設計

設計に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく設計についてご紹介しています。

  1. デスクカウンターを安易に取り付けないほうが良い!キッチンカウンターもダイニングスペースが犠牲になってないか確認すべき!

    ここ最近、InstagramなどのSNSで間取りの写真をアップしている方を見かけます。中にはアドバイスが欲しいと言って見える方もあります。そんな図面を見ているとデスクカウンターやキッチンカウンターがついている間取りを多くみかけます。壁面があればワークスペースとして棚を一枚つけるとデスクになるという考えだと思いますが、よ~く考えて下さい!インテリアショップBIGJOYは問題提起をします!デスクカウンターを安易に取り付けないでください!今回はそんな点を考慮し、BIGJOY流の家具の配置術を具体的な事例でご紹介したいと思います。詳しくは下記に解説してますのでご覧ください!

    INTERIOR SHOP BIGJOY
    • 34032
    • 319
  2. 建築家と建てる家のキッチン写真どどんと40枚見せます!

    ★プレゼントキャンペーン実施中。詳しくは文末で★ 建築家との住まいづくりをお手伝いしているザウス住宅プロデュースから、おしゃれなキッチン写真をご紹介いたします。 「ここに収納が欲しい!」「タイルを貼ってインダストリアルなテイストにしたい」「この廊下を通ってキッチンに繋がったら家事が楽」「クルマを降りたら荷物をすぐキッチンに下したい」など、奥様が日々の家事で感じる「もっとこうだったら良いのにな」というアイデアや、憧れのキッチンデザインを建築家がカタチにしました。 写真では伝えきれないので、興味を持たれた方はぜひ事例集をご覧ください。建築主こだわりのリクエストやそれに応えた建築家のアイデアを掲載しています。 ↓↓↓

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 18725
    • 208
  3. 「ワークスペースは何のためにあるの?」部屋別の実例5タイプ

    新築に限らず、リフォームや大型リノベーションでもよく聞かれる【ワークスペース】はほしいけれどどんなものがいいのだろう問題。 今日は、『ワークスペース(カウンター、机)』のお話をまとめました。わたしが暮らし提案する際は、以下5タイプのいずれかが多いです。 ①リビング脇で[パソコン置きや子どもの勉強机かわり]になるもの。 ②ダイニングテーブル付近にある[食事の補助テーブルのかわり]になるもの。 ③キッチン背面にある[キッチン作業台かわり]になるもの。 ④家事室にある[収納棚やメモを書き留める机]になるもの。 ⑤和室、書斎、寝室にある[PC置きや持ち帰りしごと机]になるもの。 『なんのため?』がこうやって具体的であるほど「物置化しにくい」ので、ぜひ計画される際の参考になれば嬉しいです。リフォームされる際も参考になるので、よろしければ記事の続きも読んでいただければと思います。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 7653
    • 82
  4. 室内物干し部屋を作る時に注意することと、人気アイテムのお話。

    『室内物干し』の需要が高まってきていますね。 脱衣室の隣やフリールーム、南側の日当たりがいい場所などに『室内物干し専用のお部屋』を計画される案件が増えています。 室内物干しのお部屋を作る時の ポイントや人気物干しワイヤーアイテムの使用方法などもまとめてみました。 新築だけではなくて、リフォーム、リノベーションされる際も参考になると思うので、どうぞ。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 13385
    • 65
  5. 新築!リフォーム!する方必見!片付く家にするためには間取りが大切!

    片づけに困っている方のお宅にお邪魔するのが私の仕事です。 たくさんのお宅にお伺いしました。 私がズボラだから…と嘆く方は非常に多いのですが、 実は間取りが一因になっているケースが非常に多いのです。 如何にラクに短時間で片付く収納システムが作れるかが、 片付く家のポイントになります。 ここでは動線・収納を考えた間取りを決める際のポイントをご紹介します。

    makefit Miho Nagatsu
    • 7944
    • 85
  6. 子供部屋の大きさは小さくなっている傾向。『3WAYな子供部屋』もオススメ。

    近頃、売り出される土地の大きさは小さくなる傾向にあります。(地域差はありますが。) それに伴って、家の大きさも小さくなる傾向にあります。 家が小さくなると各個室も小さくなっていくのが一般的。 そこで、今回は『子供部屋』に注目して、実例の1つを紹介します。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 13869
    • 82
  7. トンネルのある『キッズスペース』の作り方

    別名『子ども用のウォークスルークローゼット』とも読んでいます。 トンネルって、子どもは大好きですよね。でもいずれ成長したときに、単なる物置にならないポイントなどもまとめてみました。 新築だけではなくて、リフォーム、リノベーションされる際も参考になると思うので、どうぞ。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 7074
    • 42
  8. タオルかけは、どこにつけるのがいいだろう?

    新築に限らず、リフォームや大型リノベーションでもよく聞かれる【水回りアクセサリー】配置のお悩み。 今日は、『タオル掛け』に絞ってお話をまとめました。リフォームされる際も参考になるので、どうぞ。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 16191
    • 59
  9. 『子供部屋という自室をもたない』場合のメリットデメリット

    近頃、売り出される土地の大きさは小さくなる傾向にあります。(地域差はありますが。) それに伴って、家の大きさも小さくなる傾向にあります。 家が小さくなると各個室も小さくなっていくのが一般的。場合によっては、『自室を持たせないor限りなく小さい自室にする』という事例も増えています。 そこで今回は、『子供部屋』に注目して、実例を紹介します。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 3028
    • 16
  10. テレビ台(テレビボード)選びの失敗談

    テレビ台(テレビボード)選びの失敗の経験は誰もがしていると思い、 失敗談を聞かせて欲しいと呼びかけてみたところこんなに多くの失敗談が寄せられるとは思っても見ませんでした。 テレビボードを開発している身としてはもちろんこれらの貴重な体験を生かしますが、これから新築やリフォーム、引越しなどでテレビボードやほかの家具を選ぶ必要がある方にはぜひ参考にしてもらいたいと思っています。そして家や家具の設計の参考になればと思っています。

    カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
    • 10306
    • 14
  11. 床のあたりにある『幅木』の選び方とポイント。

    幅木(はばき)って、聞いたことあります?壁のしたのほうについている幅5~10cmくらいの材料のことです。 『なぜいるのですか?』この質問が多いので、今日は幅木の考え方と目立ちにくいポイントなどもまとめてみました。 新築だけではなくて、リフォーム、リノベーションされる際も参考になると思うので、どうぞ。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 8417
    • 21
  12. I6-house [ House with sunlight through the leaves of trees]

    I6-House「木漏れ日のある家」は、長崎県諫早市の今は静かな田園の中で、これから住宅が立ち並んで行く新興住宅地での設計計画です。 建築の外観は静かな田園風景の中に、レッドシダーの壁を覆うように傾斜の向きが異なる白い壁と庇が空に向かって立ち上がります。静かな田園の中に彫刻の様に建つ、シンボリックな建築を目指しました。 玄関ホールに入ると目の前には大きなFix窓から見える。植栽と2階テラスバルコニーから注がれる優しい光が家族や来客者を出迎えてくれます。1階はビルトイン駐車場と主寝室と子供室で構成されていて、ライトコートに面して設けられた窓からの優しい光が、玄関ホールと主寝室と子供室に各室のプライバシーと防犯を守りながら、木漏れ日の様に優しい光を注いでくれます。玄関ホールのレッドシダーの壁とレッドシダーで吊られた階段は暖かく優しい空間を造り出し、手摺の下に設けた照明の光と相俟って、玄関ホール全体の空間を演出します。 2階リビングの天井は、屋根と同じ勾配でテラスバルコニーに向かって勾配を持たせることで、リビングに開放性を持たせ、広がりのある空間を造り出しました。天井をレッドシダーにする事により外観デザインとの一体感を造り出し、落ち着きのある空間を造り出しました。天井の十文字の間接照明は、キッチンカウンターの間接照明とで、リビングにシンプルでモダンな落ち着きのある空間を造り出しています。 リビング・ダイニング・ゲストルームと繋がるテラスバルコニーのレッドシダーの縦型シェードは各部屋のプライバシーと防犯を守りながら空間に開放感を与え各部屋に木漏れ日のような優しい空間と光を与えてくれます。 I6-House「木漏れ日のある家」は天気の良い日にはリビング・ダイニングと一体感のあるテラスバルコニーでホームパーティーやバーベキューなどが出来る家族とのコミュニケーションを図ることで、何時までの家族が楽しめる家になって欲しいと考え設計しました。

    株式会社アーキテクト憧
    • 934
    • 15
  13. 【店舗デザイン】街の人々の暮らしと「らしく」に寄り添う写真館

    ー 街の写真館 Studio LAXIQ 新横浜 ― 『街の人たちに寄り添う写真館』をコンセプトに、 3つの異なったテーマに分けられた撮影ブースをデザイン・設計。 壁に大きな円形のライトボックスを設置し、無数のフォトフレームで装飾したアンティークな雰囲気漂うメインスタジオ、 古風なすりガラスの扉に格子と縁台を配置し、和の風情が情緒あふれるコンパクトなスタジオ、 そして、小さなお子さまのベストショットを引き出す、開放的で明るく遊びゴコロ満載なスタジオ。 それぞれの持つテーマの空気感を大切に、街の人たちの大切なシーンを彩る特別な空間がそこに誕生しました。

    OHESO GARAGE
    • 83
    • 1
  14. この度、高千穂シラス主催の【2017施工事例コンテスト】にて「優秀賞」を受賞いたしました。

    この度、高千穂シラス主催の【2017施工事例コンテスト】にて「優秀賞」を受賞いたしました。 昨年秋から年明けにかけて行われたweb投票にて、投票総数1384件中、2番目に多くの投票をいただき光栄に思います。 施工事例を通して、建築デザイン・自然素材への想い・設計事務所のこだわり(コンセプト)に対し【企業に投票する】コンテストということで、 私たちの家づくりに、温かく背中を押していただいたように感じます。 ありがとうございます。 手掛けた住宅が多くの方の心に響いたこと、とても嬉しいです。 これからも建て主ご家族や、住宅と出逢った方々に、愛していただける建築を創造していきたいと思います!

    山道勉建築
    • 565
    • 2

137件中 1 - 20 件を表示