洗濯干しはお母様たっての希望だったが、半分は月見台とさせて貰った。そこから見るあべのハルカスはなかなかのもので、都会に住むなら、空を望む価値はさらに大きい。 こだわりがある分、外壁、タイル、家具の仕上げ等を決める際、迷うことも多くあったが、一緒に考え、アドバイスし、答えを出して行くのが私達の仕事。無理強いはしないのが私のポリシーでもある。 ご家族は本当に明るく、現場打合せでもいつも笑いが絶えなかった。その人柄がそのまま表れた健康な家だと思う。 建築は、クライアントだけ、設計者だけで創るものではないと確信している。

    ㈱一級建築士事務所アトリエm
    • 5972
    • 17
  6. 中古物件をリフォーム!購入する際の注意点

    ここ数年、中古物件を購入し、リフォームするという方が増えています。 長引く不況を背景に、均一化された新築の建売物件を購入するよりは、格安の物件を購入し、自分好みにリフォームするという考え方が増えているのです。 では格安で質のいい中古物件を購入する際の注意点はなんでしょうか?

    リフォームワーク
    • 938
    • 1
  7. やりたい工事とやらなければならない工事!長屋などの古家をリフォームする際の優先すべきポイント

    長屋などの古家をリフォームする、あるいは中古住宅を購入後リフォームして住まいにするにあたり、これから住む我が家に夢を膨らませ、あれこれ考えをめぐらすことでしょう。しかし予算は限られています。 では古い家をリフォームするに際に優先すべきポイントはなんでしょう。 これから自分で暮らしていく住まいです。 お金を潤沢に掛ければ、不自由のない理想のすまいに近づけることは可能でしょう。 ただ予算にはやはり限りがあり、特に中古住宅購入後のリフォームとなるとリフォーム費用を捻出するのも一苦労です。 現実はなかなか全て自分の要望通りにリフォームすることは難しいものです。 ただ多少なりともお金をかけてリフォームするわけです。 不便で住みづらい家になることは避けたいものです。そう考えると優先順位が必要になってくると思います。 そこでリフォームするにあたって考えるべきポイントをいくつかご紹介します。

    リフォームワーク
    • 753
    • 2
  8. 長屋(連棟)リノベーションリフォーム 見学会

    長屋のリフォーム工事が始まります。築後80年が過ぎていますが、長屋のため本格的なリフォームはされていません。今回のリフォームは基礎補強、構造補強、断熱工事、屋根葺き替え工事です。また限られたスぺースを有効利用し、快適な生活空間を作ります。 長屋は隣家と壁で仕切られています。古い建物は壁も薄く、遮音も不足しています。また断熱材もなく、冬場は冷え込みます。また間口が狭く、奥行きが長いため採光も不足します。 長屋の工事はたびたび経験していますが、おおむね構造から直しています。永く使うために悪い箇所はすべて直します。中には切り離し工事をした物件もあります。 施工中の現場をご案内、ご説明します。長屋、連棟の住宅、狭小住宅にお住まいでしたら参考にご覧ください。 見学希望の際はメールでお申込ください。 info@houseplan.ne.jp 電話の場合は 03-6906-7634 まで

    株式会社ハウスプラン
    • 1145
    • 4
  9. にしはらのながや(東京都)

    集まってすむ人達と共に、開かれたコミュニティーを作っていきたいと考えていました。もちろんそれは強要するものではなく、開きたい時に開くことができ、そうでない時は距離感を保てるような自由度を持ち合わせていなければなりません。この建物が『にしはらのながや』と名付けられたのも、“ながや”という響きが落語に登場するような同居人達の賑やかなコミュニティーを連想させるからです。

    川久保智康建築設計事務所
    • 1510
    • 7
  10. 築50年の借家長屋をリノベーション!!雑貨とカフェの店nagaya.(徳島)

    敷地は徳島の中心にある住宅街。 10年ほど手つかずで、築50年の借家だったトタン長屋をリノベーションし、雑貨店とカフェスペースを併設。平屋建て長屋二軒の間仕切りを無くし一軒につなぎ合わせた。時代から時代、人から人へと繋がっていくことを大切な時間軸と考え、壁や天井、窓枠などは当時の面影そのままに残し、新しくさわる部分をしっかりデザインしてあげることにより、一つの建物の中で時間の流れを感じられるように試みた。借家から店舗へ、また次の機能と人により、新しい息が吹き込まれる建物は時間と共に愛着へと結びつく。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 2118
    • 9
  11. 長屋の男前リノベーション

    事務所にしている長屋のもう1室。 大家さんが事務所にするためのリノベーションとなりました。 先に工事をしていた隣の部屋をみて自分で使おうと言ってくれたのが嬉しい。 おおまかなプランは隣と同じですが、 天井を解体し、吹抜けとしのびやかな空間とした明るいサロンスペースと 天井を残し、建具で間仕切りこもれるようにしたシックな事務スペースのコントラストが効いています。 サロンスペースは入り口からそのまま土足で使えるよう、床は足場板にし壁は漆喰、 事務所スペースは床を無垢フローリング、壁を塗装でしまった空間に。 壁の漆喰と塗装はワークショップで参加の皆さんに塗ってもらいました。 オトナの隠れ家的なかっこいい仕事場となりました。

    tailorhouse
    • 1136
    • 4
  12. てらこぼ ~長屋のセルフリノベーション~

    ひょんなことから借りることになった長屋の一室。 自由に再生していいとのことで自分でリノベーションをすることにしました。 ときどきプロの職人さんの手を借りながら、 仕上の漆喰塗りと床張りをワークショップでおこない、 ようやく使っていけるところまで進みました。 資材置き場ではもったいないのでサロンを併設し、 ワークショップや個展をする場所にしています。 月に一度一般の方が自由に使えるようにしていますので、 ご興味の方はご覧ください。

    tailorhouse
    • 502
    • 2
  13. 一戸建て住宅のリノベーション費用・相場はどれくらい?中古物件の大規模改修も!

    今回は、一戸建て住宅、中古物件のリノベーション費用についてお話します。古民家や空き家など、さまざまな住宅の形態を取りあげ、それらにかかるリノベーション費用・相場の目安をご紹介します。空き家などのリノベーションは、一から新しい家に住むようなつもりで、自分好みで行いたいものですが、住宅を持つこと・維持することと、かかる費用の問題は切り離せないので、ぜひ参考にしてみてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 54051
    • 13
  14. 長屋2棟を繋げて完成!二世帯住宅 ~絶妙な距離感~

    イベントの一環でオープンハウスを開催したのが9月。かなりの雨の中、夫妻は小さなお子さん2人を連れてみえた。ご主人のお母様も一緒で、その5人が「松虫の長屋」の住人である。住宅密集地に建つ、築44年の四軒長屋、その中央二棟をリノベーションして住んでおられた。 光を求め塔屋ができ、洗濯干し場が屋根上に出来る。非常に良く乾くはずだ。その洗濯干しは残しつつ、家の中を明るく、人の集まる家にしたいという相談だった。 環境を大きく変えようとするなら、屋根上部分から直接の光を取り込むしかない。2階部分を減築し、光庭をとるプランを考えた。 ご主人は「この家に、母と同居してくれないなら結婚できない」と言ったそうだ。同居する奥さんが、その距離感を「5段くらいが丁度良いのでは」と言った。友達が来ていても気を使わない。かと言って、寂しくもない距離。絶妙の距離感と愛情を感じる。 1階には水回りと各寝室。中2階に母専用のリビング。光庭に開かれたLDKは、子供室を兼ねるロフトと繋がる。また、元界壁にはボルダリングを施した。奥さんは「おもちゃがリビングに広がらないのが何より嬉しい」と言っている。 洗濯干しはお母様たっての要望だったが、半分は月見台とさせて貰った。そこから見るハルカスはなかなかのもので、都会に住むなら、空を望む価値はさらに大きい。 こだわりがある分、外壁、タイル、家具の仕上げを決める際、迷うことも多くあったが、一緒に考え、アドバイスし、答えを出して行くのが私達の仕事。無理強いはしないのが私のポリシーでもある。 ご家族は本当に明るく、現場打合せでもいつも笑いが絶えなかった。その人柄がそのまま表れた健康な家だと思う。 建築は、クライアントだけ、設計者だけで創るものではないと確信している

    ㈱一級建築士事務所アトリエm
    • 1774
    • 30
  15. Re:Toyosaki

    大阪市内で梅田より徒歩15分、最寄の地下鉄より徒歩10分を切る立地で、 限られた予算の中で、暮らしの器となる家屋・土地の利便性とのバランスの取り方として、 「郊外」「新築」「一戸建て」とは違う、 「都心」「中古」「長屋」「改装」という選択です。 昭和39年、東京オリンピックが開催された50年前に、 増築の記録が残っている古い建屋を、 現況建基法を満たす構造補強、省エネ等級4の断熱材を性能面で確保しつつ、 仕上げ・空間・予算のバランスを肯定的な「これで良いよね」を基準に選択していきました。 日々の生活の道具、住まい手の趣味、これからの暮らしの変化も、 おおらかに受け入れる住まいを目指しました。 小さな長屋ながら、夫婦2人の暮らしを大きく包んでくれる住まいとなっています。 残す部分と造る部分--------改修ならではの掘り出し物 繋がりと区切り------------利用形態、空調、光、音、視覚 市街地住居での玄関土間----迎える場所と作業ができるスペース 日常の手入れ-------------掃除・メンテナンス、使いこなす楽しみ 家具・道具----------------揃えない揃え方、好きな物を手元に

    coil松村一輝建築設計事務所
    • 736
    • 10
  16. 見違えるほどに生まれ変わった築74年の長屋『ビフォーアフター』

    雨漏りが酷かった部分は、増築によって屋根形状が複雑になっていた箇所。対策としては、屋根を片流れとし、雨水の流れを単純なものとした。また腐食が激しい躯体は、新しいものにやり替えている。 屋根形状の変更によって生まれた壁に高窓を設け、2階中央部にも光と風を届けている。 また、玄関から最奥の和室まで、防犯を保った上で、風の通り道を確保しているのも大きな特徴である。 間口3.8mに対し奥行16mと縦長の敷地で、使いやすさを考えると、主要な生活空間を1階、道路側に集める必要があった。それらの空間にも光と風を届ける為、中央部付近に光庭を設けるプランとしている。 これによって、光と風の環境を改善したのだが、ここにイロハモミジを植えている。葉の揺らぎ、木漏れ日が、視覚的、精神的な安らぎをもたらすと事を期待している。厳しい環境がゆえ、どうしても親密な外部を創造したかったのだ。 クライアントから、長らく悩まされた雨だが、これからは葉に落ちる姿も楽しめそうという感想を貰っている。

    ㈱一級建築士事務所アトリエm
    • 2359
    • 22

おすすめ

話題のキーワード

    30件中 1 - 20 件を表示