ガレージ

ガレージに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすくガレージについてご紹介しています。

  1. 泉南のガレージハウス・大阪/建築家と建てる30代の家

    -バイクにも快適な部屋を。- 大阪府泉南市にある90坪あまりの余裕のある敷地に、30代前半のご夫婦が建てた、バイクガレージハウスが完成しました。 設計を担当したのは、ガレージハウスに豊富な実績を持つ、建築家の田中一郎さん。3.5坪に大型バイク2台が格納できるバイク専用ガレージを提案しました。 ガレージには、ヘルメットやスーツ、工具やオイル類などの補充用品などを収納する棚も造りつけられています。水栓やエアコンも設置。快適な整備環境を整えました。 ガレージ扉はオリジナルで製作。木製の引き戸にしました。 -建築家設計ならではの個性的な形状。眺望を楽しむリビングでのんびり- 建物全体は門のような形状になっています。 脚の部分にガレージと玄関と居室があり、真ん中の空いた部分にクルマを駐車するスペースをつくりました。 2階はLDKと水回りでまとめられ、LDKの大きな開口からは遠くの方まで景色が見え、ゆったりと眺望を楽しみながら時間を過ごすことができます。 LDKの天井はシナ合板張り。収納扉やキッチンカウンターも同じ素材を使うことで、統一感をもたせています。 外壁は黒いガルバリウム鋼板がメインで、2階部分はサイディング、ガレージ部分は板張りと素材の変化をデザインに上手く組み込み、個性的な外観を作り出しています。 ぜひ写真をご覧ください。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス大阪店(0120-360-354) 敷地面積/304.7m² (約92.2坪) 建築面積/72.9m² (約22.1坪) 延床面積/123.0m² (約37.2坪) 設  計/建築家 田中一郎 施  工/株式会社 山本安工務店

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 954
    • 9
  2. 夜の駐車場、暗すぎる問題を解決。感知してパッとつくかわいいセンサーライト

    夜の屋外、暗いとなんとなく不安ですよね。身の回りの小さなストレスを解消します。パッとついて「おかえり」と迎えてくれるようなライト。八角形で見た目もかわいいので愛着が湧きます。配線不要、LEDライトは乾電池式で1年半交換不要。移動できて、屋外設置も可能。設置場所を選びません。防犯にも最適。

    久保田セメント工業株式会社
    • 2643
    • 39
  3. 美を演出するストーリー性溢れるヘアサロンと存在感を抑えながらも居住性を高めた住居

    太田市内に計画された美容室併用住宅。 髪を切る行為は新しい自分との出逢いとなる。 美容室を訪れてから去るまでが1つのストーリーとなるような計画を目指した。 店舗は内部の様子を見せる事で集客を狙うが、この外観からはその様子が伺えない。 エントランスまでのアプローチを長く取る事で期待感は膨らみ、ホールでは看板犬のノラが迎えてくれる。 アンティークのドアや受付等オーナーが揃えた家具が店内に散りばめられ、ゲストは自然光に溢れる場所に腰を下ろす。 外の視線がない事でスタッフとの会話に入り込む。 待ち時間も有意義に過ごせるようウェイティングエリアやソファエリアを配し、最奥にはドレス&メイク、スタジオスペースを設けサロン全体が|美|を意識させる空間となっている。 居住部分は美容室としての外観が重要視されたため、外部からは住居としての印象を極力抑えるよう丁寧にプランを計画した。 エントランスは壁のレイヤー間に配置し側面からアプローチする。 またその壁を目隠しとし、ゲストルームや美容室の着付けスペースとなる和室を設置。 2階は住居として必要な機能をテラスを取り囲むように配しているため、地上レベルからは想像出来ない程開放性が有る。 ボリュームや壁の間から諸室の採光を得る事で外観を整えるだけでなく、内部のプライバシー性能を高め居住性の向上をも計っている。

    studio LOOP
    • 12800
    • 101
  4. めぐり逢いのテラスを持つ二世帯住宅

    熊谷駅から徒歩数分、長年この地に住まわれてきたご家族の住宅建替計画である。39坪の土地に二世帯分の住居と駐車場、庭の代わりとなる大きなテラスが求められた。ガレージ屋根をテラスとし、その余白に住居を配置。1階をご両親、2階をご夫婦、3階をお子さんのフロアとした。ガレージは壁もデッキ材で覆われピッチを調節する事で1階にも光と風を取込み、2階ではテラスがLDKと繋がり広さを演出し、各階において通りからの視線を遮っている。スキマを持ち立体的に立ち上がるテラスが二世帯を繋ぎご家族の交流をはかる欠かす事の出来ない場となっている。

    studio LOOP
    • 2625
    • 6
  5. 空の青・地の緑に繋がる二世帯住宅

    高崎市役所から程近い閑静な住宅街に計画された二世帯住宅。シアタールームを持つLDK、BBQも可能なプライベートガーデン、ガレージ等が求められた。我々は南北に長い敷地一杯に広がるようにL字型の住居を配し、ガレージでL字を閉じる事で中庭を生み出し前面道路からのプライバシーを確保した。LDKは全開放出来るサッシで中庭と大きく繋がり、吹抜けを介し南の光を得ながら空を眺められる。L字の短辺は各階寝室となっており、中庭から明るさと風通りを確保している。端正な外観の奥には家族の住みやすさを追求した空間が広がっている。

    studio LOOP
    • 2004
    • 6
  6. 須磨のガレージハウス・神戸/建築家と建てる30代の家

    ― オーシャンビューも楽しめるガレージハウス ― 兵庫県神戸市須磨区、 駅徒歩5分という好立地に目前に迫る海と山の眺望を楽しみながら、ガレージライフを満喫できるガレージのある家が完成しました。 建築主からのご要望は、 「ガレージハウスであること」「大勢が集まることができる家」「眺望を楽しめる家」「近隣の視線を気にすることなく、明るく開放的にしたい」 そんなご要望に応えたのは、建築家の田中いちろうさん。 敷地は、急傾斜に囲まれた高台に位置しています。一般的に高台に家を建てる場合は、道路沿いにクルマを駐め、そこから階段を上がって建物にアプローチします。 ただ今回は敷地にゆとりがあるため、敷地内にクルマが登れるアプローチを設けることで、建物内にクルマを収めるインナーガレージを実現しました。 ― ハコが組み合わさった特徴的な外観が目を惹く ― ガレージ棟と住居棟の2棟建てにすることで、近隣からの視線を遮りながら、広がりのある明るい空間になりました。さらにガレージの上部を一部吹抜けにし、趣味スペースの他、くつろげるスペースを設けています。 2棟の間をバルコニーでつなぐことで、海と山の景色を楽しみながらホームパーティーをすることも出来るガレージハウスです。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス神戸店(0120-360-354) 敷地面積/279.5m²(約84.5坪) 建築面積/74.5m²(約22.5坪) 延床面積/115.3m²(約34.8坪) 設計/建築家 田中一郎 施工/株式会社ウッドワン関西

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 2610
    • 24
  7. 多趣味を受けとめるナチュラル空間!安心快適も実現した秘密とは

     ビルトインガレージ、緑豊かなウッドテラス、パン台のある広々キッチン……。多趣味なNさん夫妻のために建築家の長谷山泰三さんがつくったのは、無垢材を贅沢に使った明るく心地よい住まい。空間の魅力だけでなく、安心・快適な性能も併せ持つ心強い家だ。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1170
    • 5
  8. バイクの趣味が中心!開放的なテラスと防犯を両立した秘訣とは?

     夫婦ともにバイクが趣味というNさん夫婦が建てたのは、バイクガレージが中心にある家。車通りの多い道路に面した土地で、防犯と開放感の確保という相容れない2つの条件をクリアした、建築家・白砂孝洋さんの驚きのテクニックを大公開!

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2445
    • 10
  9. さいたまS邸-夢の屋内ガレージを実現!?-

    埼玉県さいたま市 2017年6月竣工 敷地面積:202.17 M2 オフロード車のガレージ、昔乗ってたオートバイの保管。 男の夢、とてもよく理解できます(笑) でも、結婚して子供が生まれ、家が必要になると、 その夢はガラガラと崩れ去ることがほとんどなのです。 なぜかって?車は意外に広い場所を必要とするのです。 部屋を2つくらい諦めないと屋内ガレージは作れません。 Sさんはそれが諦められず、どうしても屋内車庫が欲しかった。 それならば!と一肌脱いで、計画し、家と車庫が同じ大きさ。 双子のような容積。。。。

    有限会社 鈴木アトリエ
    • 3458
    • 14
  10. 橿原のガレージハウス・奈良/建築家と建てる30代の家

    -歴史を感じる奈良県に完成した、ガレージハウス- 奈良県中部にある橿原市。神武天皇の橿原の宮として歴史書に登場するほどの歴史があるこの地に、大和三山の1つ畝傍山を望むガレージハウスが完成しました。 ・クルマ1台分のインナーガレージ ・作業のしやすい家事動線 ・軽い程度のバリアフリー という要望に対して、建築家の矢部直輝さんがプランで応えます。 ガレージの広さは、大型車が余裕を持って格納できるサイズ。 クルマの整備はもちろん、バイク・スノーボードなどのメンテンナンスもできるスペースを確保しました。 -リビングにちょっと変わった空間が出現!?- 南の広い庭に面したリビングには幅3.3メートルに渡ってフルオープンになる窓。リビングの一角に楕円形に畳を敷き、それに沿ってカーテンを付け、ちょっと変わった空間をつくりました。 家の中でも過ごす時間が長いリビングに畳を敷くことで、和の香りや足ざわりを感じることができます。 他にも、キッチン・洗面・洗濯機・浴室がほぼ一直線に並べ、無駄のない家事導線を考え使い勝手が良い配慮や、将来2部屋に区切れる個室など、数々の工夫が凝らされています。 約54坪の敷地ですが、必要以上に広さを求めず、建物をコンパクトにして、 あえて余裕をつくることで明るく風通しのよいガレージハウスとなりました。 ------DATE------ プロデュース/ザウス大阪店(0120-360-354) 敷地面積/177.7m² (約53.7坪) 建築面積/68.0m² (約20.6坪) 延床面積/103.5m² (約31.3坪) ガレージ/21.1m² (約6.4坪) 設計/矢部直輝 施工/株式会社 ウッドワン関西 撮影/平野 和司

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 3175
    • 10
  11. 中野坂上のガレージハウス/建築家と建てる30代の家

    ―建築面積約7.8坪という狭小ガレージハウス― 土地探しから家づくり計画がスタート。 クルマを愛するご主人は、家の中でクルマのメンテナンスができる、ガレージハウスをご希望でした。 その為、クルマの出し入れが行いやすい土地を検討。 設計を担当した建築家によるラフプランを用いながら、その土地にどのくらいの面積の家が実現できるのかなど、じっくり検討しました。 ―北接道の土地でもしっかりと光と風を届ける工夫― 建設地の北側に道がある土地。南側に道路がある土地に比べ、採光に課題がありました。 LDKに大きな窓を設置して採光を確保。しかし、大きな窓ではプライバシーが心配・・・そこで、外部からの視線を遮断するためにアルミ製ルーバーを取り付ける工夫をしました。 また、階段とリビングの上に吹抜けを設け、生活空間に光と風が届き、明るく風通しのよい空間になっています。 北接道の土地だと部屋が暗くなるからと諦めずに、明るくするための建築家のアイデアを生かした設計のガレージハウスです。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス東京店(0120-054-354) 設  計/建築家 濱里豊和 規  模/地上3階建て 構  造/木造 敷地面積/43.1m2 (約13.0坪) 建築面積/25.8m2 (約7.8坪) 延床面積/74.9m2 (約22.7坪) 施  工/株式会社 ラムズカンパニー 撮  影/アトリエ・フロール㈱ 他

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 9703
    • 12
  12. 宝塚のガレージハウス/建築家と建てる30代の家

    -リフォームか建て替えかの相談から始まったザウスとの家づくり- 兵庫県宝塚市に、ご夫婦とお子様おひとりの3人家族が住むガレージハウスが完成しました。 奥様が建物や室内のデザインに興味が高く、建築家と間取りはもちろんのこと、デザインや素材を打ち合わせしながらプランニングが進行しました。 もともとは、「現在の住まいを戸建てリフォームすることを検討していた」というご夫婦。リフォームか建替えかという相談から始まった今回の住まいづくり。 ご夫婦のご要望をお伺いし、整理した上、あらゆる角度から検討したところ、新たに土地を買い、新築するほうがメリットが高いことになり、新たに新築することになりました。 -こだわりの素材を選んでも、しっかり予算内に収めます- 外壁はマットな黒を表現するため、リシンの吹付けで仕上げています。 また、室内には、料理好きの奥様が選んだハイクラスのキッチン。 床には、高価な床材であるブラックウォールナットをLDKに採用しました。 要望を元に採用する素材やアイテムを提案しながら、決められた予算を守るよう導くのがザウスプロデューサーの役目。 メリハリをつけた予算配分を行い、シンプルながらもデザイン性の高い建築家の住宅を、工費アンダー2,000万円で実現しています。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス大阪店(0120-360-354) 設計/建築家 田中いちろう 規模/地上2階建て 構造/木造 敷地面積/131m² (約39.7坪) 建築面積/45m² (約13.7坪) 延床面積/93m² (約28.2坪) 撮影:平野 和司

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 2865
    • 10
  13. 小曽根のガレージハウス・西宮/建築家と建てる30代の家

    -住宅密集地でも人目を気にせず過ごせる立地- ザウスと共に土地探しからスタートした、小曽根のガレージハウス・西宮。 住宅密集地に建っていますが、住まいの南側には道路向かいに木々が広がるだけなので、行き来する人の目を全く気にせず過ごせます。 -スキップフロアで、外に見える大きなクスノキまで視線が通る- 設計を担当したのは建築家の藤原慎太郎さん。 建築主からのおもな要望は、プライバシーが完璧に守られるこの立地だからこそ、2階のリビングには大きな窓がほしいということと、スキップフロアで変化のある空間、そしてガレージがあること。 藤原さんは、玄関から少し上がってキッチンに入り、さらに上がってダイニング、そしてリビングとウッドデッキを経て、古く大きなクスノキまで視線が通るプランを提案しました。 外の庇の長さや角度まで計算され、冬はキッチンまで光が届き、夏は直射日光がベンチの位置までしか入ってこないよう、光の加減がコントロールされています。 変化に富むスキップ構成の屋内空間で、まだ小さな子どもたちがのびのびと動き回り、大きな窓に切り取られた風景が、四季折々の表情で暮らしに彩りを添えてくれる、そんな住まいとなりました。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス神戸店(0120-360-354) 規  模/地上3階建て 構  造/木造 敷地面積/94.8m2(約28.7坪) 建築面積/56.9m2(約17.2坪) 延床面積/102.7m2(約31.1坪) 施  工/株式会社ウッドワン関西 撮影: 矢野 紀行

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 2007
    • 2
  14. 【ZEH+V2H(Vehicle to Home)対応】角地を活かしたマルチに停められる駐車場

    自宅の車の駐車スペースと駐車方法は検討の優先順位が低く、妥協や慣れに任せてしまいがちですが、今回は立地(周回道路の突き当りの角地で、近隣の数軒の住人様の通行がメインで不特定多数の車が行き来する立地ではない)を最大限に活用すべく、事前に徹底的に使い方を検討しました。立地を活かした、バック駐車が苦手な方でもストレスなく駐車できる駐車場です。基本的に2台駐車ですが、停め方次第(縦)では3台駐車も可能です。 外壁には(PH)EV用の200Vコンセントを設置しました。またEV用コンセントの横には将来的なV2Hへの拡張や蓄電池との連携を見据えたコンセントを設置。現在のハイブリッド車のように、EV化が進む数年先を見据えた設計としております。 また、V2Hにも対応できる分電盤(パナソニック製スマートコスモ)とHEMSによりスマートハウスを実現しております。 【ポイント】 ① 駐車スペースは普通車2台もしくは小型車・軽自動車を含めて3台。 ② 3方向に駐車可能。内2方向はバック駐車の必要が無い前向き駐車(前方道路へUターンせずに通り抜けメイン道路へ接続可能)。 ③ 植栽の縁石は車の車体より低く設定。タイヤの車止めにはなるが、ドアの開閉に影響はない。 ④ コンクリートには目印の溝を設置。どの方向にも停めやすい工夫。 ⑤ 駐車場の横に洗車にも利用できる立水栓を設置。 【V2H(Vehicle to Home)】について 太陽光で発電した電気は、自己消費以外は売電となりますが、今後の電気料金の値上りや、万一の災害等で停電となった際には、作った電気を貯めて使えることが理想です。そのためには蓄電池を設置する必要がありますが、現状ではまだまだ高額で費用対効果も良くありません。一方で急速に普及している電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)は大型蓄電池を搭載しており、これを蓄電池の代用として活用しようとする考え方がV2Hです。現時点ではまだハイブリッド車が主流ですが、これから先はEVやPHEVが更に一般的になると思いますので、この家は将来、EVやPHEVを購入された際にも対応できるように、あらかじめV2H用の配線を仕込んでおります。尚、V2Hとするためには(EVやPHEVとの連には)、電気を交換する「パワコン」を別途、設置する必要があります。

    共和木材工業株式会社
    • 1304
    • 2

138件中 1 - 20 件を表示