耐震のアイデア(6ぺージ)

地震大国である日本では、耐震対策は必須といえるでしょう。ここでは、耐震リフォームのポイントや耐震に関する補助金のほか、耐震効果にすぐれた家具や素材の選び方など、幅広い情報をまとめています。ぜひこちらを参考に、耐震対策を進めていきましょう! 

  1. 築45年オーバーでも大丈夫!?リフォームのポイントと注意点とは?

    一般的に、住宅の寿命は約30年と言われています。そう考えると築45年の住宅は、寿命をはるかに超過したオンボロの印象を受けるかもしれません。しかし、きちんとした掃除やメンテナンスを行い、老朽化を補填するリフォームを行えば、寿命を70年近くまで伸ばすことも可能だと言われています。思い出のたくさん詰まった住宅だからこそ、長く住み続けたいと思う人、マイホームの費用を節約したいと考える人は、築45年を超える古い住宅のリフォームを検討してみるとよいでしょう。ここでは、そんな古い住宅をリフォームする上でのポイントや注意点などをご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 5994
    • 9
  2. 昔ながらの平屋をリフォーム!!築40年を超える古い平屋をリフォームする際のポイントとは?

    今回は平屋のリフォームについてご紹介します!もともと日本住宅の主流だった平屋。現在は複層階住宅が一般的ですが、平屋には平屋ならではの良さがあります。むしろ、家族の高齢化によるバリアフリーや、核家族や少子化による世帯数の減少などにともなって部屋数が必要なくなった結果、平屋のよさが見直されつつあります。築40年を超える古い平屋であっても、リフォーム次第では十分に魅力を引き出せます。以下では、そんな平屋のリフォームについてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 7681
    • 8
  3. 築40年の住宅をリフォーム!費用や相場はどれくらい?

    築40年を超えるような住宅に長く快適に暮らし続けたいと思うのなら、リフォームは常に頭の片隅に入れておく必要があります。住宅に思い入れがあるのなら、なおさらでしょう。しかし、そこで問題になってくるのが、リフォームの費用です。一般的に、リフォームにかかる費用は新築や建て替えに比べて安い傾向にあると言われていますが、具体的にはどのくらいかかるのでしょうか?疑問に思う人のために、築40年を超える住宅リフォームにかかる具体的な費用や相場についてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 27649
    • 6
  4. 築30年の一戸建てをリフォーム!見落としがちな重要リフォームポイントとは?

    日本の住宅は寿命が短く、一戸建ての場合は30年とも言われています。実際に築30年を迎えた家は、設備に老朽化が起きているだけでなく、床下などの見えない部分の劣化や、家族構成の変化による住みづらさを感じるようになっていることが多くあるのです。しかし、せっかく愛着のある家だからこそ今後も長く住み続けたいという方も多いことでしょう。そこで、築30年の一戸建てに必要なリフォーム方法についてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 1949
    • 6
  5. 築35年の中古住宅が快適な住み心地に!リフォームのポイントや注意点をご紹介

    最近では中古住宅を購入して自分好みにリフォームしたり、実家をリフォームして両親と同居したりと、築35年程度の中古住宅をリフォームして新しい暮らしを始める人たちが多く見受けられます。築35年の中古住宅なら価格もお手ごろで、新築で購入するより広い物件を見つけることができるため、魅力的な選択肢のひとつです。また、リフォームすることで長く住み続けられる優良物件も多くあります。そこでここでは、築35年の住宅をリフォームするときのポイントと注意点をご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 1621
    • 5
  6. 夢のマイホームにおすすめ!築40年の一戸建てリフォームのポイント

    築40年の一戸建て住宅と聞くと、古い印象を抱く人がほとんどでしょう。実際に、古い一戸建て住宅は資産価値を低く見られ、割安で販売されている物件も散見できますが、一方で手入れと工夫次第で100年持たせることも可能な場合も。そのうえ、新築や建て替えに比べると、リフォームは費用を抑えられる傾向にもあります。そんな築40年を超える一戸建て住宅をリフォームする際のポイントや注意事項をご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 3631
    • 4
  7. 築40年でも大丈夫!?快適な住宅にリフォームするポイントとは

    築40年を過ぎた住宅は、あちこちにガタがきていたり、古い設備に使い辛さを感じたりするものですよね。中古で買った住宅にせよ、先祖から受け継いだ住宅にせよ、住み続けたいと思うのなら思い切って住宅をリフォームしてしまうのがおすすめです!建て替えや新築に比べて費用を抑えることができますし、思い入れのある住宅を後世に残すこともできます。そこでここでは、築40年を超える古い住宅をリフォームするときのポイントや注意点をご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 1977
    • 2
  8. 見た目は大事!でも最後はやっぱり中身で勝負でしょう。基礎編。

    家づくりではいろいろなことを選択して決めていかなければなりません。人生でかなり大きな買い物になるであろう家づくりなので慎重に、でも決めるときは思い切って決断するのも大切です。快適に暮らすためには好みの素材やデザイン、使い勝手のよい間取りは当然大切ですが、それらのすべてを支える家の「つくり・性能そのもの」つまり構造も重要です。ここに失陥があるとどんなにきれいでもすぐに崩れてしまいます。鞍城建設ではより安心で快適に暮らしていただけるように構造にもこだわった家づくりをしています。

    鞍城建設
    • 1432
    • 6
  9. 一戸建て住宅のリノベーション費用・相場はどれくらい?中古物件の大規模改修も!

    今回は、一戸建て住宅、中古物件のリノベーション費用についてお話します。古民家や空き家など、さまざまな住宅の形態を取りあげ、それらにかかるリノベーション費用・相場の目安をご紹介します。空き家などのリノベーションは、一から新しい家に住むようなつもりで、自分好みで行いたいものですが、住宅を持つこと・維持することと、かかる費用の問題は切り離せないので、ぜひ参考にしてみてください。

    LIMIA 住まい部
    • 64958
    • 15
  10. 築60年を超えた古い木造平屋を夫婦二人のための終の棲家にリフォーム

    リフォームのきっかけは冬の寒さと雨漏りでした。 長年暮らした家と土地ですから、愛着があります。 老ご夫婦のこれからの暮らしや工事中の生活を考えて、 建て替えよりも住みながらできるリフォームを選びました。 屋根をはじめ、水回りの老朽化がすすんでいましたので、 お施主様のお困りごとをじっくり聞き、 建物を調べ、ひとつひとつ解決策を探り、ご提案しました。 屋根が重く劣化が大きかったこともあり耐震診断をして、 リフォームをしながら耐震補強も同時進行。 ご夫婦が安心して住める家づくりのお手伝いができた事が、 建築従事者としての大きな「よろこび」となりました。  

    リフォームのダイマルウッド
    • 2694
    • 6
  11. 耐震リノベーションの方法まとめ。地震に強い家にしよう!

    今回は、地震に強い住宅を実現する耐震リノベーションについてご紹介します。地震大国・日本において建造物の耐震リノベーションはとても重要です。地震は事前に避けられる災害ではなく、被害が大きいと家が崩壊してしまう場合もあるためです。「大地震がきた時、この家は大丈夫なのだろうか?」と不安に思われている方、地震が起こってからでは遅いので、耐震リノベーションを検討してみてはいかがでしょうか?

    LIMIA 住まい部
    • 2475
    • 1
  12. 古い家をリノベーションするための問題と注意点は?

    築年数が経過し、古くなった家はさまざまな箇所に劣化や傷みなどの問題点が出てきます。細かな部分はその都度修復すればよいのですが、数十年も経てば大規模な修復が必要になる時がやってきます。そこで今回は、リノベーションによって古い家での暮らし方や、雰囲気を一新!そこでの改善しておきたいポイントや注意すべき点についてご紹介します。長年住んできた家でさらに長く暮らしたい方も、古い住宅を購入し、リノベーションして暮らしたい方も、ぜひご参考にしてください。

    LIMIA 住まい部
    • 1842
    • 3
  13. 「建て替え」か「リノベーション」か。古くなった住居を新しくするにはどっちがいい?

    今回は、「リノベーション」と「建て替え」をさまざまな観点から比較していきます。元の家を活かした「リノベーション」と一から新しい家にする「建て替え」は、それぞれにメリット・デメリットがあり、目的に応じて適した方法を選ぶことが大切です。ただ、そのどちらを選択すれば良いのか、分からない方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は、この記事を参考に「リノベーション」と「建て替え」を比較してみてください!

    LIMIA 住まい部
    • 1759
    • 3
  14. リノベーションマンションのメリット・デメリットを徹底解説!

    今回は、マンションのリノベーションについて、主にメリット・デメリットについて解説いたします。マンションをリノベーションする際、メリットを生かし、デメリットを回避することが長く暮らせる秘訣になります。「リノベーション済みマンション」と最近はよく耳にしますが、実際にマンションをリノベーションするには、どうすれば良いのでしょうか?どんなところに注意すれば良いのでしょうか?様々な疑問にお答えして解決していきますので、スムーズなリノベーションの手助けになれば幸いです。

    LIMIA 住まい部
    • 2295
    • 2
  15. リノベーション物件のメリット・デメリット。失敗しない物件選びをしよう

    今回は、リノベーション物件が持つメリット・デメリットをご紹介します。リノベーション物件とは、一般的に「大きく改修され、新築物件並みの美観や機能性を備えている中古物件」のことを指します。中古物件であるため、購入の際にはメリット・デメリットをしっかり押さえておく必要があります。リノベーション物件は、築年数が経っていて格安な割にきれいで、間取りなどにも古さを感じない点で人気が高まっているので、興味をお持ちの方は、この記事を参考に失敗のないリノベーション物件選びをしましょう!

    LIMIA 住まい部
    • 7490
    • 2

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    187件中 101 - 120 件を表示