鉄筋コンクリート

「鉄筋コンクリート」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「鉄筋コンクリート」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. デザイナーズ ワンルームマンション・H(学生専用)

    資産として、かつ相続用として土地を購入し賃貸マンションを建て・運営する 個人事業主 さまから、若者・学生用のワンルームマンションを構築したいとの要望です。  土地は、大阪:寝屋川市の京阪鉄道沿線の主要駅より徒歩数分の敷地で、低層の1戸建てが並ぶ住宅街の敷地面積約138㎡ (約42坪)を購入される運びとなりました。 敷地は、マンションを建てるには狭小敷地である為、建築基準法の関係で3階までしか建てられないという条件のもと、敷地・建物の有効利用を考え8戸を備える鉄筋コンクリート打ち放し壁式構造のプランニングで、外壁は特殊な無色透明の撥水材をコーティングを施しております。 近隣が、低層の1戸建てが並ぶ住宅地のため、町並みの調和に配慮した小規模マンションの設計。

    中浦建築事務所
    • 2088
    • 1
  2. キッチンが主役のバリアフリー住宅:スケルトンリフォームの設計

    テーマは「食べる、くつろぐ、寝る。なにげない普段の暮らしが楽しめる住宅」。 間取りを大胆に変えてお母様の寝室を含めたセミワンルームとし、LDKの中心には洗練されたステンレスのアイランドキッチンを選択。 昔ながらの間取り構成では裏の存在だったキッチンを主役とすることで暮らしの快適さを劇的に変化させ、母娘のコミュニケーションも活発になりました。 ワイドなアイランドキッチンは、ホームパーティにも大活躍。 ライフスタイルに新たな楽しみが増えました。 シンク上のペンダント照明がハイクラスのステンレスのシステムキッチンを華やかに彩ります。

    中浦建築事務所
    • 898
    • 8
  3. 欧州のアンティーク家具・建材を取り入れた住宅:週末邸宅

    この住宅のコンセプトは「おもてなし」 住宅のシンボルは、建物全体の存在感を高めるモダンでシンメトリックなコンクリート打ち放しの柱。 お気に入りのアンティーク家具でお客様を迎える玄関ホール。 田園の借景を楽しみながら、友人と語らい食事を共にするスカイテラス。 建築家のセンスが生み出すさまざまなオーダーメードの造作が光る、贅があふれる注文住宅の設計です。 京都南部、眼前に広々とした田園地帯・のどかな景色を見渡せ、澄み渡る空気に満たされ四季折々の変化を感じ得る景勝地であります。 お施主さまは、当初住宅ハウスメーカーと契約をされ「建物+外構」の計画設計の打ち合わせをしておられましたが、それを破棄して当設計事務所に設計依頼される運びとなりました。 喧噪なる都会の雰囲気を離れた田舎風景に建つセカンドハウス・別荘として使用される住宅を、建築家ならではの外構の設計を主とした建築構成にお喜び頂きました。 ファサードの車庫・アプローチと連携したシンメトリックなコンクリート打ち放しの柱に特注外灯を乗せた比類なき表情が、別荘・週末邸宅を訪れた方々に「心が躍る喜び」を与えるものとし好評を得ております。 住宅設計の要素の一つである室内の内装・家具類は、ヨーロッパ・北欧の重厚なアンティーク家具・建材で取り揃えております。 依頼主様には、日頃の仕事の激務からリフレッシュできる週末の憩いの場として、オープンテラスと田園地帯が人と時間を優しく包み込む大人の落ち着いた時間を過ごして頂いております。

    中浦建築事務所
    • 720
    • 4
  4. 3月の展示場イベント情報

    有難うございますJPホームです。 ついこの間まで冬物のコートが必要なくらい寒い日が続いていましたが、近頃随分と暖かくなってきましたね。 この3月の連休はお出かけする機会も多いかと思いますが、当社鉄筋コンクリート造のモデルハウスでもイベントを実施しておりますので、是非お気軽に遊びに来てください!

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 1134
    • 12
  5. 2月のイベント情報(現場見学会編)

    有難うございますJPホームです。 2月に入り地震速報をよく目にする気がします。先日は通勤時電車の中で地震が起こり、一時電車が線路など確認の為ストップするという事態に遭遇しました。 世界に目を移すと、2月6日には台湾南部で最大震度6級(マグニチュード6.4)を記録した地震が発生しました。台南市では9棟の建物が全壊、5棟が傾き、台南市全体で500人以上が負傷しました。2月11日時点で倒壊ビルだけで65人、全体で67人の死亡が確認されています。建物の中には依然およそ60人が取り残されているという報道もあり、一刻も早い救助を願うばかりです。 倒壊したビルには柱や壁を撤去する改築工事や半分以下の鉄筋量など手抜き工事の可能性もあり捜査を進めているようで人災の疑いも出ています。 阪神淡路大震災から21年、東日本大震災からは来月11日で5年の時が過ぎ、時間の経過は確実に当時の記憶を押し流していきます。 今後数十年以内に起こるといわれている、南海トラフ地震への警戒や減災への対策など、行政や各コミュニティでシュミレーションや訓練を行っていますが、どこまで規模を想定してよいのか不明な為、私も含め個人レベルで万全の準備がなかなか出来ていないのではないかと不安を感じてしまいます。 本日は2月のイベントとして、東京・大阪にございます当社施工中の鉄筋コンクリート造住宅工事の様子が分かる見学会開催のお知らせです。 東京本店ではコンクリート造の躯体と断熱処理されたコンクリート壁をご覧いただける構造見学会を開催。大阪本店では、コンクリート構造を支える配筋された圧倒的な鉄筋量を間近で見学することのできる基礎見学会を開催いたします。どちらも普段見ることのできないRC造の重要な箇所となりますのでご見学されることをお勧めいたします。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 1558
    • 6
  6. 2月のイベント情報(展示場編)

    有難うございますJPホームです。 今日も寒いですね。 一年で最も寒い今の季節。空気も乾燥して潤いがどんどん減っていってる感じがします。こういう時は風邪やインフルエンザにかかりやすいので注意が必要ですね。水分補給と加湿にしっかり気を配りましょう。 さて、2月に入りJPホームでも展示場や施工現場でイベントを開催しております。 コンクリート住宅にご興味のある方は是非ご参加ください。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 831
    • 9
  7. RCのモデルハウス~JPホーム成城展示場~

    前回2回にわたり大阪のモデルハウスのご紹介をしましたが、今回は関東にあるモデルハウスを紹介いたします。 まず初めに「JPホーム成城展示場」を紹介いたします。 こちらのモデルハウスは世田谷区成城にある「ABCハウジング成城住宅公園」内に出展しており、人気ドラマや話題の映画が撮影地として歴史を重ねてきた「東宝スタジオ」に隣接するという少し変わったロケーションの総合住宅展示場です。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 1439
    • 14
  8. RCのモデルハウス~JPホームなんば展示場~

    前回のRC住宅のモデルハウスの紹介「千里展示場編」に続き、今回は「JPホームなんば展示場」を紹介いたします。 こちらのJPホーム棟は総合住宅展示場「なんば住宅博」内にあります。この展示場、ご存知の方も多いかと思いますが、かつての球場跡地に建てられた一風変わった歴史を持ちます。南海ホークス(懐かしい。。)の本拠地であった大阪球場を1988年にホークスが去った後、約10年間グランドの中に住宅展示場が存在するという何とも珍しい風景が見ることができました。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 1502
    • 12
  9. 大胆な曲線を取り入れたRC医院建築

    アーチ状になった曲線のコンクリート壁が人目を惹きつけるRC造の医院建築。 2階の診療室はRC壁式構造の利点を生かしてワンフロア全体を使った柱のないすっきりとした空間となっており、大勢の患者様をより効率よく施術できるようになっています。 RC造は高い耐震性能が命を預かる公共建築物として多く採用されており、加えて堅牢な構造がトラックや外部の影響による揺れなど起こりにくく、精密機器を有する医院建築に向いています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 733
    • 7
  10. ヨットをイメージした地下付RC住宅

    街並みに調和した建物でありたいと外観に特長を求めた施主様のオーダーを基に提案を行いました。 港に近い横浜にふさわしく、ヨットの帆をイメージした白い外観と外壁中央の黒い部分でマストを表現。場所打ち工法の特徴でもある曲線が風になびく様子を表しています。車や人通りの多い表通りからプライバシーを守る課題も開口部を最小限に抑えた正面の外壁が役割を果たします。 内部では地下にバスルームと卓球やホームシアターを楽しめるユーティリティスペースを設け、ご家族がいつも集まるスペースとして活用。1階部分から吹き抜けとなっているので地下でありながら光がしっかり届きます。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 845
    • 14
  11. 打ち放し壁を活かした店舗併用RC住宅

    1階に施主様が経営されるカフェと2階の自宅居住スペースになっている店舗併用住宅。外観はシンプルなコンクリート打ち放し仕上げとなっており、黒のサッシやドアがワンポイントとなったいます。 お店同様T様自ら選ばれたアンティーク調の照明や家具などのインテリアとコンクリート打ち放し壁が融合したシンプルながらモダンな内装になっています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 1271
    • 5
  12. 大空間の吹抜けがある邸宅

    ダイナミックな空間と繊細な曲線が美しい邸宅。RC造の特長を活かした提案を希望されたお施主様にドーム状の空間と採光を重視した大空間の吹抜けがあるリビング内観プランを提案。更なる提案としてドーム状のコンクリートウォールと一体になったラウンドするRC階段は重厚感と高級感を演出しています。和室も本格的な木造造りとなっており三和土には玉砂利を敷き詰め一見コンクリート造と思えぬ仕上がりになっています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 682
    • 5
  13. オフィスを併用した5階建て二世帯RC住宅

    お施主様が会社を経営されている為、オフィス併用住宅を希望されました。1階をガレージ、2~3階をオフィス、4~5階を二世帯の自宅とする5層で提案しました。 外観の特長として、ゆるやかに湾曲するコンクリート打ち放し壁と光の屈折が美しい大開口のガラスブロックがポイントです。1階のガレージには車4台分の駐車が可能で来客用駐車スペースを確保。またコンクリート造の特長であるフラットルーフにより屋上の利用も可能です。外観デザイン等の装飾性だけでなく耐火建築物が必須となる都市に機能する邸宅といえます。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 790
    • 3
  14. 大海原の景色が広がる海沿いの別荘

    景観の良い海沿いの2階建てRC住宅。 海をいつでも眺められる景色の良い別荘として海岸沿いの傾斜地に建築する為、堅牢なRC造が条件でした。特長として柱や間仕切りのない大空間のLDKや横6.7m×縦2.4mのリビング大開口窓など壁式工法の良さを最大限表現しました。また出幅4.0mの柱のないキャンチバルコニーはゆとりあるオープンスペースとなっています。更に格子天井や左官仕上の壁のある和室、螺旋階段のある吹抜けなど上質な設えも整えました。 そして檜の浴槽のある露天風呂や屋外プールが自然を満喫できるアメニティスペースとして最大限楽しめる空間を表現した邸宅です。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 892
    • 11
  15. 傾斜を利用した奥行きのある邸宅

    他にはないRC造の特徴を活かした外観とシンプルでかつ豪華な内装に東側の眺望を活かした間取りにしたいという要望に、斜め壁とアプローチ部を利用して2階が宙に浮いているイメージを実現。奥行きのある敷地形状を活かして4台分の駐車スペースを確保。内観の1階は遮るものがないよう大空間でかつ天井を高くし(H2.8m)、どの位置からも東側の眺望を望む事ができる提案をしました。 また盛土の地域で軟弱地盤の為、鋼管杭を深さ12~13mまで37本使用した補強工事をおこなっています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 673
    • 6
  16. 大きな開口を設けたRC造|つばさの家

    敷地は住宅密集地にあり、杉並区の定める地区計画上、耐火構造であることが求められました。また、近くを通る環状線からの遮音対策も考え、RC造とするのが自然な選択肢でした。RC造の場合、木造と比べて柱間の距離を大きくとることができるので、大らかな生活スタイルの建主にふさわしいスケール感を出すことができました。 また、冬は陽光を家の奥まで届け、夏は強い日差しを家の外で遮るために、大きな開口と深い庇、そして、家の中心にコート状のルーフテラスを設けました。家の中心にルーフテラスがあると、そこから下に光を落としていくことが可能になるのです。 RCであることのメリットやオーナーの要望を収斂していった結果、屋根や天井が「つばさ」を広げたような形状となり、大らかな家族を表現するのに相応しいものとなりました。「つばさ」を仰ぐと、周囲から覗かれる心配なく空間が垣間見え、住宅が密集しているとは思えない「のびやかな」空間に仕立て上げることができたと思っています。

    シーズ・アーキスタディオ
    • 1965
    • 14
  17. 3階建てにおける混構造(1階:RC+2.3階:木造)のメリット

    両脇の建物が隣接する間口が限られた隣地の中で、1階にガレージを設けたり、2.3階の居住スペースの採光や通風を確保するために、 1階を鉄筋コンクリート打ち放し(壁構造)、2.3階を木造(在来工法)とした混構造をご提案しました。 1階を鉄筋コンクリート、2.3階を木造にすると・・・ ①すべてが鉄筋コンクリートの建物よりも建物自体が軽量であるため、構造的に有利である。 ②木造3階建ての場合は、構造的に1階部分にかなり負担がかかるので、1階の壁量(壁の量)が多くなるので、プランに自由度が大きい。(ガレージが可能) ③すべてが鉄筋コンクリートよりも工事費が安く、工期が早く施工できる。 などいろいろなメリットがあります。 イメージをするのであれば、高い基礎の上に2階建ての木造が建っている感じです・・・。 よって、2.3階の平面プランも1階に左右されず、木造2階建てのように比較的自由なんです・・・。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 1233
    • 1

おすすめ

話題のキーワード

    22件中 1 - 20 件を表示