住宅

住宅 に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく住宅 についてご紹介しています。

  1. 「ほんとのいえ」内観 (リノベーション) (神奈川県横浜市)

    以前は大量の本が整理しきれず、持っているはずなのに探し出せない本を何冊も買ってしまっていたとのことです。 これは1万5千を超える本との生活をするための住宅です。 光、風、小さな場所を本と絡めながら、生活空間を構成し直しました。改修前の汎用性の高い間取りから、住人のための本当の家を目指しました。 2世帯住宅になっており写真にある本棚の住宅が2階。1階は、介護が必要なご両親のためのバリアフリー住宅。2階は大量の本が威圧的にならないよう、本棚に複雑な穴を空けています。その穴から風や光が家中に回るようになっています。更に少し大きな隙間を作って書斎空間になっていたり、茶室のような畳空間があったりと、本棚の中に生活空間を編み込んでいます。 築年数は40年。膨大な本を2階へ収蔵するための補強をし、更にこの本の重みと補強した基礎の重みがが建物全体の重心を偏らせ、崖地に建つ家を守るようにも工夫してあります。 雑誌pen掲載作品 2015年11月1日号

    鈴木貴詞【スズケン一級建築士事務所】
    • 2031
    • 61
  2. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 1732
    • 24
  3. 建築で冒険心をそそる。建築家 松島潤平氏インタビューPART2

    ~建築家・松島潤平インタビュー連載Part2~ 独創的な思考から生まれる唯一無二なデザインが脚光を浴びる注目の建築家・松島潤平氏。そんな松島氏の生い立ちや建築との出会い、そして作品に対する考え方までを短期連載としてお届けします。第2弾の今回は松島氏の設計に対する考え方や手掛けた作品について具体的に見ていきましょう。

    LIMIA編集部
    • 3237
    • 42
  4. DIYの参考に:TVボードの設計から取付まで。職人の作業に注目

    めったにお目にかかれない 入居済みのリビングにTVボードを設置した貴重な写真と資料を公開します。 設計図のCADデータもLIMIA読者限定公開としましたのでぜひお受け取りください。 ・CADフォーマット=dxf,dwg,jww,pdf ・pdfもありますのでどなたにもごらんいただけます 難度は高いですがプロの技術を見てDIYなどの参考にしてください。

    カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
    • 2401
    • 32
  5. toTo

    この住宅は大阪府堺市の閑静な住宅地に建っています。北南に長い敷地で、南側には隣地一杯に住宅が建ち、西側は大きな駐車場、北側道路の敷地です。 シンプルな外観に、個性を… 区切られた個室に、一体感を… これが、この住宅のテーマです。T字型平面の中心に、大きな吹抜けを設け、各スペースが一体的に感じるように考慮しています。吹抜けには、上下をつなぐ階段が設置され木壁が視覚的にも繋がりを強調しています。南からの光は、住宅には少し刺激が強く感じるので、窓を作らない計画としています。ただ、天窓や東からの採光で、淡い光が住宅を満たします。優しい光の中で、家族を感じる住宅です。

    YIA イシウエヨシヒロ建築設計事務所
    • 330
    • 20
  6. 目の前にある風景を、ふんだんに取り入れた大空をつかむLDK空間!!(徳島県)

    敷地はレンコン畑の拡がるのどかな農業地域。 「県産材を力強く使った住まい」が住まい手の一番の要望であった。一階に和室や夫婦寝室といった落ち着ける場所をつくり、二階にはダイナミックな木組みに囲まれた、レンコン畑と大きな空を一望できるLDK空間を設けた。毎日変化する風景をふんだんに味わいながら家族で家事や勉強、食事を楽しむ住まい。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 861
    • 15
  7. ripple-house 鎌倉の丘の上に建つさざ波を意識した住宅

    七里ガ浜の丘の上の住宅の建て替えです。 白い外断熱の壁と西日と視線を遮るために設けた大きな杉板型枠打放しの壁に、ガラスの手摺が印象的です。 街と調和しつつ、暮らしに海の眺望を取り込むため、街区に合わせた外観の軸と、景色を眺めるための斜め45度に振ったインテリアの軸の2つの軸線を持たせました。 以前に建てられていた家の窓からは、主に向かいの家や隣の家が見えていたのに対し、この住宅は家の奥からでも海の景色を楽しむことができます。 また、人の視線をあまり気にせずに太陽光が差し込む窓の配置としたため、だいぶ明るく開放的になりました。 屋上からは、三浦半島から伊豆諸島、伊豆半島、富士山、丹沢など、素晴らしい景色を眺めることができます。 神奈川県 鎌倉市 壁式鉄筋コンクリート造 外断熱 地下1階 地上2階建 設計:村上建築設計室 構造:ビー・ファーム 施工:石間工務店

    村上建築設計室
    • 627
    • 16
  8. 光カーテンのある家 (増改築) (長野県松本市)

    敷地内には築20年の3階建ての木造住宅があります。お子さんたちが独立し、 将来の住まい方を考えて平屋的に住まいたいとのご希望を取り入れて計画した 住宅です。 写真の増築部分は暖炉のあるリビングダイニングとキッチンです。既存部分はダイニングキッチンを改装して書斎/趣味の部屋。また既存のリビングを広い寝室に改造しています。 名前の由来は、増築したリビングダイニングの屋根を既存建物側から全て切り 離すようにトップライトを一筋差し込んでいます。ここから落ちてくる光を境 に、これまでの既存部分の生活と切り離し増築部の新しい空間の特別感を演出し ています。バリアフリーに偏った住宅改修ではなく、高齢者住宅を意識しながら も、生活の質の高さを重視し今後の生活空間の豊かさとバリアフリー両要素を加 味した住宅を設計しました。

    鈴木貴詞【スズケン一級建築士事務所】
    • 663
    • 33

みんなの投稿コンテスト

701件中 1 - 20 件を表示