基礎

建物の重量を地面に伝える下部構造のこと。一般的な木造住宅では、「布基礎」(ぬのきそ=住宅の土台のある部分を布状に鉄筋コンクリートなどの基礎で覆うこと)が多く使われている。一方、軟弱な地盤の上に作る基礎を「ベタ基礎」(住宅の床面全体を鉄筋コンクリートなどの基礎で覆うこと)といい、地下水位が高い場合や床下からの熱もれを少なくしたい場合にも採用されている。

  1. 屋根のあるウッドデッキをDIY!基礎編・直角を出す意外な方法

    人工木のウッドデッキを3年使った結果、ひずみや割れがひどくなってきたので、それを解体して新たに天然木でウッドデッキを作ってみました。 どうせ作るなら屋根つきがいい!ということで素人ながらに なんとか屋根まで完成させてみたので、その工程を基礎・床張り・屋根、の3編に渡ってお届けして参ります。

    maca home
    • 68073
    • 919
  2. コンクリートを流した後雨が降ってきたけど大丈夫?と心配なあなたへ

    「基礎のコンクリートを流したんだけど雨が降り出してさぁ~。雨が降ったせいで強度が弱まることはあるのかなぁ???地震の心配とかあるから不安なの~~。」というような心配を抱えている方も多いかもしれないので、お役に立てばと思い、コンクリートと雨についてかんたんにまとめてみますね。

    シノハラ 家づくりのプロ(あめりか屋)
    • 12289
    • 10
  3. 手作りで庭にカフェ風な小屋をDIY♪基礎から屋根設置までの作り方を全てご紹介!

    素人のいち主婦がチャレンジしたDIY小屋づくり。カフェ風をイメージしながら基礎から屋根設置までの作る過程をご紹介♪数年前にDIYで作った自転車小屋を解体し、使える木材は使いながら自宅にあるもので節約しながら建てています。小屋づくりに興味をお持ちの方の参考になれば嬉しいです。道具を使いながらなんとか形にできたので、変形土地で建てられないとあきらめてる方のお役に立てる情報になれば嬉しいです。また、小屋づくりに欠かせない資材の使い方やあったら便利なものを紹介していきます

    neige+手作りのある暮らし
    • 211930
    • 268
  4. 誰もが憧れるプライベート空間♪庭に自作ウッドデッキDIY~基礎編~☆

    ずっと憧れていたウッドデッキ。 晴れた日にはウッドデッキでお茶を飲んだり読書をしたり…そんな優雅な時間が欲しいです(^^) いざ、憧れを現実に!と、専門的な知識はないけれど、自己流&手探り状態で作ってみました。 工程がかなり多くなりますので今回は基礎編をご紹介します(^-^)/

    aya-woodworks
    • 6829
    • 84
  5. VOL2.モルタル造形フェンスDIY! ブロック積み用基礎造り編

    『VOL1.モルタル造形フェンスDIY! レンガ柱編』ではブロック塀の端にあたる部分に3本のレンガ柱を建てました。 この柱間にブロック積にてモルタル造形をするベースとなる塀を積んでいきます。 ブロックを既存の基礎に半分ほど掛け、残りの半分は新たに基礎を造ります。 今回はこの基礎部分の造りをご紹介していきたいと思います。

    KOB_studio
    • 11184
    • 35
  6. 日本古来の伝統構法で安心の家づくりを実現。木造住宅の仕組みを解説!

    日本で古来より親しまれてきた木の家づくり。現在も、新築で建てられる家の多くが木造住宅です。今回アイムの家がご紹介するコラムでは「木造住宅の仕組み」について解説します。「安心」と「安らぎ」を併せ持つ木造住宅をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

    アイムの家(岡山県)
    • 1220
    • 1
  7. 地盤と基礎から考える地震に強い住まい

    頻繁に地震が発生している日本では、地震に強い家づくりが必須となります。そして、「頑丈な構造」以外にも大切なことがあるのをご存知でしょうか。今回アイムの家では、コラム「地盤と基礎から考える地震に強い住まい」を公開しました。様々な角度から安心な家づくりを考えていきたいですね!

    アイムの家(岡山県)
    • 1022
    • 2
  8. 塗り壁DIY VOL.25 4番目の塀基礎型枠組編

    塗り壁フェンスDIYの続きです。 5分割で建てている塗り壁のフェンスの4番目になる塀の基礎造りを始めました。 既存の土留め基礎に追加で基礎を造り一体化させ、そこにブロックを積んでいきます! 今まで造っている塀と通りを合わせる為130mmオフセットしました。 外側にはみ出した土留め基礎天端には、以前1段残した古い塀の上に積んだ笠木レンガに繋げて新たにレンガを載せました。

    KOB_studio
    • 1516
    • 7
  9. やっぱり在来軸組み工法!このようにして家の骨組みはできるのです。

    鞍城建設の家づくりに欠かせないのが伝統を大切にした工法。構造といわれるいわゆる家の骨となるものには木材を使用します。土台・柱・梁・桁・間柱・大引き・垂木などといった部位からなる家。いわゆる上棟式ではこれらの部位を組み屋根まで作ります。その過程を簡単にご紹介。

    鞍城建設
    • 1169
    • 12
  10. 見た目は大事!でも最後はやっぱり中身で勝負でしょう。基礎編。

    家づくりではいろいろなことを選択して決めていかなければなりません。人生でかなり大きな買い物になるであろう家づくりなので慎重に、でも決めるときは思い切って決断するのも大切です。快適に暮らすためには好みの素材やデザイン、使い勝手のよい間取りは当然大切ですが、それらのすべてを支える家の「つくり・性能そのもの」つまり構造も重要です。ここに失陥があるとどんなにきれいでもすぐに崩れてしまいます。鞍城建設ではより安心で快適に暮らしていただけるように構造にもこだわった家づくりをしています。

    鞍城建設
    • 1218
    • 6
  11. 塗り壁DIY VOL.19 3番目の塀基礎編

    現在DIY中の塗り壁フェンス 2番目の塀までは塗り壁の下地まで出来ましたので 3番目の塀の基礎を造っていきます。 全部で5分割で建てる計画です。 5分割に分けた理由は ・デザイン性 ・高さ1.2mを超える塀は幅3.4m毎に控壁を付けなければいけないので それらを省く為 ・休日DIYの為、時間や材料が一括で用意出来ないので 1部分ずつでも完成まで持っていける このような理由もあって5分割にしました。

    KOB_studio
    • 1386
    • 4

おすすめ

話題のキーワード

    32件中 1 - 20 件を表示