ダメージ加工

「ダメージ加工」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ダメージ加工」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 『セリアのブリキプレート×古材風塗装板』を組み合わせて存在感のあるラスティックなウッドサインボードをDIY☆

    独特な存在感があるブリキ素材。インテリアに取り入れてみたいけど加工が難しいイメージです。 そんな時セリアで見つけたブリキプレート。サイズがA4くらいのちょうどいい大きさなのでカットや加工せずにこのまま使えそう♪ ブリキの存在が浮いてしまわないように、木材を古材風にペイントしてブリキプレートと合わせてみました。 小さいながらもかなり存在感のあるサインボードです(^-^)

    aya-woodworks
    • 18086
    • 94
  2. ダメージ加工の天板とスチール脚のインダストリアルなダイニング

    インテリアのプランニングの依頼を頂いているお客様宅へ家具と照明器具を納品しました。 オリジナルで製作したテーブルは、オーク無垢天板とインダストリアルなスチール脚との組み合わせ。天板は長さをランダムにカットして接ぎ合わせ、表面やエッジにダメージ加工を施したラフな仕上げが特徴的です。 テーブル上のペンダントライトは、アキッレ・カスティリオーニの名作、イタリアFLOS社のFrisbi。その名の通り円盤状のライトで、中央の穴があいた部分より、集中光によって柔らかく照らし出します。 合わせるチェアは異なるデザインを黒に統一した4脚を国内外のメーカーからセレクト。色を黒に揃える事で、シャープな物はよりシャープに、柔らかい形はより柔らかく、それぞれの椅子の造形が際立ちます。 ベッドルームの照明はCHIHIRO TANAKAのSpore。糸と糸が柔らかな造形を作り出し、空中に淡い光を浮かべます。繊細で優しい素敵なデザインです。

    ZERO FIRST DESIGN
    • 2005
    • 21

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード