リバウンド

「リバウンド」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「リバウンド」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 「リバウンドするお片付け」を見直し!3つの失敗パターン別傾向と対策

    お片付けでよくお聞きするお悩みが、「自分なりに片付けてみたもののリバウンドしてしまって・・・」というものです。 ダイエットなどでも同じような話が多く聞かれますが、お片付けも自己流で無理に進めた結果、結局またすぐにリバウンドして元通りになり、自信をなくしてしまう・・・という方がいらっしゃると思います。 そこで今回の記事では、お片付けでリバウンドしてしまう失敗パターンと、それぞれごとの対策についてご紹介します。

    整理収納アドバイザー 七尾亜紀子
    • 28726
    • 595
  2. 立てる収納をリバウンドさせないためにやっておきたいこと|PART2|素材やカタチで分けよう!

    シーズンごとにどんどん増えるお洋服やかばんに小物、毎年でる新素材に飛びついてなにがどれだかわからなくなるタイツやインナー・・・ クローゼット収納はとにかく立てるが勝ち! そんな、とっても便利なマルチテク「立てる収納」。 ブラッシュアップに「わかるようにわける」テクをプラスすることで、リバウンド知らずのクローゼット収納に変身!

    おうちデトックス 大橋わか
    • 36551
    • 391
  3. 立てる収納をリバウンドさせないために|PART1|引き出し収納でやっておきたい畳み方

    みなさん、お出かけしてますか?毎日オシャレ楽しんでますか? 増え続けるお洋服、収納システムが追いつかず、せっかくきれいに整理たけれどリバウンドしてしまった...という方もいるのではないでしょうか。 そこで! 今回は以前クローゼット収納術でお伝えした「立てる収納」を「リバウンドさせない為にやっておきたいこと」についてお伝えしたいと思います。 では早速、Let’sデトックス!  

    おうちデトックス 大橋わか
    • 32217
    • 215
  4. 10年先までキレイが続く!快適な部屋の作り方

    年が明けて3週間が過ぎましたが、次はあっという間に年度末。 春は進学、就職、転勤など、ライフスタイルが変わる方が多いですね。 そんな時はお部屋の使い方を見直すよいチャンス! ライフスタイルが変わってもずっとお部屋がキレイで使いやすく保つためには ただ、物を捨てるだけではうまくいきません。 ではどうすればいいのでしょうか?

    住空間収納プランナー 渡辺美恵子
    • 27542
    • 78
  5. 季節が変わるごとに買ってしまう! 買ってしまうことで増える衣類の減らし方

    整理収納アドバイサーの須藤昌子です。 気づかずに、増える衣類。 新しいものがお店に並ぶと、女性は、ついつい欲しくなってしまうものです。 でも、クローゼットの大きさは、変わらないのです。 たくさんお衣類に囲まれた生活から、使いやすいクローゼットへと変えるためのポイントをご紹介します。

    ROOM-COZY
    • 25566
    • 35
  6. ずぼらOK!!ストックの増減に対応!ゆるゆるの仕切りで溢れさせずに収納する方法!

    ちょっと収納スペースを仕切ってみたけど、中のモノの量が変化して結局溢れて 飛び出てリバウンド~ なんてことありませんか? カチッと仕切るとモノの管理もカチッと… なのでゆるく仕切ってストライクゾーンを大きくすることで 溢れるはずだったモノも溢れず収まってくれる方法をお伝えします!

    makefit Miho Nagatsu
    • 19004
    • 53
  7. リバウンドしない!家を片づける方法

    家が片づくポイントを ざっくりと言いますと、 ①使っていない物をどんどん減らす。 捨てるのがもったいないと感じるならば リサイクルに出したり売ってみよう。 売ろうと思って、出したはいいけど、なかなか行動しない、 となると、今までと変わりません。 すぐに行動にしてみよう。 人にあげるのもいいですね、 しかし、 相手が本当に欲しいのかどうかを、きちんと聞きましょう。 ②物をしまう場所がある程度決まっている(定位置)‬ 物のしまう場所を決めよう。 よく使う物ほど、しまいやすい収納にしてみよう。 ‪③使い終わったら②の場所へすぐにもどす‬ 使ったら、しまう それさえしていれば、本来、部屋が散らかることがありません。 ‪①を、もう少し解説。‬ ‪いつか使うかもしれない‬ ‪何かに使えるかもしれない‬ ‪高かった‬ ‪でも、結局使っていない‬ ‪ そういう物をどんどん減らしていこう。

    Yoko Otake
    • 248
    • 2

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード