スロープ

ゆるやかな傾斜の通路のこと。人や自転車、バイクなどが通りやすいように作られている。車椅子を利用している人や足腰の弱っている高齢者が歩きやすいように、公共の建物や一般住宅のアプローチ付近の階段の横に、スロープを併設するケースが増えている。

  1. バリアフリーフェスタかながわ2017

    車いす体験コーナー「車いすで坂道をのぼってみよう」を出展します。 3団体、横浜市まちづくりセンター、かながわ住まいまちづくり協会、神奈川県障害者自立生活支援センターが協力して行います。 車いすで路上走行する場合を想定し、様々な路面状況での車いす動作を学ぶコーナーです。 10月8日(日)11時~15時半 慶応義塾大学 日吉キャンパス協生館2階 横浜日吉駅より徒歩2分 バリアフリーに興味のある方、お近くの方、お時間のある方は お立ち寄りください。 心よりお待ちしています。 NPO横浜市まちづくりセンター 設計監理部会 三竹忍

    M設計工房
    • 779
    • 2
  2. 植物と表札が迎える薄灰色のアプローチ。 景観と、人に優しく。

    シンボルツリーを囲むように積んだ石の花壇の周囲で円を描くアプローチ。 片方は緩やかな段差の階段、もう一方はスロープになっています。 自然石に洗い出しのコンクリートが馴染み、ふたつのライトグレーの色合は植物やブラウンの門袖を引き立てるような明るさ。 シンプルな作りながら冷たい印象はなく、来る人を迎え入れるような優しさがあります。 景観にも人にも、暖かい印象のデザインです。

    カントリーガーデン
    • 1319
    • 5
  3. バリアフリー工事。リビングのサッシから車椅子での出入りを実現!

    お年寄りのいるお宅。 急激に身体的な能力の衰えで入口玄関使用ができなくなり、リビングのサッシから出入りしたいという要望からご提案いたしました。 デッキをスロープと組み合わせて(YKK AP)車椅子でも出入り可能になりました。 今回は介護保険(住宅改修分18万円)適用で一部補助を使用

    京浜リペアーサービス
    • 568
    • 6
  4. 玄関階段のリフォーム!より快適な住環境にするための情報を、事例を交えてご紹介!

    今回は、玄関前の階段のリフォームについてご紹介します。皆様のご自宅で、玄関前の階段はどのような造りでしょうか?階段の傾斜が急だったり、手すりがついていなかったりと、安全面に不安をお感じの方も多いことでしょう。また、今は不満が無くとも、子どもが生まれたり、高齢のご両親と同居することになったりして、問題を感じるようになることもあるかもしれません。ここでは、安全性や快適性の向上に欠かせない玄関前の階段のリフォームについてご説明いたします。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 7545
    • 4
  5. 玄関をバリアフリーにリフォームしたい!工事のポイントと注意点クォ、事例を交えてご紹介!

    玄関をバリアフリーに対応させるためのリフォームについてまとめました。室内のバリアフリー化は進んでいても、玄関はまだという家も少なくありません。高齢のご家族などが外出しやすい環境を整えるために、玄関のバリアフリー化が必要とお考えの人は多いはずです。今回は、玄関をバリアフリーにするリフォームの情報や事例などをまとめてご紹介します。ご家族みんなが元気にお出かけできる家をめざして、バリアフリー化を考えてみませんか?

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 6688
    • 3
  6. リフォームで玄関を移動!?大胆に改装してもっと住みやすい家に!

    ご自宅の玄関の位置に不満はありませんか?もしあるようでしたら、思い切ってリフォームで玄関を移動することで、不満を解消できるかもしれません。お客さんをお迎えする場所でもある玄関は、「家の顔」と呼ばれることもあるくらい重要な場所なので、玄関の位置には気を遣い、より住みやすい空間にすることが大切です。ここでは、玄関の位置を変更するリフォームについてご説明いたします。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 10146
    • 3
  7. 2世帯住宅のお庭・二つ並んだ可愛らしい枕木門柱

    二世帯住宅に建て替えされるお庭のデザインパース画像。車椅子の車輪が脱輪しないように、縁に立ち上げたレンガが可愛らしいアクセントになっています。 基本的にはバリアフリー・メンテナンスフリーのお庭ですが緑も楽しんでいただけるように花壇スペースもちょこっと設けています。 二つ並んだおそろいの枕木門柱も素敵です。

    フィーリングガーデン 坂林盛樹園
    • 1056
    • 7
  8. 一日でも長く住める配慮と木を魅せた平屋住宅

    なるべく高齢になっても、自宅には長く住みたいと思うのが普通だと思います。 ではどうすればそうできるか、考えたひとつの結果がこのお宅です。 まず車いすに対応するため玄関ポーチにスロープを設置し、玄関も引き戸を採用しました。 玄関内も段差が昔よりも少ないか、全くなくすことも可能なので、 靴の脱ぎ履きがしやすいよう、折り畳み式のベンチをつけています。 玄関ホールからはリビングへ行く扉のほかに、寝室へ直接行ける扉もついています。 これは介護者がリビングを介さずに、直接出入りするためのものです。 さらに寝室内には専用のトイレも設けています。 間取りには表しにくい細かな配慮とすると、各所に手摺はもちろんのこと、 浴室入口は3枚引き戸に、浴室暖房や洗面にも簡易的な暖房を設置し、 ヒートショックを防いでいます。 さらに床は車いす対応のフローリングを採用し、タイヤ痕やキズのつきにくいものになっています。 そういった配慮だけでなく、建物内外に木を魅せて、 精神的に落ち着く環境も整えていくことで、長く住みたいと思ってもらえる家になると思います。

    陽だまりの家 八木建設
    • 903
    • 10
  9. 【愛犬家住宅】愛犬の幸せと長生きをかなえる家

    夫婦共働きで忙しい日々を送るIさんは、「一緒にいられる時間は限られているから、なるべく叱らないようにしたい」との思いから、住まいの常識にとらわれない自由な発想と、愛犬の健康を気遣いや愛犬への愛情がたっぷり詰まった家を建てました。 ※愛犬家住宅コーディネーター 池田 千夏子さん(認定番号:9070186)が  コーディネートした住宅です。

    愛犬家住宅
    • 1956
    • 26
  10. 閑静な城下町に並ぶ家

    メイン通りから一つ抜けた城下町の閑静な住宅街に並ぶ家。古臭くならない、でも流行には乗らない鞍城建設の上品で繊細なデザインが際立つ家。丁寧に和が練りこまれている。奥様の仕事場となる部屋は多用途に使える用仕事場兼リビング兼仏間に。介護も見越してコンパクトな間取りにしているが廊下や出入り口は車いすが通れるよう幅がしっかり確保されている。

    鞍城建設
    • 1051
    • 5
  11. RSP-亀

    御夫婦が住まうためのバリアフリーな平屋の家。間口の広い南側の広い道路は行き止まり道路で交通量も少ないため日照を得るための大きな開口を南側に設け、玄関アプローチのスロープに沿う板塀にてある程度のプライバシーを確保している。間取りは南側中央の玄関から入って、寝室とLDKの間に水廻りがあるだけの全く無駄の無いプランとしている。屋根は将来的に屋上緑化や太陽光発電の設置を見据えて南向き片流れの大屋根としており、小屋裏部分は全て収納として利用している。

    tentline(テントライン)
    • 475
    • 1