家づくり

誰もが、魅力的な家に住みたいと願っているはず。そのためには、しっかりとした理想をもった家づくりが大切です。ここでは、家づくりに関する豊富なアイデアや写真付きの事例をまとめていますので、後悔のない家づくりのためにも、こちらを参考に自分の理想を探してみてください!

  1. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 61717
    • 1333
  2. 都市における都市のための快適で省エネなパッシブモダン住宅

    大阪府東大阪市、JR鴻池新田駅から徒歩5分。閑静な住宅街の中に佇むタイコーのショールーム"Room"。 南向き4間間口の恵まれた敷地条件。しかしながら密集した都市部である事から、将来においても暖かい採光を得るために2階にLDK、新提案のアウトドアルーム"room"を配置。 グレーを基調としたインテリアが特徴的なタイコー流都市型パッシブモダン住宅です。 都市型はその名の通り、都市部の住宅で「敷地が狭い」「南間口ではない」「前面道路が狭い」「周辺は3階建て」など、積極的に南からの光をとりにくい条件が揃う中で、隣家とのプライバシーを守りながらもできる限りの太陽の光と熱を得つつ、増えたエネルギーについてはより高断熱高気密化することでエネルギーのバランスを取ろうという設計手法です。 太陽や風等、自然の力を利用して「夏涼しく、冬暖かく」過ごすためのパッシブ設計。夏の日差しはどうやって防ぐのか?冬の日射を取り込むには?取り込んだ熱を逃がさないためには?すべてこのRoomで実際の設計手法を見て、感じて頂けます。 ぜひご来場ください。 <断熱・気密性能> Q値 :1.11W/m²K UA値 :0.28W/m²K C値 :0.4cm²/m² <仕様> 構造 :耐震構法 SE 構法[木造ラーメン工法] 階数 :2階建て 等級 :耐震等級3[最高等級] 断熱 :G2仕様:ダブル断熱 :屋根外側[Q1ボード| 61mm] :屋根内側[高性能グラスウール16K | 180mm] :壁外側 [Q1ボード | 61mm] :壁内側 [高性能グラスウール16K | 120mm] :基礎外側[スタイロフォームAT | 50mm] :基礎内側 立ち上がり 床面全て[ミラフォームλ | 55mm] 気密 :防水気密シート0.2mm施工 建具 :樹脂アルミ複合サッシ      [U値:1.58W/㎡K(Low-E 複層ガラス仕様)] 木製トリプルサッシ [U値:1.23W/㎡K(Low-E トリプルガラス仕様)] :断熱玄関扉[U値:2.33W/㎡K] 換気 :第一種熱交換型換気システム 熱交換率82%

    タイコーアーキテクト
    • 1034
    • 14
  3. 【プチリフォーム】壁紙だけでここまで変わる!我が家の壁紙貼り替えビフォーアフター大公開!

    お部屋の雰囲気やテイストを変えたい時、壁紙を替えるだけでガラッとお部屋の雰囲気はチェンジする事が出来ます♪ 最近ではDIYで壁紙を貼り替える方も増えていますし、壁紙チェンジは昔よりも断然お手軽になってきています* 今回は、壁紙の張り替えで劇的に雰囲気が変わった我が家の様子を、ビフォー&アフターでご紹介したいと思います!

    BALS@interior
    • 200667
    • 251
  4. 四つ角の家|家の中に4つの小さな家がある住宅

    大阪府堺市。ニュータウン開発に取り残されたなだらかな丘の中腹に計画した住宅。8.1m角の正方形平面をもつ1つの大きな家型をつくり、その中に各頂点から派生した4つの小さな家をつくると、小さな家と家のあいだに十字型の隙間が生まれます。各々の小さな家は機能上の要求から全て異なる気積となるため、隙間は交差点ではなく路地裏の四つ角のような曖昧な歪みを伴った空間となります。小さな家と四つ角は穿った開口によりつながり、裏返され、時には開き時には閉じながら住み手の生活が育まれます。外部は焼杉のテクスチャを纏いながら家型のアイコンに還元し、内部は複雑な空間を構成しながらホワイトキューブに還元する。相反する諸条件がバランスを保ちながら共存できる建築は、ニュータウンと旧村落がせめぎ合いながら互いに歳を重ね、ある種の平衡状態に近づきつつあるこの敷地にあるべき住宅の姿でした。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 3743
    • 18
  5. 【リフォーム実例】アパートの2戸を1戸に。ハンモックのあるリビングで楽しい生活を

    お客さまが所有されている2×4(ツーバイフォー)工法で建築されたアパートの2階部分の2戸をつなげて1戸にリフォームし住みたいとご相談を受けました。 2×4(ツーバイフォー)構造のため、壁を取り払う場所に制限がありましたが、構造を強化しながら、お客さまにとって住みやすくデザイン性もゆずらない素敵な住まいができました。

    株式会社フレッシュハウス
    • 1602
    • 4
  6. 床材や色はどう選ぶ?フローリングを張り替えるときのポイント

    フローリングの張り替えについて、その方法と、どのような種類があるのかについてご紹介します。 長い間住んでいると、「そろそろフローリングが傷んできたな」と感じる方も多いのではないでしょうか。日々生活をしていると、ものを落としたりして少しずつフローリングが傷ついてしまうものです。 傷んでいくのは仕方がないと思う方も多いかもしれませんが、フローリングには適切な張り替え時期があります。

    株式会社フレッシュハウス
    • 1472
    • 2
  7. 【リフォーム実例】雑誌の世界の素敵なインテリアが、現実へ

    家族構成が変わったのをきっかけに古く傷んでいる水回りなど、一気にリフォームしたいとご相談を受けました。 まず、機密性の高いマンションならでは、結露の問題があったのでインナーサッシ、エコカラットで空気、温熱環境を整えるリフォーム。さらに、ご家族が過ごすリビングを主に広く快適にすることで、生活での小さなストレスも解消されるようになりました。

    株式会社フレッシュハウス
    • 2176
    • 5
  8. 【リフォーム実例】カリフォルニアスタイルのペントハウス

    8階建てのビルを所有されているオーナー様の住まいとして、最上階をペントハウスにリノベーション。 各部屋を鮮明な青のドアでリズムよく切り替え、広さを活かして設けたファミリーリビングの奥に主寝室を配し独立感のある落ち着いた空間としています。 無垢のフロアと自然素材の漆喰で包まれた最上階はきれいな風が心地よく抜け、光溢れる格別な空間となりました。

    株式会社フレッシュハウス
    • 1618
    • 5
  9. 都市型狭小三階建ての黒いパッシブハウス

    都市型の三階建て狭小住宅。大阪市内ではもっとも多いのがこの形状だと思います。 土地条件としては 間口約4.8m、奥行き約12m(道路負担除く)、約60㎡実質約18坪(道路負担除く)。 西向き間口のこのお家の南面は現在駐車所になっていますが、将来的には建物が建つことも想定してプランする必要があります。また、間口が狭小であるため、最大有効を考えながらも近隣等の環境プライバシーをよく検討して窓配置を行う必要もありました。 プランとしては、1Fに水回りを集約し、2FのLDKをゆったりと。 各階への通風・採光は、階段スペースを利用してつなぐ。そんなお家となりました。モダンシックなダークトーンで外観・内観ともにコーディネイトした、スタイリッシュなお家です。よく「吹き抜けや階段のドアが無い家は寒くないですか?」とお客様にご質問されることがありますが、実際は逆です。狭小住宅で小さく仕切ることは、視覚的・日射・通風上・最大有効面積どの点においても不利になります。そもそも、居室部分と非居室の空間との境界にドアがないと温度差ができてしまう家、そこに根本的な問題のある「非健康住宅」であると認識してください。 これからの新しい都市型住宅のカタチを、快適な断熱性能の視点からリモデルしたタイコーならではのお家です。

    タイコーアーキテクト
    • 1192
    • 5
  10. 空間を活かそう!トイレの収納を増やすリフォームのアイデア

    トイレは、住空間の中で一番狭い場所でありながら、一番快適さを求めたい場所でもあります。もしもトイレが乱雑になっているとしたら、そこでゆっくりしたいとは思えません。 そこで今回は、トイレの収納スペースを増やすリフォームについてお伝えいたします。

    株式会社フレッシュハウス
    • 2055
    • 3
  11. ベトナムのhomifyにて【里の家~玖珠万年山の麓 実りある住まい~】が紹介されました。

    ベトナムのhomifyにて里の家が紹介されました。 Cuộc sống yên bình trong ngôi nhà Nhật 2 tầng giữa vùng thôn quê (訳:田園の中の日本の家 2階で静かな生活) ベトナムの建築にも見られる共通点や、日本建築ならではの特徴等が記されています。 外国の方が書かれる文章は客観的且つ明快で、あらためてこの家の在り方を感じることができました。 ひと手間かかりますが翻訳してご覧いただければ幸いです。 homify vietnam https://www.homify.vn/ideabooks/6210594/ 里の家~玖珠万年山の麓 実りある住まい~ http://www.geocities.jp/team_yamatani/y_housesato.html

    山道勉建築
    • 713
    • 1
  12. 家づくりは「決める」の連続。自分で納得して決められたか、それが大事

    あんなに夢見ていたマイホームだけど、いざはじめてみると、家づくりは迷いと悩みの連続。間取り迷子やマイホームブルーに陥っている人も多いのではないでしょうか。 そんな迷える子羊たちに送る「家づくりの哲学」コラム。 誰かの判断を信じるだけで、自分で納得して決められなかったら、あとあと必ずしこりが残ります。 少し深呼吸して、自分の悩みを整理していくだけで、マイホームブルーから一歩前に進めるかも!今日はそんなお話です。

    ホームデザイナー erisa
    • 1457
    • 11

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    592件中 1 - 20 件を表示