戸建てリフォームのアイデア(2ぺージ)

「戸建てリフォーム」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「戸建てリフォーム」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 「こだわり」も「暮らしやすさ」も、『まるごと再生』で全部実現

    「受け継いだ築40年の実家は、昔ながらの細切れの間取り。和室とLD、台所とに分かれ、それぞれが手狭。今まで住んでいたマンションの間取りとは、大きく違っていました。」とOさん。そこで、好みのスタイルを実現するため、『まるごと再生』で間取りを一新。まず、和室と広縁を一体化し、開放的なLDKが誕生。大きな窓から届く陽射しが、部屋の隅々まで行きわたります。また、LDに背を向けていた台所は、リビングを一望できる場所へ移動。動線を遮る仕切りもなくなり、移動もスムーズになりました。さらに、お気に入りの家具と馴染むよう、内装を落ち着いたトーンで統一。「こだわりも、暮らしやすさも、両方叶えることができました」

    東急Re・デザインの戸建まるごとリフォーム
    • 2292
    • 7
  2. 程よい距離感で、家族がつながる。安心の二世帯住宅へ「まるごと再生」

    「以前は部屋数が多く、使っていない部屋もありました」とNさん。築26年のお住まいは、ご夫婦の暮らしに間取りがあっていませんでした。そこで、子世帯との同居を機に、二世帯住宅へ『まるごと』再生。お互いの異なる生活リズムを考慮し、分離型の間取りに一新しました。まず、親世帯が暮らす1階は、DKと和室を一体化し、広々LDKを実現。また、小上がりの畳スペースを設けて、「畳下の収納が便利!引き戸を閉めれば個室にもなります」。一方、2階は壁と天井を取り払い、家族が集まる子世帯リビングを新設。さらに、子ども部屋を隣接させて、自然に顔を合わせる工夫も。「対面キッチンからも子ども達を見守ることができ、自然と会話が増えます」さらに、上下階のLDKが重なるように配置。床の防音対策も実施し、お互いが気兼ねなく暮らせる工夫を施しました。

    東急Re・デザインの戸建まるごとリフォーム
    • 2041
    • 6
  3. 自然と会話が生まれる、陽射しあふれる広々LDK

    立地が気に入った中古物件は、住宅密集地にある築35年の店舗併用住宅。日当たりの悪い手狭なリビングや、耐震性の低さにお悩みでした。そこで、標準仕様に耐震工事が含まれ、希望の間取りにも変更できる、東急ホームズの「まるごと再生」をすることに。まず、店舗部分と居室を一体化し、広々としたLDKが誕生。また、家族が自然と顔をあわせるリビング階段は、光を通すスケルトンタイプに変更し、2階から届くやわらかな陽射しが、リビング全体に広がります。「子どもと一緒に過ごす、居心地の良いLDKにとても満足しています」 

    東急Re・デザインの戸建まるごとリフォーム
    • 1785
    • 3
  4. 家も、気持ちも、若返ったみたい!『まるごと再生』で新築同様に

    「当初は建て替えを考えたほど、家の古さが目立ってきていました」とKさん。また、底冷えする断熱性の低さや、耐震性にもお悩みでした。そこで、お子様の独立を機に、『まるごと再生』を決意。まず、台所とダイニング、洋室2部屋と、細切れだった2階の間取りを整理。独立していた台所と居間を一体化し、家の中央にあった階段を壁際に移すことで、広々LDKを実現しました。もちろん、標準仕様の耐震工事で、芯から強く再生。さらに、内・外装、設備をまるごと一新。断熱材の補充や最新キッチンの導入など、築38年の家が新築同様に生まれ変わりました。「以前を思い出せないくらい、今は過ごしやすいです。家が新しくなると、気持ちも若返ります」

    東急Re・デザインの戸建まるごとリフォーム
    • 2035
    • 2
  5. 使わなくなった部屋を大胆に吹き抜けへ。光と風を愉しむ、憩いのリビング誕生

    「独立した子ども達の部屋は、物置代わりになっていました」とMさん。また、以前のLDKは細かく壁で仕切られ、採光や風通しの悪さにお悩みでした。そこで、広く明るいリビングにするため、愛着のある家のまるごと再生を決意。まず、2階の使っていない子ども部屋を取り払い、開放的な吹き抜けを実現。高窓から陽射しが降り注ぐ、陽だまりリビングが誕生しました。また、和室と仕切っていた壁をなくすことで、LDKに風を採り入れる工夫も。「高窓に映る空を見上げながら、ソファーでのんびり過ごせます。風と光を感じるリビングで、新しい暮らしを満喫しています」さらに、「住み心地だけでなく、家も強くしたかった」というご要望には、標準仕様の【制震装置】+【耐震補強】を実施。芯から強い家に再生しました。

    東急Re・デザインの戸建まるごとリフォーム
    • 1524
    • 2
  6. 友人との演奏を楽しめる家に「まるごと再生」

    「間取りが細かく仕切られ、使っていない部屋が多かったです」とTさん。築60年のお住まいは、老朽化や耐震性に不安をお持ちでした。そこで、ご両親が大切にしていた家を残すため、まるごと再生を決意。まず、2階をなくして平屋にするなど大幅な減築を行い、スムーズに動ける間取りへ変更。「友人を招いて音楽を楽しみたい」というご要望には、吹き抜けのある開放的な音楽室をご提案。また、既存のステンドグラスやハリを活かし、「以前の家の面影を感じます」。さらに、天窓を新設することで、日当たりの悪さも解消しました。「ゆったり過ごしたり、音楽仲間と一緒に演奏したりと、新しい暮らしを満喫しています」

    東急Re・デザインの戸建まるごとリフォーム
    • 1169
    • 0
  7. 「ちょうどいい距離感」の分離型二世帯住宅へ

    上下階を分離し、両世帯が気兼ねなく暮らせる、二世帯住宅へと再生した。完全には分離せず、吹き抜けを通して上下階をつなぎ、お互いの気配を感じられる工夫も施されている。1階は、もとの建具をそのまま活用するなど、既存の良い部分を生かしながら再生。「以前の趣きも、ちゃんと残っています」とお喜びのお父様。子ども部屋だった2階は子世帯スペースに改造。天井や壁を抜いて、明るく開放的な第二のLDKが誕生した。

    東急Re・デザインの戸建まるごとリフォーム
    • 18484
    • 62

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    27件中 21 - 27 件を表示