倉庫リノベーション

「倉庫リノベーション」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「倉庫リノベーション」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. アパートリフォームを成功させるポイントとは

    近年は、古くなった住まいをリフォームして長く住むスタイルが人気です。中にはアパートリフォームを考えている方もいるでしょう。しかし、リフォームするには大きな資金が必要です。そう何度もできることではないため、あらかじめリフォームのポイントを学んでおき、後悔のないように計画を進めていくことが大切です。ここでは、アパートリフォームを行う前に知っておくべき基礎知識をまとめました。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1489
    • 4
  2. 倉庫を住まいに大改造!リフォームのポイントは?

    「古い倉庫が不要になったが、解体もできず持て余している」「新たな居住空間が必要になったが、手元にあるのは使わない倉庫だけ…」こんなお悩みはありませんか?使わなくなった古い倉庫も、リフォームで住居に変身させることができます。しかも、倉庫の特徴をうまく生かせば、普通の家よりおしゃれで楽しい住まいを実現することだって可能です。 今回は、倉庫を住まいにリフォームするためのポイントをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1565
    • 3
  3. 倉庫をリフォームしたい!おすすめの方法や注意点は?

    「使わなくなった倉庫をリフォームして再生したい」もしくは「倉庫を改装して住宅やお店など他の用途にできたら…」と考えていませんか?もちろん可能ですし、倉庫は用途変更リフォームの自由度も比較的高いといわれています。ここでは倉庫のリフォームについてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1402
    • 1
  4. 500万円の予算でどこまでリフォームできる?

    500万円というと、多くのご家庭にとってかなり高額な出費になります。500万円の予算でご自宅のリフォームを考えた場合、「大金を使うのだから、できるだけ失敗や後悔はしたくない」という気持ちが強くなるでしょう。改修が必要な箇所の優先順位の付け方などに気を配り、予算オーバーを防ぎつつも、妥協や漏れのないプランを立てていくことが大切になります。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 15246
    • 4
  5. 倉庫リノベーションにはいくらかかる?費用・相場の基礎知識

    倉庫を住宅や店舗へリノベーションし、転用する事例が増えています。倉庫リノベーションの専門業者などでは「倉庫をリノベーションすると、新築住宅や中古住宅のリノベーションより費用が安い」ことをアピールしているケースも多くなりますが、実際の費用・相場はどれくらいとなっているのでしょうか。 今回は、倉庫リノベーションの費用・相場についてお話しましょう。一般的な倉庫の転用パターンを例に取りながら、だいたいの費用の目安についてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 46790
    • 11
  6. 倉庫を住宅にリノベーションできる?実現のポイントをご紹介!

    中古住宅などのリノベーションが一般化し、住宅以外の建物をリノベーションする流れも起こってきています。なかでも多くなりつつあるケースが、倉庫のリノベーションでしょう。使わない倉庫をレストランやカフェなどにリノベーションした例が多くのメディアでも取り上げられています。しかし、倉庫だった建物から住宅へのリノベーション事例はまだ少ないかもしれません。 そこで今回は、倉庫から住宅へのリノベーションについてお話しましょう。メリットや注意点、事例など参考になる情報を集めてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 5686
    • 4
  7. 倉庫をおしゃれにリノベーションして、カフェ・店舗に大改造!

    倉庫をリノベーションした、「倉庫カフェ」と呼ばれるおしゃれなスポットが各地で話題になりました。大手飲食店検索サイトなどでもたびたび取り上げられており、店舗経営の世界でも「倉庫リノベーション」という特色は新たなキャラクター性を生んでいます。いまや、倉庫を改修したカフェや店舗は、人気のお店の1ジャンルになったと言ってもよいでしょう。 そこで今回は、倉庫からカフェや店舗へのリノベーションについてお話しましょう。そのメリットやリノベーション成功のポイント、事例などもご紹介します。倉庫のリノベーションをご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 6045
    • 3
  8. 暮らし心地を良くする!鉄筋コンクリート住宅のリノベーション

    断熱性や気密性、防音性能にも優れるなど抜群の機能性を誇ると言われている鉄筋コンクリート造(RC造)住宅。しかし、短所が全くないというわけではありません。リノベーションで弱点を克服し、かつ定期的なメンテナンスを施せば、100年住宅とも呼ばれる長い耐用年数を実現できる可能性もあります。また、耐用年数が長いが故に、不動産としての価値が下がりにくいため、大掛かりなリノベーションが無駄になりにくいのもポイントのひとつです。ここでは、そんな鉄筋コンクリート住宅のリノベーションについてご説明いたします。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2152
    • 2
  9. 近江八幡のワークスペース『はちぷちひろば』(倉庫の中に小さな家が建ち並ぶ空間)

    ボリュームを感じる空間  今回は、倉庫の一部を改装したプロジェクトです。 この倉庫は、現在一部を事務所として利用しています。 今回は、残りの余地空間を使い、誰もが気軽に立ち寄れる多目的なワークスペース作りたいという依頼を受け、倉庫の中に箱庭のような空間をつくりコミュニティーをはかる場所にできないかと考えました。 そこで私たちは、様々な用途を担う家型のボリュームを倉庫の中に並べ、そのボリュームの大きさを少しずつ変化させ円に沿うように配置し、その中心に広場という要素を生み出すことにしました。 家型のボリューム空間から広場を見ることで、外にいるような感覚を人々に与え、広場から家型のボリュームを見ることで、家が立ち並ぶ街並みを彷彿させます。 また、家型の大きさを変化させることで、流動的な空間が作りだされていきます。 ワークショップ等を通して、人々がこの場所を訪れ、様々な空間の広がりを感じ、屋外にいるような感覚を感じ、五感で体感してもらえるような空間をつくりました。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 439
    • 5
  10. 石部の家(倉庫をリノベーションしたかのような新築の住まい)

    本計画はクライアントの「倉庫をリノベーションしたような住まい」という言葉からスタートしたプロジェクトです。 近年住まい方の多様化もあり、金額面を考え既存倉庫をリノベーションしたような住まいが流行っています。 しかしながら実際は、しっかりと住居として考えるには断熱性能や構造面を配慮する必要があり、結局のところ新築並みの金額がかかってしまうことが多々あります。 そこで、本計画では新築で「倉庫をリノベーションしたような住まい」をつくりだし多様で豊かな空間を試みました。 敷地は古くからある住宅地と新しい分譲地の間に位置し三方を細長い生活道路に囲まれた敷地です。 そこで私たちはまず、昔からこの場所に元々存在するような倉庫を生み出し、その倉庫を施主の手で一つ一つリノベーションしていったかのように丁寧に設計を行っていきました。 外部と内部のつながりを大切にしながら、内部空間ではホワイトキューブを1つ設け、その中にプライバシーの必要な機能を閉じ込めました。全体としては、緩やかに繋がるスキップの空間とし、あえて空間の機能を限定しない平面計画を行い、施主の手で長い時間をかけて愛着のもてる空間を作っていける余白を設けました。 新築とすることで耐久性や環境負荷を考慮しながら時間軸までもデザインし、まるでそこに今まで濃く生活の豊かさへと変化することを私たちは期待しています。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 623
    • 6

おすすめ

話題のキーワード