造作収納

「造作収納」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「造作収納」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 野路の家(収納家具をテーマにした家づくり)

    -家具の家- 3人のお子さんと一緒に暮らされているご夫婦。 現在、マンションでの5人住まいでは手狭に感じ、一戸建ての住宅を建てることを決められ、今回の計画がスタートしました。 土地は、最寄りの駅から徒歩15分程度で立地のよい場所で約45坪の市街地の敷地です。 お子さんの成長に伴い、増えるであろう3人のお子さんの荷物の収納スペースを確保したいけど、収納を優先することで、広いリビングで家族の陽気で心地の良い居場所を作れるのだろうか・・・ということを心配されていました。 限られた床面積の中で、家族5人の暮らし方を豊かなにしながら日常生活に必ず必要な 収納をふんだんに設けることのできる家づくりを考えました。 そこで、私たちは、収納のあり方を見つめ直すことで、空間を有効に利用することが出来ないか考えました。 収納というと、クローゼット・納戸・押入といった名前を持つ空間(スペース)を作るのが一般的で 空間に開かず閉鎖的で、限られた空間の中で収納を確保するためにリビング空間などの生活部分の広さを犠牲にしています。 どこに何を収納するべきかということを考えながら、収納という空間をただ単に設けるのではなく、収納に+αの機能を持たせることを試みました。 階段が収納の一部になり、収納が勉強机となり、椅子が収納となる。+αの機能を持つ収納を点在させることで、空間には余白が生まれていきます。 その余白部分にお子さんが入り込むことで、お子さんの遊びスペース・隠れ家空間に変化していきます。こうした収納と機能と生活空間をゆるやかに繋げることにより、 多様で豊かな空間が生まれました。 収納は物を片付けるだけの空間という考え方をせず、壁面に収納する家具を点在させることで、無駄なスペースが無くなり、空間を広く使え、収納が日常の一部に溶け込み、あちらこちらでお子さんの姿を感じることが出来る、にぎやかな空間をつくることが出来ました。 物を片付けるだけの収納空間に付加価値をつけることで、今までにない伸びやかな空間設計を試みた住宅となった。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 1392
    • 11
  2. ディスプレイして楽しむ?機能的に収納する? リノベするならお勧めの【造作収納】

    持ち物が増えるたびに増えていく家具や収納アイテム。家の中が雑然としている、片付かない・・その原因は、アイテムの揃わない家具などの箱ものかもしれません。おうちが片付かないのをきっかけにリフォームに踏み切られるお客様が実はとても多いのが現状。 収納の見直しをしたい方にお勧めなのが造作収納棚。片付かない悪循環を一旦リセットして、家の収納を見直してみませんか?

    リフォームプライス〔ホームテック(株)〕
    • 3180
    • 11
  3. 自然素材でハワイアンに♪収納も充実の洋室。

    サイザル麻の自然素材カーペットと、パイン無垢の羽目板で、ハワイアンにリフォームした洋室。 窓側には、造作収納とパソコンカウンターを設けました。 プリンターはもちろん、書類や小物の収納としても活躍します。 反対側には、ウォークインクローゼットと奥様の着物を納める可動棚収納を確保しました。

    湘南リフォーム(株式会社ステラ)
    • 1495
    • 5
  4. 自然素材でハワイアンに♪収納も充実の洋室。

    サイザル麻の自然素材カーペットと、パイン無垢の羽目板で、ハワイアンにリフォームした洋室。 窓側には、造作収納とパソコンカウンターを設けました。 プリンターはもちろん、書類や小物の収納としても活躍します。 反対側には、ウォークインクローゼットと奥様の着物を納める可動棚収納を確保しました。

    湘南リフォーム(株式会社ステラ)
    • 1562
    • 2
  5. オリジナルキッチンと家具で光と風が遊ぶ憧れのリビングに

    築17年の戸建住宅に家族4人でお住まいのお客様ご一家。使いづらい動線と間取りの住まいをリノベーションして快適に暮らせるようにしたいというご希望でした。1階の使っていなかった和室と広縁は一体化して広々としたLDKに。使いやすさとデザイン性の両方にこだわったキッチンや、白を基調としたモダンなリビングの収納棚はオリジナルの造作です。水まわりや、それぞれのお部屋がすべて行き止まりになっていた動線でしたので、ぐるぐると回遊できる間取りに変更。家事動線の効率をアップさせると同時に、家の中に光と風の流れを作りました。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 1008
    • 8
  6. 守山のマンションリノベーション(広さを感じる間仕切り収納のあるマンションリノベ)

    広がりを感じる間仕切り 本計画は、滋賀県守山市駅前にある築30年のマンションである一室をリノベーションしたプロジェクトです。 一室は、約68㎡(20坪)ほどの空間です。 この限られた空間の中で、必要部屋数を確保すようとすると、リビング空間は満足な広さがなかなか設けることができず、狭くなってしまいます。 そこで今回は、各部屋を仕切る間仕切りかたに着目しました。 一般的な間仕切り壁は、空間を分けるためにもうけます。 完璧に空間を分けてしまうと、部屋は狭くなってしまうため、間仕切りをスリットの要領で一定方向に連続して配置させます。 そうすることで、壁という圧迫感を軽減させ、かつ、スリット状に間仕切り壁を配置させることで、スリットの間仕切りで仕切られた部屋と部屋がこの壁を介し、お互いの空間を共有することができ、空間を広く感じることができます。 またスリット状になっているので、見る角度によって目隠しの効果を生み出し、壁と壁の間に棚を付けることで、収納の役目を果たし、物を片付けることで部屋と部屋の視線を遮ることができます。 壁という概念を少し違う角度から見つめなおすことで、空間と空間を緩やかに繋ぐことを可能にし、広がりのある空間となるようにしました。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 426
    • 6