ハウスメーカー

ハウスメーカーに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすくハウスメーカーについてご紹介しています。

  1. テレビ台(テレビボード)選びの失敗談

    テレビ台(テレビボード)選びの失敗の経験は誰もがしていると思い、 失敗談を聞かせて欲しいと呼びかけてみたところこんなに多くの失敗談が寄せられるとは思っても見ませんでした。 テレビボードを開発している身としてはもちろんこれらの貴重な体験を生かしますが、これから新築やリフォーム、引越しなどでテレビボードやほかの家具を選ぶ必要がある方にはぜひ参考にしてもらいたいと思っています。そして家や家具の設計の参考になればと思っています。

    カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
    • 12448
    • 23
  2. おしゃれでモダンなTVボード|完全オーダーのフロートタイプTVボードをお届けします【全国対応】

    おしゃれなTVボードとは家のインテリアの邪魔にならないことです。 配線コードやコンセントすら見せることなく床も綺麗に見せるためには 浮いている(フロート)形にする必要がありました。 そしてどこにも存在しなかったこのフロートタイプのTVボードは 2004年、とあるハウスメーカーのモデルハウスで世間の目に触れることとなったのです。

    カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
    • 5379
    • 34
  3. フランク・ロイド・ライトの意思・思想を、現代日本に受け継ぐ。

    有機的建築の提唱者である、巨匠建築家フランク・ロイド・ライト。この住まいは、日本の住宅や住まい方に調和するよう、 ライトの愛弟子であるジョン・ラッタンバリーによって現代の技術を取り入れて設計されました。 その佇まいに現れるのは、日本の家族のライフスタイルや文化、そして伝統への敬意。もし、フランク・ロイド・ライトが 今の日本で家を設計したなら、こんな住まいになったことでしょう。 また、内側から湧き出すようにデザインされ、家族を育む空間がある「自然の家」という顔も持っています。

    ロイヤルウッド株式会社
    • 1309
    • 10
  4. 色褪せない経年変化の美しさ

    フランク・ロイド・ライトの有機的建築の空間概念と日本の気候風土にあった日本建築の豊かさとを融合することで生まれる「居心地のよい日々の暮らし」の実現を目指す、新しい「住まい」の提案です。 リビングにアールを使用することにより、家の内観・外観共に迫力のある造りとなっております。 NEWバージョンのオークパークにぜひ足をお運びくださいませ。

    ロイヤルウッド株式会社
    • 961
    • 4
  5. 100余年を過ごし、今なお40軒あまりの家が実在し、 ライトの意思・思想を語り継ぐ…

    モニュメントのように浮かび上がる落水荘。 時代を超えて人々を惹きつけるこの住まいは、その「姿」とともに【隅】をデザインすることで、気持ちの良い場が生まれています。 「美意識」とともに本当の心地よさを表現して欲しい… そんな思いを込めて、ミルランが誕生しました。

    ロイヤルウッド株式会社
    • 1958
    • 4
  6. 革新的なその空間から生まれたものは、心地よさ。

    シカゴ郊外にある街・オークパークは、フランク・ロイド・ライトにより数多く建築された住まいが残る街でもあります。 欧州の伝統様式が主流だった当時の住まいを、ライトは「まるで空気穴をくりぬいた箱のようだ」と批判し、空間を開放する独自の住宅を創り上げました。 この住まいは、その街に建築された住まいをイメージし、日本の住環境に合わせて開発。 「人が心地よく過ごせる空間」を第一に考えた住まいとして誕生しました。

    ロイヤルウッド株式会社
    • 1876
    • 3
  7. 鉄筋コンクリートが演出する“つながり”の間

    moonstreamは、AZALEAと同じく堀越英嗣氏の協力を得ながら 都心部の周辺環境や街並みとつながるコンクリートの家を意識したコンセプトです。 鉄筋コンクリート構造の特性を生かし大きな窓による開口部を設け、外と内のつながりを持つ大空間のLDKや桂離宮の月見台をモチーフにした水盤の眺めを愉しむ和室、 家庭菜園をも可能にした屋上スペースなど家族の繋がりを意図しています。 何年経っても色褪せることのない意匠性と家族の団欒をご体感ください。

    ロイヤルウッド株式会社
    • 968
    • 2
  8. 有機と和が織りなす、暮らしの豊かさがある

    この住まいが目指したものは、フランク・ロイド・ライトの有機的空間概念と、 日本の気候風土に合った日本建築を融合させること。 ここで手にできるものは、「居心地のよい日々の暮らし」です。 アザレアでは、ライトがユーソニアン住宅で試みた内部空間と外部空間をほどよく一体化させ、 家族同士が適度な距離で存在を感じられるよう設計。 家族ひとり一人が「個」を確保しながらも、お互いの気配を感じられる。 それでいて一体感をもてる空間を実現しています。

    ロイヤルウッド株式会社
    • 1319
    • 2
  9. 大きな懐に抱かれるように、のびやかに暮らす。

    訪れた者に驚きを与える、深い軒と緩勾配の屋根。外界と隔てることなく風景を受け入れる、 リビングに配された3面の連続窓。地平線のような、安定した安らぎと落ち着きをもたらす水平ライン。 プレーリー様式の黄金律である、十字形の平面から成る美しいシルエット。 それらすべてを伝統や建築様式に縛られることなく、のびやかに、大らかに表現。 大地に抱かれて暮らすような温もりと開放感にあふれた空間としてまとめあげました。

    ロイヤルウッド株式会社
    • 1441
    • 0

198件中 1 - 20 件を表示