駐車場

駐車場に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく駐車場についてご紹介しています。

  1. 【住まい】土地を相続することに!慣れない土地活用でどうすれば家計を守れる?

    土地の活用はご自身には関係ないと思われるかもしれませんが、土地を相続する方が最近多くなっています。将来、土地を持つことは意外と身近なことかもしれません。また、すでに持て余してしまっている土地も、有効活用すれば利益を生み出す貴重な財産に。アパート・マンションや駐車場に土地を転用する活用法が存在するんです。そのような土地活用を思い立った際には複数の企業を比較したいですよね。土地活用を扱う複数の企業にまとめて資料請求できるサイトをご紹介します!

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 19902
    • 73
  2. 青森八戸の日本最大級朝市「館鼻岸壁朝市」が楽しすぎる!おすすめ人気グルメを食べつくそう♪

    青森県八戸市である日本最大級の「館鼻岸壁朝市」。1日数時間で1、2万人が来場するほどの人気ぶりです。新鮮な海鮮類や花、家電など何でも揃い、ここでしか味わえない絶品ローカルグルメもたくさんあります。両サイドにお店が連なる朝市は目移り必至です!

    トリドリ - 旅行をもっと、身近に。
    • 767
    • 5
  3. 夜の駐車場、暗すぎる問題を解決。感知してパッとつくかわいいセンサーライト

    夜の屋外、暗いとなんとなく不安ですよね。身の回りの小さなストレスを解消します。パッとついて「おかえり」と迎えてくれるようなライト。八角形で見た目もかわいいので愛着が湧きます。配線不要、LEDライトは乾電池式で1年半交換不要。移動できて、屋外設置も可能。設置場所を選びません。防犯にも最適。

    久保田セメント工業株式会社
    • 2644
    • 39
  4. 南国風の神社!?縁結びのパワースポット、宮崎県「青島神社」をご紹介!

    縁結びのご利益で有名な神社は全国に数多ありますが、南国風の神社というのはなかなか見かけないのではないでしょうか。今回ご紹介する宮崎県宮崎市の青島神社は、ビロウやソテツなど南国風の植物に囲まれたエキゾチックな雰囲気が魅力。さらに縁結びのパワースポットとして、神事やおみくじが楽しめるんです!

    トリドリ - 旅行をもっと、身近に。
    • 301
    • 3
  5. 2×4材で簡単DIY ♪【木製自転車ラック(サイクルラック)の作り方】ソーホースブラケットでお手軽に♪

    フルトンのソーホースブラケットとツーバイフォーを使って、マウンテンバイクなどを立てかけられる自転車ラックを簡単DIY♪ ご自宅用にも、コンビニやカフェなど店舗設備にも(#^^#) 現在、コンビニの駐車場に2台設置していますが、ライダーさんからとても好評です♪ 自宅ようなら、普段は物干し、布団干し台にもなりますよ(^^♪

    りんご
    • 11454
    • 52
  6. 大人の心得?和風庭園でこの石を見かけたら...。日本古来の洗練された意思表示とは

    神社仏閣の日本庭園を拝見する際に、知っておきたい日本古来のマナーがあります。 意外と知られていない大人の作法です。 外部空間では、伝えたいことを雰囲気を壊さずに意思表示するのは難しい場合があります。 空間のイメージを壊さず、さりげなく。 素敵な日本の文化が昔の和風庭園にありました。

    久保田セメント工業株式会社
    • 8235
    • 6
  7. 【雑木の庭】高原を再現。庭で宝物を作りました|新築外構里山の風景「つつじの丘」

    登山が大好きなご夫婦のための森林限界手前の素晴らしい景色を再現してほしいとのリクエスト。 空間を走る木々のラインが絶妙で美しいさまざまな雑木をレイアウトし再現しました。完成後お客様に「私たちの宝物です」。と素晴らしいコメントを頂いております。

    ティーズガーデンスクエア
    • 18089
    • 35
  8. 印象の決め手は「外壁の色」!こだわりの絶妙カラーの外壁をもつ住宅まとめ

    家の印象を大きく左右するのが、外壁の色。絶妙なカラーを組み合わせることで様々な印象を自由に生み出すことができる反面、面積も広いので慎重に時間をかけて選ぶことが大切な部分です。そんな外壁の色にこだわった絶妙カラーの家をご紹介します。

    フリーダムアーキテクツ
    • 8178
    • 19
  9. 【ZEH+V2H(Vehicle to Home)対応】角地を活かしたマルチに停められる駐車場

    自宅の車の駐車スペースと駐車方法は検討の優先順位が低く、妥協や慣れに任せてしまいがちですが、今回は立地(周回道路の突き当りの角地で、近隣の数軒の住人様の通行がメインで不特定多数の車が行き来する立地ではない)を最大限に活用すべく、事前に徹底的に使い方を検討しました。立地を活かした、バック駐車が苦手な方でもストレスなく駐車できる駐車場です。基本的に2台駐車ですが、停め方次第(縦)では3台駐車も可能です。 外壁には(PH)EV用の200Vコンセントを設置しました。またEV用コンセントの横には将来的なV2Hへの拡張や蓄電池との連携を見据えたコンセントを設置。現在のハイブリッド車のように、EV化が進む数年先を見据えた設計としております。 また、V2Hにも対応できる分電盤(パナソニック製スマートコスモ)とHEMSによりスマートハウスを実現しております。 【ポイント】 ① 駐車スペースは普通車2台もしくは小型車・軽自動車を含めて3台。 ② 3方向に駐車可能。内2方向はバック駐車の必要が無い前向き駐車(前方道路へUターンせずに通り抜けメイン道路へ接続可能)。 ③ 植栽の縁石は車の車体より低く設定。タイヤの車止めにはなるが、ドアの開閉に影響はない。 ④ コンクリートには目印の溝を設置。どの方向にも停めやすい工夫。 ⑤ 駐車場の横に洗車にも利用できる立水栓を設置。 【V2H(Vehicle to Home)】について 太陽光で発電した電気は、自己消費以外は売電となりますが、今後の電気料金の値上りや、万一の災害等で停電となった際には、作った電気を貯めて使えることが理想です。そのためには蓄電池を設置する必要がありますが、現状ではまだまだ高額で費用対効果も良くありません。一方で急速に普及している電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)は大型蓄電池を搭載しており、これを蓄電池の代用として活用しようとする考え方がV2Hです。現時点ではまだハイブリッド車が主流ですが、これから先はEVやPHEVが更に一般的になると思いますので、この家は将来、EVやPHEVを購入された際にも対応できるように、あらかじめV2H用の配線を仕込んでおります。尚、V2Hとするためには(EVやPHEVとの連には)、電気を交換する「パワコン」を別途、設置する必要があります。

    共和木材工業株式会社
    • 1304
    • 2

74件中 1 - 20 件を表示