ピアノ

「ピアノ」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ピアノ」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. お子様の習い事レッスンバッグをスッキリ収納♪ただ入れるだけなので続くんです!

    ピアノにスイミング、そろばん、公文や塾 最近のお子さんは色々な習い事をしていますよね そして習い事ごとにレッスンバッグを分けている方がほとんどだと思います。 我が家もそうです。 カラフルなレッスンバッグがリビングのあちらこちらで置きっぱなしになっていませんか? ちゃんとレッスンバッグも住所をつくってあげましょう♪ ポイントはカゴに入れるだけ、フックにかけるだけ、など 小さなお子様でもできるように簡単であることと、 お子様の生活動線、つまり自然に通る場所に近ければ近いほど習慣になりやすいです。

    整理収納アドバイザーKazumi
    • 26314
    • 33
  2. カントリースタイルの家

    ダークグリーンの外壁に白い幕板がアクセントのおしゃれなカントリースタイルのおうちです。リビングの天井を梁表しにしたり、壁紙やドア&照明など全体の雰囲気と調和するように配慮された、お施主様ご希望の内装デザイン。カントリースタイルの外観と内観が統一されたおうちです。リビングの計算された照明が木の空間と相まって、とても落ち着きのあるくつろぎのLDKとなっています。小屋裏には大容量の収納スペースが完備。ご主人のバイク用ガレージも完備です。

    伸和ハウス
    • 2878
    • 7
  3. 音楽空間を飾る蒔絵メトロノーム

    音楽家や音楽を楽しむお部屋に、こんなインテリアアクセサリーはいかがでしょうか。 ピアニストや音楽関係者の皆様から応援いただいて、日本のメトロノームメーカーとドイツのメーカーとの提携で、漆塗の蒔絵メトロノームを制作しました。 試作第一号がピアノの才能豊かなライス前米国務長官の手元に、縁あり嫁いでいます。フランス パリの帰りドイツ シュトゥットガルト空港まで200キロ離れたISNYから迎えに来ていただいて、ウィットナー社工場をご案内頂き、商品化させていただいたなど、色々なストーリーが詰まったすてきな装飾メトロノームです。 蒔絵や伝統工芸ともうしましても、漆器に描かれた蒔絵らしい装飾や技術そのままでは、昔のままを継承する事では、美術工芸や世界ではアンティークとしての価値評価を受けるのみだと考えています。 音楽の感性豊かな方への装飾提案が認められるようなデザインアイデアに挑んでみたい、そんな思いや、若い漆芸家の皆さんのチャレンジのチャンスを込めた品です。

    アトリエMITANI
    • 606
    • 0
  4. ~ガレージ付木造3階建てカントリースタイルの家~

    アンティーク調の機能ポールが家人の帰宅をお向かえします。玄関ドアはトステムの断熱玄関ドア・フォラード 南欧風。木目調の玄関ドアと石貼りの外壁がなんとなく仏蘭西の片田舎の住まいを思わせます。 玄関横の木製の扉は、ご主人様の趣味であるドラムが収納されています。実は、建物前方に耐力壁が必要で、その耐力壁の間に挟まれた無駄な空間を利用しての収納なのです。でも、ちょっとした外部収納があると、とても便利ですね。 敷地横に水路がながれているので、防犯上鋳物フェンスを造作し、フェンスに花の小鉢を飾りました。また、ガレージ部分は、R状の開口部をとり、ガレージを明るくしています。 2階リビングプランなので、日当たりと風通しが非常に良いリビングです。 リビングの向こうはセルロースファイバーの防音性を利用したピアノ室で、完全防音ではありませんが、かなり音を減衰させます。 ピアノ室のドアだけ、防音ドアにする為に、唯一新建材を使用しています。

    Anhouse
    • 861
    • 7
  5. ピアノの家

    そろって音楽すきのご家族のお宅。プログラムは3世代5名が暮らす2世帯住宅です。 まずは外観です。平面的にも、立面的にも斜めが特徴です。この斜めの理由は? 敷地内の斜めのラインで防火・準防火地域が別れるため、そのラインを超えないよう、準防火地域内に建てています。お庭は防火地域という事になります。 屋根の斜めラインは、北側斜線制限という、法規のラインに沿っています。

    sou建築設計室
    • 779
    • 0
  6. さあ どうする?

    30坪未満の狭小な土地! 南側は今は空き地だが、将来は絶対に建物が建つ可能性が大! 限られた予算・・・ さあ どうする? どうしても、お客様の夢を叶えたい!!! この強い思いだけで、取り組みました。 まず、南側は空き地だが将来的には絶対に建物が建つ、でもどんな建物が建つのかがわからない。 なので、自然光を取り入れることがとても難しくなる場合がある等難題でした。 お客様と何度も話し合いをして、少しでも多くの要望を取り入れた家創りをしようと懸命に取り組んだ結果。 ・1階は寝室(子供部屋+主寝室)や書斎、納戸を配置 ・2階にLDK、水廻りなどの生活スペース、2階を少しせり出して少しでも床面積を増やす という枠組みができあがりました。 まず、1階の間取りの問題片付けです! 「寝室、書斎、納戸を持ってくる」これは決まりました。 次に、奥様の要望で、外から帰ってきたら直ぐに手洗いうがいができる場所が欲しい。 土間収納が欲しいし、そこからも家へ上がれるようにしたい。 旦那様の要望で、趣味のガンプラ作りが出来るように、書斎には換気扇と出来上がった物を子供達に壊されないようにカギを外からかけたい。 お子様のピアノを置きたいが2階に置くとその分狭くなるので1階に置けるか? さあ どうする? まず、忘れてはいけないのが”ここの土地は30坪未満”という事です! 色々なものを詰め込めば、それぞれが狭くなり絶対に使いづらくなる! お客様より「平成建設にお願いしたい!」と言われたその時から、最高の建物を建てて見せる!! プロ魂がうずきました。だから、妥協は絶対にしたくないんです。 みなさんなら どうします? 続きは、さあ どうする? その② でご紹介します。

    平成建設一級建築士事務所
    • 1747
    • 11

おすすめ

話題のキーワード