駐車場のアイデア(4ぺージ)

「駐車場」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「駐車場」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【雑木の庭】高原を再現。庭で宝物を作りました|新築外構里山の風景「つつじの丘」

    登山が大好きなご夫婦のための森林限界手前の素晴らしい景色を再現してほしいとのリクエスト。 空間を走る木々のラインが絶妙で美しいさまざまな雑木をレイアウトし再現しました。完成後お客様に「私たちの宝物です」。と素晴らしいコメントを頂いております。

    ティーズガーデンスクエア
    • 27180
    • 66
  2. 大人の心得?和風庭園でこの石を見かけたら...。日本古来の洗練された意思表示とは

    神社仏閣の日本庭園を拝見する際に、知っておきたい日本古来のマナーがあります。 意外と知られていない大人の作法です。 外部空間では、伝えたいことを雰囲気を壊さずに意思表示するのは難しい場合があります。 空間のイメージを壊さず、さりげなく。 素敵な日本の文化が昔の和風庭園にありました。

    久保田セメント工業株式会社
    • 11021
    • 12
  3. 印象の決め手は「外壁の色」!こだわりの絶妙カラーの外壁をもつ住宅まとめ

    家の印象を大きく左右するのが、外壁の色。絶妙なカラーを組み合わせることで様々な印象を自由に生み出すことができる反面、面積も広いので慎重に時間をかけて選ぶことが大切な部分です。そんな外壁の色にこだわった絶妙カラーの家をご紹介します。

    フリーダムアーキテクツ
    • 12022
    • 25
  4. 【ZEH+V2H(Vehicle to Home)対応】角地を活かしたマルチに停められる駐車場

    自宅の車の駐車スペースと駐車方法は検討の優先順位が低く、妥協や慣れに任せてしまいがちですが、今回は立地(周回道路の突き当りの角地で、近隣の数軒の住人様の通行がメインで不特定多数の車が行き来する立地ではない)を最大限に活用すべく、事前に徹底的に使い方を検討しました。立地を活かした、バック駐車が苦手な方でもストレスなく駐車できる駐車場です。基本的に2台駐車ですが、停め方次第(縦)では3台駐車も可能です。 外壁には(PH)EV用の200Vコンセントを設置しました。またEV用コンセントの横には将来的なV2Hへの拡張や蓄電池との連携を見据えたコンセントを設置。現在のハイブリッド車のように、EV化が進む数年先を見据えた設計としております。 また、V2Hにも対応できる分電盤(パナソニック製スマートコスモ)とHEMSによりスマートハウスを実現しております。 【ポイント】 ① 駐車スペースは普通車2台もしくは小型車・軽自動車を含めて3台。 ② 3方向に駐車可能。内2方向はバック駐車の必要が無い前向き駐車(前方道路へUターンせずに通り抜けメイン道路へ接続可能)。 ③ 植栽の縁石は車の車体より低く設定。タイヤの車止めにはなるが、ドアの開閉に影響はない。 ④ コンクリートには目印の溝を設置。どの方向にも停めやすい工夫。 ⑤ 駐車場の横に洗車にも利用できる立水栓を設置。 【V2H(Vehicle to Home)】について 太陽光で発電した電気は、自己消費以外は売電となりますが、今後の電気料金の値上りや、万一の災害等で停電となった際には、作った電気を貯めて使えることが理想です。そのためには蓄電池を設置する必要がありますが、現状ではまだまだ高額で費用対効果も良くありません。一方で急速に普及している電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)は大型蓄電池を搭載しており、これを蓄電池の代用として活用しようとする考え方がV2Hです。現時点ではまだハイブリッド車が主流ですが、これから先はEVやPHEVが更に一般的になると思いますので、この家は将来、EVやPHEVを購入された際にも対応できるように、あらかじめV2H用の配線を仕込んでおります。尚、V2Hとするためには(EVやPHEVとの連には)、電気を交換する「パワコン」を別途、設置する必要があります。

    共和木材工業株式会社
    • 2494
    • 2
  5. 愛車を「盗難」「車上荒らし」から守ろう!知っておきたい傾向と対策とは?

    車両盗難や車上荒らしなど、車を狙った被害は後を絶ちません。このような被害では貴重品や車が盗まれるだけでなく、ローンだけが手元に残ってしまったり、盗まれた運転免許証やクレジットカードを悪用されたりなど、さらに被害が拡大する可能性もあります。 今回は近年の車を狙った被害について、狙われやすい車種や被害件数の多い場所、時間帯など様々な観点からご紹介します。ご自身が被害者にならないためにもぜひ参考にしてみてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 18009
    • 20
  6. 敷地の有効利用で 駐車場代カット

    リフォームの物件です。 使い勝手に悩まれていた 既存のアプローチと塀を解体し、 車を止められるアプローチを施工しました。 乱貼石と洗い出しを使用しており、 すっきりと品のある雰囲気に 仕上げています。 広くなった駐車場は使い勝手もよくなり、 有料駐車場への支払いもなくなりました☆

    Selexy~セレクシィ~
    • 1551
    • 1
  7. ニャンともかわいい自動車用日よけ「ニャンシェード」が誕生

    フェリシモのユーモア雑貨ブランド『YOU+MORE! [ユーモア]』が、『フェリシモ猫部』とのコラボで、新アイテム「YOU+MORE! たまり場でちょうちょと遊ぶニャンシェード〈フロントガラス用〉」のウェブ販売を8月9日よりスタートしました。車の上で猫が遊んでいるように見えるユニークなデザインで、日差しを遮るのはもちろん、駐車場のたくさんの車から、マイカーを探し出す目印にもなります。2016年5月に発売した「ワンシェード」の発売直後より、「猫版も作って」という猫好きドライバーたちからの熱い要望があって誕生しました。

    LIMIA ニュース部
    • 5604
    • 44
  8. 車好きの自宅にも!ガレージハウスリフォームのポイントや実例を紹介

    自宅とガレージが一体となった「ガレージハウス」。防犯面の対策だけでなく、車やバイクなどの趣味を楽しめる空間も作れますよ。今回はガレージハウスへとリフォームする際に気をつけたいポイントや役立つアイデアを実例とともに紹介。ガレージハウスにリフォームするには自宅を大きく改修するため、出費や労力もそれなりにかかります。記事を参考にして、満足のいくリフォームを完成させてくださいね。

    LIMIA 住まい部
    • 20547
    • 38
  9. 空間を賢く活用!増築リフォームで車庫を新設しよう

    「車を守ることができる」車庫はとても心強い存在です。増築リフォームで車庫を作りたいと思っている人は、庭や玄関周りのスペースを、お気に入りの車庫スペースに変身させて活用しましょう!増築リフォームなら、1台分を2台分へ広げることもできて、よりスペースを有効活用できます。

    LIMIA 住まい部
    • 4474
    • 3
  10. 倉庫を住宅にリノベーションできる?実現のポイントをご紹介!

    中古住宅などのリノベーションが一般化し、住宅以外の建物をリノベーションする流れも起こってきています。なかでも多くなりつつあるケースが、倉庫のリノベーションでしょう。使わない倉庫をレストランやカフェなどにリノベーションした例が多くのメディアでも取り上げられています。しかし、倉庫だった建物から住宅へのリノベーション事例はまだ少ないかもしれません。そこで今回は、倉庫から住宅へのリノベーションについてお話しましょう。メリットや注意点、事例など参考になる情報を集めてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 10990
    • 5
  11. ビルトインガレージへのリフォーム。施工の事例と成功の秘訣は?

    住居スペースの一部に設けられたガレージスペースのことを「ビルトインガレージ」といいます。雨や雪のたびに車の心配をする必要がなく、住宅維持費の節約もできるなどのメリットから、ビルトインガレージへのリフォームは一定の人気があります。今回は、ビルトインガレージをおすすめするポイントからアイデアが光る事例集まで、ビルトインガレージのリフォームを成功させるために役立つ情報をご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 15222
    • 15
  12. ガレージを部屋にリフォームしたい!施工のメリットや注意点は?

    車を使わなくなった、台数が減ったなどの理由でご自宅のガレージが不要になったら、そのままにせず部屋にリフォームして居住空間とする方法もあります。ガレージは壁や床の構造が居室と異なる場合もあるため、あらかじめ注意点を押さえて計画を立てることで失敗なく工事を進められます。施工方法によって費用も大きく異なるため、実際にガレージを居室にした事例もとりあげながら、リフォーム成功のポイントを探っていきましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 62064
    • 15

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    130件中 61 - 80 件を表示