杉板のアイデア(3ぺージ)

「杉板」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「杉板」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. かっこいいテレビ台をリメイクDIYで作る方法!①【下準備・塗装編】

    テレビ台のような大型家具は処分するのも大変! 買い替えか自作を考えてたのですが、リメイクしてみるのありかな!?と テレビボードのリメイクDIYに挑戦してみましたよ~ 劇的!な変化をお楽しみ下さい ①【下準備・塗装編】はヤスリがけと塗装まで ②【扉・組立・完成編】では扉作成と組立の完成まで 2記事に分かれますが最後までお付き合い下さいね!

    PeanutVillage
    • 43928
    • 119
  2. ripple-house 鎌倉の丘の上に建つさざ波を意識した住宅

    七里ガ浜の丘の上の住宅の建て替えです。 白い外断熱の壁と西日と視線を遮るために設けた大きな杉板型枠打放しの壁に、ガラスの手摺が印象的です。 街と調和しつつ、暮らしに海の眺望を取り込むため、街区に合わせた外観の軸と、景色を眺めるための斜め45度に振ったインテリアの軸の2つの軸線を持たせました。 以前に建てられていた家の窓からは、主に向かいの家や隣の家が見えていたのに対し、この住宅は家の奥からでも海の景色を楽しむことができます。 また、人の視線をあまり気にせずに太陽光が差し込む窓の配置としたため、だいぶ明るく開放的になりました。 屋上からは、三浦半島から伊豆諸島、伊豆半島、富士山、丹沢など、素晴らしい景色を眺めることができます。 神奈川県 鎌倉市 壁式鉄筋コンクリート造 外断熱 地下1階 地上2階建 設計:村上建築設計室 構造:ビー・ファーム 施工:石間工務店

    村上建築設計室
    • 2263
    • 21
  3. 木材で創った整骨院併用住宅(一坪当たり1.2m3使用)Nハウス

    田園風景の中に木材だけで創られた整骨院併用住宅。構造はNハウス工法(杉厚板40mm縦落し込み工法(連続柱壁工法))外壁と内壁及び床板、天井板は杉材で土台、デッキ、バルコニーなどは桧の防腐処理材木材を採用し大黒柱、看板、カウンターはケヤキ材で適材適所に木材を多量に使用した住宅。

    中飯賀業建築研究所
    • 682
    • 6
  4. house-UT 薄く深い屋根の黒と杉板の佇まい

    薄く深い軒は機能的な“日射遮蔽”の役割と深く出す事により生まれる軒下空間利用の役割があります。また意匠的には深く出すことで構造上重厚な形状になり上品な印象を欠くことを避けるため、細部に拘り薄く、薄く作ることで洗練された印象を与えるように外観デザインとしました。内部空間は断熱性能を上げる事で良点の増す大きな吹抜けを設ける事で家族の存在を感じられる、温熱的にも均一化された居住空間となる計画としました。太陽の陽が入り風の抜ける畳の上での寛ぎは最高の至福の一時。意匠的、機能的、温熱的にバランスを考えた心地よい住まいです。 薄い屋根・深い軒・黒い外観・杉板外壁・低い佇まい・畳リビング・堀炬燵・木製玄関ドア・吹抜・造作出窓・断熱性能・パッシブデザイン

    創右衛門一級建築士事務所
    • 1304
    • 14
  5. 桜町リノベーション

    年配のご夫婦が暮らす家の断熱リノベーション。断熱材に調質性に優れたセルロースファイバーを使い内装も通気性の良い塗り壁や和紙クロスに。段差もなくしてバリアフリーも実現。お二人にとって使い慣れた愛着のある家なので間取りや見た目はあまり変えず、性能面重視で風通しや陽射しも考慮し冬も夏も快適に過ごせる家にしました。とはいえ、内装はやり直しているのでスッキリとしています。耐震面で壁部分を増やしましたがサンルームなど十分に日の光が取り込めるようになっておりご夫婦のお気に入りの空間になりました。

    鞍城建設
    • 3039
    • 10
  6. 外部環境を取り入れた木の香りのする平屋の住まい

    斜面の上に位置する細長い敷地に合わせて間口が小さく奥行きのある平屋のプランです。 外壁、床材、デッキ、天井などには時が経って味わいが出る木質系の素材を使います。 天井が高い開放的な家族室は開口部を広くとり、周りの自然環境に溶け込むやすらぎのある住まいになっています。

    京都の設計事務所 真島元之建築設計事務所
    • 1689
    • 15
  7. 線路沿いの超変形敷地!多くの制約を個性に変えた、美しい店舗+二世帯住宅

    奥に向かって細長い、鋭角三角形の超変形敷地。 北側を走る線路からの、騒音や振動。 北側斜線をはじめとした、厳しい法的な制限。 そうした様々な条件をすべてクリアし、 さらに、それらを個性に変えて、 美しい店舗+二世帯住宅が出来上がりました。 そんな「酒楽和華 清乃」 のストーリーです。

    仲摩邦彦建築設計事務所
    • 3445
    • 21
  8. ●上高野の家『吹抜のある小さな家』

    南面するリビングに設けた吹抜けを中心にした住まい。冬季は日差しが建物奥まで差込み、逆に夏季には外部に設けた庇やバルコニーで厳しい日差しを遮ることで、可能な限り設備に頼らず暮らせる工夫をしています。 また、ガレージと前庭を大型木製引戸で囲い込みむことで、道路に面した屋外空間を視覚的にもプライベートなスペースとして有効利用しています。

    河合建築デザイン事務所
    • 704
    • 9
  9. ●トキワの家『インナーガレージのある家』

    緑の残る住宅地に建つ4人家族の住まい。近くの山並みが眺められる敷地南東隅に、小さな裏庭を設けることで生活に必要な光と風を取り入れつつ、広がりを感じられるようにしています。 また2階リビングの採光はこの裏庭と格子囲いされたテラスから取り込むことで、程よい開放性を得ながら、周辺環境からのプライバシーも両立しています。

    河合建築デザイン事務所
    • 702
    • 6
  10. アルプスの山小屋をイメージした小住宅 津ノ峰の住宅

    木造2階建て30坪の住宅で小屋裏スペースを全て使用しています。 敷地は小高い山の麓にあり眼下に街並みと海(港湾)が見えます。 家の周りは自然に囲まれた素晴らしい場所で無垢の木(徳島県産杉)で 家全体を造りました。工法はNハウス工法です。 冬期は薪ストーブで家全体を暖房し、 春夏秋は大きな掃き出し窓を解放して暮らす自然派住宅の住宅です。

    中飯賀業建築研究所
    • 756
    • 3
  11. ピロティー空間とNハウス工法の融合 石井の住宅

     このプランは敷地南側に5.0mの道路が有り北側は田園風景が遠くまで美しい。 敷地両側には建物が約20年前より建っている。東西からの日当たりは期待できず また両隣への日当たりの影響を出来るだけないようにプランを作成した。 その為に建物は南北に開かれたプランとなっている。 敷地に奥行きがあり駐車場から長いアプローチを取り玄関を建物の中心にして 玄関前に半外空間を作り、その空間が寝室とリビングを繋いでいる。 小住宅の新しいスタイルの玄関を提案したプランである。 お施主様のアウトドア的なイメージがこのプランを作成するきっかけとなった。 2階は寝室を中心に屋根裏小屋のクローゼットと細長い8帖を配置した。

    中飯賀業建築研究所
    • 730
    • 2

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    74件中 41 - 60 件を表示