耐震のアイデア(5ぺージ)

地震大国である日本では、耐震対策は必須といえるでしょう。ここでは、耐震リフォームのポイントや耐震に関する補助金のほか、耐震効果にすぐれた家具や素材の選び方など、幅広い情報をまとめています。ぜひこちらを参考に、耐震対策を進めていきましょう! 

  1. 谷田工務店の品質・技術・性能①《耐震&制震》テクノスター金物&粘震

    住宅に求められる一番大切な事。それは家族の命と財産を守る事。 私達の身の回りには、地震、火事、水害など、様々な災害の可能性がありますが、中でも地震はいつどこで起きるかの予測が難しい上、近年は予想もしていなかった地域での大規模な地震や余震が続発しています。 そんなもしもの時への備えとして、谷田工務店が採用しているのが「テクノスター金物」と「粘震」です。 今回は、それらがどんな風に頼りになる物なのかを、お伝えしたいと思います。

    株式会社 谷田工務店
    • 1087
    • 5
  2. 12月10日11日は、「家づくり・リフォーム勉強会」を開催いたします。

    他では教えてくれない、家づくりのノウハウを建築士が教えます! インテリアコーディネートのご相談や、ライティングのご相談などから、エクステリアのご相談まで、幅広く対応しておりますので、お気軽にご相談ください! リビングとちぎ11/24発行読者様特典で、リフォームプラン無料プレゼントキャンペーンや 水回り・内窓の年末特価キャンペーンも実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください! ↓お問い合わせはこちら!! マルモコハウス 栃木県宇都宮市西原2-4-3 担当:渡辺 電話:028-902-1008

    マルモコハウス
    • 955
    • 3
  3. 地震が来ても安心な家を建てたい!

    住宅金融支援機構が実施したアンケートによると、住宅取得時に重視するものについて、震災後、最多だった「価格・費用」は減少し、「耐震性耐久性」等は大幅に増加しました。 更に「耐震性能」と回答した人の約半数が「コストアップしてでも耐震性能を高めたい」と回答。 他の住まいに関するアンケートでも総じて“震災後に変化あり”という結果で、やはり『安心・安全』への意識が高まったという傾向です。

    元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
    • 1835
    • 11
  4. 憧れのホームエレベーター生活。リフォームのポイントは?

    ひと昔前は高嶺の花でしたが、今では珍しくなくなりつつあるホームエレベーター。設置する人の主な理由は「高齢となる将来に備えて」「3階建てなどで、上り下りが大変」「大きな荷物などを持って階段の上り下りをする危険を減らすため」などとなります。ホームエレベーターは単なる贅沢品ではなく、日常生活の不便や苦痛、事故の危険などを解決する手段となってきています。今回は、ホームエレベーターに関するリフォームのポイントについてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 3808
    • 2
  5. 素敵に快適!古民家リフォームの際の注意点とは?

    近年注目を集めているのが、古民家リフォームです。強くて丈夫な古民家は、リフォームするととてもおしゃれな空間を作り出すことができます。しかし古民家には問題点もあるため、リフォームをするときにはそうした部分を改善することが大切です。ここでは古民家をリフォームするときのポイントをご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 2667
    • 2
  6. 来るべき地震に備えて!耐震リフォームで減税措置を受けよう

    常に地震のリスクを背負う日本において、耐震リフォームは、地域の暮らしの安全を守るため大いに推奨されています。そのため、さまざまな減税制度が耐震リフォームに適用されています。近い将来、首都圏直下型の大地震が起こると言われることもある現状だからこそ、みなさんもそれら税金優遇制度を利用して、耐震リフォームを行ってみてはいかがでしょうか?

    LIMIA 住まい部
    • 934
    • 4
  7. 住宅の不満を解消できる!? 2階だけリフォームをしよう

    住宅に不満を覚えるようになると頭に浮かぶリフォームという選択肢。しかし、予算や時間が限られている中では、箇所を絞ってリフォームを行うことが大切です。なかでも2階は、空間を無駄にしてしまっていることが多く、リフォーム次第では住宅の不満を大きく軽減させる可能性が高い箇所です。

    LIMIA 住まい部
    • 22556
    • 4
  8. 800万円で行うリフォーム。予算を決めてもここまで変わる

    もし、リフォームの計画を立てる時に「あれもしたい、これもしたい」と、やりたいことを全部挙げて見積を取れば、大抵の場合1,000万円を超えるような見積金額になってしまうでしょう。「そこまでは出せないけれど…」という方は、800万円という予算を考えてみてはいかがですか?1,000万円超えと比べれば費用としてまだ現実味がありながらも、意外に多くのことができるとわかるはずです。

    LIMIA 住まい部
    • 9276
    • 4
  9. リフォームと消費税の関係をチェック!消費税の変動がリフォームに与える影響とは?

    消費税が2014年4月より8%になり、リフォームにかかるコストも必然的に高まっています。いずれは10%に引き上げされる可能性が高いため、その変動がリフォームにさらなる影響を与えることが予想されます。消費税の変動は、リフォームに対して具体的にどのような影響を与えるのでしょうか。リフォーム×消費税の関係を徹底的にチェックしながら、少しでもお得にリフォームするポイントを見ていきましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 1868
    • 1
  10. 築30年の住宅を徹底リフォーム!気になる費用・相場をチェック

    築30年を迎えた住宅のリフォームというと、設備のメンテナンスを目的としたリフォームのほか、基本的な構造部分や今後の暮らしを考慮したリフォームも求められます。多面的なリフォームが必要となるため、費用もどうしても膨らみがちです。実際のところ、どのくらいかかるのでしょうか?相場をチェックしてみましょう!

    LIMIA 住まい部
    • 2784
    • 12
  11. 築31年の一戸建を中古リノベ。耐震や断熱にも配慮した安心エコ住宅

    築31年の一戸建てを中古購入。購入した家は水回りをはじめ設備が老朽化しており、4DKの間取りは細かく仕切られているために暗く使いづらいものでした。そこで設備を一新するとともに、間取りを大きく変更し開放感のある2LDKにリノベーションを行いました。 特に大きく変わったのが1階の間取り。1階には2部屋の和室、4.5帖のダイニングキッチンがありました。この空間を1つにまとめ、広々としたリビングダイニングとしました。さらにリビングからお庭へ続く掃出し窓にウッドデッキをつくったことで、リビングの開放感はさらに増しました。 リノベーションする上で意識したのは上質感。空間も一つ一つをゆったりと取り、設備や素材も上質感のあるものを選びました。内装は濃茶をベースに白や黒などシックなトーンでまとめ落ち着いた空間を演出しました。 今回間取りを大きく変更するために、間仕切り壁などをいくつか取り払いましたが、これにあたっては構造計算を行い、耐震補強をし安全性を確保しました。また、断熱性の高いエコな住宅を目指し、屋根には断熱性の高い屋根材を、床・壁・天井には断熱材を施し、全ての窓にペアガラスを採用するなど見た目だけではなく暮らしやすいお家が実現しました。

    朝日住宅リフォーム
    • 2468
    • 8
  12. リフォーム前に知っておきたい!築50年のリフォームポイントと注意点とは?

    「築50年経ったから、そろそろ建て替え時期だ」と判断されることも少なくないはずです。しかし、建て替えよりもリフォームの方がよい場合もたくさんあります。今回は、築50年経った家をリフォームするポイントとリフォーム成功実例をご紹介しましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 3866
    • 10
  13. 築45年オーバーでも大丈夫!?リフォームのポイントと注意点とは?

    一般的に、住宅の寿命は約30年と言われています。そう考えると築45年の住宅は、寿命をはるかに超過したオンボロの印象を受けるかもしれません。しかし、きちんとした掃除やメンテナンスを行い、老朽化を補填するリフォームを行えば、寿命を70年近くまで伸ばすことも可能だと言われています。思い出のたくさん詰まった住宅だからこそ、長く住み続けたいと思う人、マイホームの費用を節約したいと考える人は、築45年を超える古い住宅のリフォームを検討してみるとよいでしょう。ここでは、そんな古い住宅をリフォームする上でのポイントや注意点などをご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 5798
    • 9

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    186件中 81 - 100 件を表示