広さ

「広さ」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「広さ」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 6畳のお部屋をコルクマットで簡単にDIY!

    ワンルームだけでなく、多くのお家に存在する6畳のお部屋。 一番使い勝手のいい広さだけど、床の防音対策やキズ防止など対策はされていますか? それらを簡単に解決してくれるのが、コルクマット。 コルクマットはジグソーパズルのように、ハメ込むだけで誰でも簡単に敷くことのできるジョイント式のマット。 天然素材であるコルクシートの裏面に、クッション性のあるEVA素材を貼り合わせているから、防音・弾力性があって赤ちゃんやペットのいるご家庭におすすめの床材です。 6畳の場合、どのぐらいコルクマットが必要なのか、調べてみましょう。

    コルクマット専門店
    • 1592
    • 4
  2. お部屋にぴったりなコルクマットの枚数は?

    コルクマットはジグソーパズルのように、ハメ込むだけで誰でも簡単に敷くことのできるジョイント式のマット。 天然素材であるコルクシートの裏面に、クッション性のあるEVA素材を貼り合わせているから、防音・弾力性があって赤ちゃんやペットのいるご家庭におすすめの床材です。 6畳の場合、8畳の場合など、サイズによってどのぐらいコルクマットが必要なのか、調べてみましょう。

    コルクマット専門店
    • 1122
    • 5
  3. 【間接照明】そのやわらかな光は、古より引き継がれた日本人ならではの繊細な感性が際立つひかり。

    戦後、日本の照明は蛍光灯の導入により、真上からお部屋全体を明るく照らす照明器具が主流となり、室内で明暗が出る事はなくなりました。 はるか昔は、ろうそくを主体とした燈台や行燈で室内の明かりを得ようとしていたわけですから、暗がりに物の怪がいるですとか、夜盗が潜んでいても気づきにくかったりですとか、夜は長く、どれだけ恐ろしい時間であると思われたことでしょうか。 その反面、恐ろしいだけではなく明暗があることにより、透かし和紙のように明暗があることによる「美しさ」に気が付く事が出来たのは、やはり日本人の感受性の豊かさから来るもので、その「美しさ」を忘れてしまった日本人はもったいない!!と、何かの番組で、外国人和紙職人の方が力強くおっしゃっていました。 確かに便利な生活を過ごすうえでは、燭台に灯した「ろうそく」や行燈では過ごせませんが、やわらかな明暗のある光を忘れたわけではありません。 だってその証拠に、私たちは間接照明のある空間に癒され、リラックスすることが出来るのですから・・・。 お部屋の広がりも感じさせてくれる間接照明は、おしゃれでムーディーな空間の演出効果もあるので、カフェやバーなどでも多く使われます。 住宅でも間接照明のある住まいを「オシャレなお家」との印象をもたれる事と思います。 今日は、そんな【間接照明】のある住まいを何点かピックアップしてみました(*^_^*)

    株式会社ダンデ・ライズ
    • 1377
    • 6

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード