湿気

湿気は、カビ、結露、虫…といった快適な暮らしを脅かす要因となります。目に見えないものだからこそ、細心の注意を払わなければいけません。特に梅雨時期に気になる湿気ですが、珪藻土を利用した壁紙を使えば、部屋の湿度を一定に保つことができます。ここでは、そんな「湿気」と上手く付き合うためのアイデアをご紹介します。

  1. 【必見】カビてしまったレースのカーテンを復活させる方法!

    こんにちは♪ 食べるの大好きな料理家・再現レシピ研究家の稲垣飛鳥です。 今日は、お料理ではなくて「カビてしまったレースのカーテンを復活させる」方法のご紹介です! もう、捨てないといけないかも。。。と思ってしまうほどカビてしまったレースのカーテンがある方必見! 私は、この方法で見事に復活させました! ぜひ、アイデア見てってください。

    再現レシピ研究家 稲垣飛鳥
    • 55001
    • 878
  2. 【大人気】《エコカラット》シリーズでキッチン・洗面台をサラッと使いやすく!

    「珪藻土」は、水分を吸収・放湿してくれるから、生活のさまざまな場面で活躍するすぐれものとして有名です。しかし、そんな珪藻土の約5倍の吸・放湿量をもつ〔LIXIL(リクシル)〕の《エコカラット》を使用したキッチン・洗面雑貨が登場! 今回は絶対役立つ話題のアイテムをご紹介します♪

    LIMIA インテリア部
    • 26089
    • 469
  3. もう他のバスマットは使えない!?「卵の殻バスマット」の吸水性がスゴかった!

    お風呂上がりは気持ちがいい♪ サッパリした後だから、足元は常にカラリと乾いていてほしいですよね。けれど、ご家族が多いとバスマットはビチャビチャになってしまうもの。一番風呂以外はガマンするしかない……? そんな常識をくつがえすバスマットがこちら。〔日本エムテクス〕が開発した”卵の殻”のバスマットです。ここ数年前から人気の珪藻土(けいそうど)から作られたバスマットより使い勝手がいいというお声も上がるほどなんですよ。

    日本エムテクス株式会社
    • 16871
    • 256
  4. 【DIY】部屋のニオイと湿気あきらめないで!意外な「卵のチカラ」がスゴい!

    大掃除の季節です。普段気付かなかった壁の汚れや、壁紙の継ぎ目、壁の色など気になってきますよね。年末のまとまったこの時期に、お部屋の壁紙の塗り替えにチャレンジしてみませんか? 自分で塗れる自信がない、という方におすすめしたいのが〔日本エムテクス〕の《エッグペイント》。カンタンに塗れるだけでなく、とある意外な主成分によって、消臭効果や湿度調整にひと役買ってくれる万能な塗料なんです。

    日本エムテクス株式会社
    • 6495
    • 83
  5. 古き良き「アーリーアメリカン」な家に最先端技術が備わったらこうなった!

    おしゃれでレトロな、まるでアメリカのドラマや映画に出てきそうな「アーリーアメリカン」なお家って憧れますよね。こんなお家に住んでいたら誰かを呼んでホームパーティーを開催したくなりますよね。実はこちらの「アーリーアメリカン」スタイルの住宅は〔カドヤ建設〕の《ニューレオニア》で実現することができるんです。ただおしゃれなだけではなく最先端の建築技術が備わっています。今回は、そんな誰もが憧れるアーリーアメリカンスタイルを踏襲した〔カドヤ建設〕の《ニューレオニア》をご紹介いたします。

    株式会社カドヤ建設
    • 2072
    • 11
  6. これで梅雨のいやなジメジメを解消!〔ビックカメラ〕に聞く最新の除湿機ランキングトップ5!

    梅雨の時期は雨が続き、お出かけするのも億劫になりがちですが、雨と同じくらい気になるのはやはり湿気。ジメジメした湿気はお部屋の中のカビの原因です。みなさんのご自宅では、除湿機を使っていますか? ジメジメした湿気を解消してくれるのはやはり除湿機が一番です。そこで今回は、大手家電量販店〔ビックカメラ〕さんに今、最も売れている最新の除湿機を教えていただきました。これで梅雨の時期もすっきり爽やか!

    LIMIA編集部
    • 56562
    • 49
  7. 見た目じゃ違いは分からない!バスマットの吸水力を比較してみました。

    マット製品はあると便利だけれど、お手入れや使い勝手を気にし始めると 納得のいくものを選ぶことはなかなか難しいですよね。 そこで、マット製品のメーカーさんに取材に伺い、バスマットについて教えていただきました!吸水比較の実験もあり。

    お風呂レシピ部 byバスリエ
    • 3675
    • 21
  8. 湿気とりがアレにシンデレラフィット?!

    もともと洗面所の湿度が高いため、湿気とりをおいていたのですがむき出しのままというのが気になっていました ある日、洗剤が空になったのと湿気とりの水がいっぱいになったので2つを手に取ると、あら不思議!綺麗に収まりました ということでインテリアにとけこむ?湿気とりの箱を作ってみました

    greencynos
    • 4813
    • 25
  9. 壁面タイル「エコカラット」でお部屋の湿度調整やペットの臭い対策

    今回担当したインテリアコーディネートの物件では、リビングにLIXILのエコカラットをアクセントウォールとして使いました。 夏場の湿度過多によるカビ、冬場の湿度過少による風邪対策及び結露対策として、またペットやタバコなどの臭い対策としても活躍します。 今回は新築マンションでしたが、リフォーム工事として、簡単に好きな場所に好きな面積だけ貼れる「エコカラット」お薦めです

    Fumino Tazumi(多積文乃)
    • 6232
    • 50
  10. 【梅雨時期の大敵】カビや水分を寄せ付けない、手軽にできる湿気対策法

    梅雨の時期です。雨が降る日が多くなり、気分も落ちてしまいますよね。湿気が原因でカビが生えやすい時期でもあります。油断すると、部屋のあちこちが湿気だらけになってしまいます。今回は身近にあるものや、安く買えるもので湿気対策をしてみました。これで湿気と戦う準備万端になるはずです。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 14229
    • 111

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    32件中 1 - 20 件を表示