リフォームのアイデア(40ぺージ)

リフォームの費用・相場・事例やノウハウなど、これからリフォームをしようという方に読んで欲しい情報満載。キッチンやバス、トイレなどの部位別リフォーム情報や、マンション・一戸建てなどの建物別のリフォーム情報も押さえてあります。簡単見積もり・相談も無料で受付中です。今の住まいに満足していても、経年劣化による傷みが出てきたり、ライフスタイルの変化による不都合が出てきたりすることがあります。もともとの住まいを生かしながら、さらに暮らしやすい空間を作ることができるのがリフォームの魅力。でも「費用や相場はどのくらい?」「メリット・デメリットは?」など、疑問や不安はつきないものです。そこで、リフォームの基本的な知識やリフォームを成功させるためのコツ、起こりがちなトラブルなどを、事例とともにご紹介。家をまるごとフルリフォームする場合から、キッチン、浴室、トイレをはじめとする水回りのリフォーム、外壁や屋根といったエクステリアのリフォーム、DIYでリフォームする場合など、幅広くリフォームについて知っておきたい情報をまとめました。部屋をどのようにリフォームするか、実際の画像を見ながらイメージを固めたい人はもちろん、リフォームの費用面や相場(ローンや補助金)について知りたい方にも参考になる記事が満載です。

  1. 輸入住宅って何だろう? その本質とは・・・

    輸入住宅って何でしょうか? 今更という気もしますが、その本質を紐解いてみたいと思います。 欧米の住宅への憧れから輸入住宅を建てたいと思う方、また海外生活を経験された方がその良さに惹かれ建てられるなど、輸入住宅の需要は根強くあります。 当社自身も、輸入住宅を広めたいという思いでスタートしました。 それでは何故輸入住宅だったのでしょうか。 決して、単に外観が綺麗だとか、海外への憧れといった表面的なものではありません。 それは、本物の素材を使い価値ある家づくりをしているからです。 高度成長以来、日本の住宅は、大手ハウスメーカーが主導し大量生産大量消費の効率重視の考えのもと、画一的で無機質なものへと変わっていきました。 そして、当時は新建材と呼ばれた工業化製品も今や標準的なものとなり、逆に伝統的に使われてきた良い素材が異質なものと見られるようになってしまいました。 しかし、輸入住宅と呼ばれる欧米の住宅は、価値ある本物の素材でつくり続けられています。 住宅の耐久性の比較にあるように、日本の住宅は欧米と比較すると極端に寿命が短い(約30年)ことでもそれは分かると思います。 このように、輸入住宅の本質とは、欧米の価値ある家づくりに倣い、本当の家づくりをしましょうということなのです。 外観だけではなく、その考え方やポリシーこそが大切だということなのです。 ところで、輸出住宅って聞いたことないですよね。 日本の住宅が真に素晴らしければ、輸入住宅があるように輸出住宅もあってしかるべきです。 輸出立国日本において、その対象外になっているのは、悲しい事に住宅とそれに使われる建材だけかもしれません。 胸をはって海外に広められる住宅にしていきたいものです!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 405
    • 4
  2. ”質感の有るリビング”

    水回りリフォームって沢山ご相談があります。住設機器はネットで買うとか色々安価にする方法をとられるお客様もいらっしゃります。 金額的に値段が張る所でもあるので、皆様お悩みの所だと思うんですが、取り付け工事がどこに頼んだらよいか、施工は大丈夫か等ここにも壁が出て来てしまいます。 比較的私共では住設機器の単価は抑えるように努力してきています、同様他社も工夫しているとおもいます。 一例としては提案力と出来上がりに満足していただく事が大事かなと思いますバリューですね。

    アースデザイン whiz Asiahouse
    • 616
    • 17
  3. 【終了】野村不動産リフォーム・リフォーム大相談会inPanasonicリビングショウルーム

    10月22日にパナソニック リビング ショウルーム東京、29日にパナソニック リビング ショウルーム横浜で開催される野村不動産リフォームの秋のリフォーム大相談会の詳細について解説いたします。ご来場予定の方、ご来場を検討されている方必見です。

    野村不動産リフォーム
    • 615
    • 5
  4. 外壁塗装が老朽化すると、建物が劣化する!

    外壁にヒビが入り、塗装が剥がれ落ちたまま放置された住宅を見かけることがあります。でも、家の中はとてもきれいに保たれ、庭はしっかりと手入れされているのというケースが意外と多いのです。 建物の外側は多少傷んでいても、家の中は大丈夫!と、思っていませんか?それは、大きな間違いです。

    yokohama nure+ 株ヨコハマ塗リタス
    • 92
    • 4
  5. 外壁塗装工事では屋根瓦の塗り直しも必要?

    外壁の塗り直しをするときに、屋根の塗り直しも同時に行うことがあります。 住宅の屋根も、外壁同様、紫外線や風雨にさらされ劣化が進むので、定期的なメンテナンスが必要です。しかし、瓦の種類によっては塗り直しが不要という場合もあり、本当に塗り直しが必要なのかどうかちょっと迷ってしまいます。 屋根瓦の塗り直しについて、詳しくご説明します。

    yokohama nure+ 株ヨコハマ塗リタス
    • 90
    • 4
  6. 外壁塗装に欠かせない大切な下地処理に注目!

    住宅の外壁リフォームで塗装を行う際に、絶対に欠かせない作業があります。それは、塗装の下地処理です。塗装というと、表面に塗料を塗る作業を思い浮かべる方が多いと思いますが、大事なのは塗装よりも下地処理。外壁塗装の仕上がりは下地処理の精度にかかっているのです。

    yokohama nure+ 株ヨコハマ塗リタス
    • 106
    • 4
  7. 一戸建ての近所付き合いで失敗する前にすべきこと

    住宅を購入する際に、隣近所の方とうまくやっていけるかどうかというのは切実な問題です。一戸建て住宅を買ってしまったら、そう簡単に売って引越しすることはできませんね。 一戸建て住宅の近所付き合いにはどのような問題点があるのでしょうか。近所付き合いで困っている方の悩みと、その対策についてご紹介します。一戸建ての購入を決定する前に、ぜひ参考にしてみてください。

    yokohama nure+ 株ヨコハマ塗リタス
    • 130
    • 4
  8. 逆算インテリアで家づくりの失敗を防ぐプロジェクト

    20年前にカーテンの通販を始めたとき、同業者から売れるわけがないとバカにされた。 ところが世の中にはカーテン選びで悩む人がいっぱいいて、 その解決方法を一緒に考え商品提案する毎日が続き商売が成り立ちました。 時代は変わり様々な機能商品が開発され人々の悩みは解決されたかというと、 今も昔も全く変わらず同じ悩みで繰り返し大勢の人たちが苦しんでいます。 どうして未だにカーテン選びで失敗し、住み心地が悪いと悩む人が絶えないのか? それはカーテンは家づくりの重要なアイテムなんだよ!という認識が、 建築のプロも一般消費者も驚くほど低いためだと気がつきました。 あるアンケート調査では、家づくりで見落としていたと後悔するものに、 「周辺環境・土地環境」が一位になっていました。 環境からの影響をもろに受けるのが、部屋の各所にある「窓」です。 この窓対策は建築計画の段階では、ほとんど考慮されていません。 カーテンなんか引っ越す前に考えればそれで十分、それが間違いだったのです。 「逆算インテリア」とは完成後の居心地のよい住環境をゴールに見据えて、 建築計画の段階から窓対策に相応しいインテリアを考えます。 居心地の良さの定義は人それぞれ違うため、窓対策も柔軟な対応が求められます。 カーテン選びも個人のニーズにあわせて、カスタマイズが必要になりました。 従来の常識を覆す発想の「逆算インテリア」は、セミナーで学ぶことができます。

    カーテンマン
    • 183
    • 4
  9. 意外とお得!中古一戸建て住宅の相場を徹底チェック

    住宅購入という大きな買い物は、一生の間に何度もあるわけではありません。インスピレーションが湧いて一目ぼれで購入を決めてしまうこともあるかもしれませんが、できれば複数の物件を見て、じっくり検討して選びたいですね。 一戸建てを購入する際、新築に絞らずに中古住宅も合わせて検討すると、範囲がぐっと広まり、思いがけない好条件の住宅に出会うことができます。 中古住宅を選ぶ場合の注意点と、中古住宅の相場価格を調べる方法についてご紹介します。

    yokohama nure+ 株ヨコハマ塗リタス
    • 83
    • 4

みんなの投稿コンテスト

2292件中 781 - 800 件を表示