空間のアイデア(3ぺージ)

「空間」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「空間」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 佐保路の家||奈良町家のリノベーション

    奈良市の旧道沿いに建つ大正期の町屋。建物の骨格はしっかりしているものの、玄関や道路側の和室はテナント貸しするために大幅に増改装され、その後空き家となって放置されていました。奈良市の補助金を活用することで木格子や庇、焼杉壁、瓦屋根といった町屋の意匠を復原し、内部は古い柱梁や天井板を活かしつつ耐震補強を施し現代的な住み方に合わせてリノベーションしました。一階は大きなリビングと庭を見ながら調理できるアイランドのダイニングキッチン、回遊性の高いバックヤードとコンパクトな水回り。二階は多目的に使える天井の高いワンルーム。厨子二階の下屋を吹き抜けに変更して玄関と鉄骨階段を新設しました。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 1546
    • 8
  2. 透き間の家|土間と縁側で包む町屋リノベーション

    奈良市にある大正時代に建てられた住宅のリノベーション。建物は主に借家として用いられ、何度かの増改築を経て空き家になり放置されていました。雨漏りや蟻害によって柱・梁や土壁が深刻な被害を受けており、庭に増築された水廻りと伸び放題の樹木によって鬱蒼とした状況でした。建替えも検討しましたが、3面道路後退の影響で同規模の建物が建たないことや、お施主様が町屋に住みたいという強いご希望をお持ちだったことからリノベーションを選択しました。しかし土壁を耐震補強し伝統構法で修復するためには新築を超える時間や費用が必要です。また家全体を断熱補強・高気密化すると屋内と屋外が緩やかに繋がった町屋らしい雰囲気も壊れてしまいます。そのためコンパクトな居間を家の中心に据えて現代的な工法で耐震補強・断熱補強を行ない、その周りを玄関・収納・ガレージ・縁側・トイレ・書庫・階段から成る半屋外の「透き間」で囲んだ入れ子状の間取りとすることで、コストを押さえつつ、屋内・半屋内・屋外の3つの領域が重なり響きあうような、町家の雰囲気を引き継いだ住まいを設計しました。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 5123
    • 10
  3. 杉板打ち放しコンクリート壁が浮いているように見える家

    浮いた壁を思わせるファザードは昼と夜で違う雰囲気を醸し出します。 また、リビングは3m60cm、LDK全てを OPENにしたようなテラスは開放感溢れています。 ホワイトオークの床にストーンの天板のキッチンが 存在感をアピールしてくれています。 和室には掘りごたつのカウンターを設け、 読書やお子様の勉強スペースとして利用できます。

    Style Create
    • 394
    • 0
  4. 大きめの「土間玄関」が便利。土間を上手に使ったデザイン住宅

    玄関というと、家への入り口としての機能だけで考えがち。 今回は使い勝手沢山の万能選手、広めの土間玄関の住宅をご紹介。土間以外にも注目ポイント沢山の住宅です。 見た目のデザインは勿論のこと、機能性も抜群の土間玄関の魅力をご覧あれ♪

    アネシス福岡|デザイン性も高性能も叶える注文住宅
    • 21669
    • 24
  5. 仕切りたいけど、壁はイヤ!そんなリノベに「室内窓」

    リノベーション、とくに開口部が限られたマンションリノベの場合、光と風を家じゅうに届けるための手段のひとつに「室内窓」があります。そのまま壁として仕切ってしまうと閉塞感が出そうな場所や、家族の気配をさりげなく伝えるためにも有効な「室内窓」。リノベでうまく取り入れた例をご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 5046
    • 27
  6. ルーフテラスから空と繋がる。大容量の収納と趣味の部屋も充実した、木の温もりが感じられる家

    室内でハンモックで揺られながら、ルーフテラスから見える空を眺めることができます。 3階の高い天井は子供部屋になっており、お子様がのびのびと過ごせます。 住宅地で3方から囲まれていても、プライバシーを保ちながら、2階にも光が差し込むように工夫をしたデザインになってます。 お施主様ご趣味の陶芸室もあり、限られた空間を生かすための工夫が凝らされています。 設計:井戸健治建築研究所

    不二工営建設㈱ haco⁺
    • 157
    • 0
  7. 壁の有効活用に!「キズが超小さいフック」での傷は本当に小さく使えるものなのか検証してみました

    壁の傷がとても小さいので見えにくい壁掛けフックって、本当に傷が小さいの? ホチキスでとめるみたいだけど、表記通りの耐荷重に本当に耐えれるの? どんなフックなの? って思ったことありません?

    ワーママの味方・暮らし整えサポーターあがたよしこ
    • 13222
    • 124
  8. インテリアが建築の花ならば、基礎と土台は建築の根だ。

    建築や建築家、住宅設計などをWEBで検索したり、住宅展示場を見ると、注目が集まるのはたいてい人気のソファやちょっと凝った小物、観葉植物が目を引く室内がだったりします。 確かにインテリアの参考になるし、ちょっとした工夫が日々の生活を向上させることにつながるとは思うのですが、建築というとちょっと違うのでは?と考えてしまいます。  家を建てるときには設計部分から段階を踏んて丁寧に作り上げることが大切です。 ここでは、土地探しを含めた建築の基本的な部分をお伝えできればと思います。

    ㈱本井建築研究所一級建築士事務所
    • 408
    • 2
  9. 毎日洗濯にどのくらい時間を使っていますか?家を新築、リフォームする際に洗濯の家事動線を考える。

    毎日の家事労働の中でも、かなりの時間と手間のかかる洗濯。洗う、干す、たたむ、しまうと大きく4つも作業があり、洗濯が好きでないと苦痛に感じる方もいらっしゃると思います。  私は、洗濯は嫌いではないけれど、土日の休みにシーツやマットなどをまとめて家族分洗うなどしていると、気がつけば洗濯三昧となっており、一日が潰れてしまうこともしばしばでした。  建築の実例を元に洗濯が楽になるランドリールームやユーティリティールームの作り方をご提案致します。  毎日、大量の洗濯物に費やす時間がどれほどかかるか。少しでも作業時間を減らしたいと思う人は多いと思います。新築、リフォームの際に家事が楽になるヒントをこれまでの事例からご提案します。

    ㈱本井建築研究所一級建築士事務所
    • 1179
    • 4

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    387件中 41 - 60 件を表示