開放感

「開放感」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「開放感」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 狭小住宅でもOK!憧れの「中庭」のある住まい5選

    「中庭のある住宅」と聞くとなんだかワクワクしませんか? 中庭は、建物に光や風を効果的に取り入れらるだけではなく、取り入れ方によって他にもさまざまなメリットがあるんです! 今回は、中庭が効果的に用いられている住宅をいくつかご紹介して、中庭の魅力をお伝えしたいと思います♪

    LIMIA編集部
    • 4811
    • 44
  2. 天井まで続く大きな窓やウッドデッキなど……憧れ空間を実現した開放感たっぷりのおうち

    憧れのおうちは「開放感のある家」という方も多いはず。天井まで続く大きな窓、ウッドデッキや縁側、アウトサイドリビングなど憧れは尽きないもの。今回は、そんな願望を叶えた開放感たっぷりのステキなおうちを特集します♪ お気に入りの一軒をぜひ見つけてみてください♡ 

    LIMIA インテリア部
    • 5079
    • 17
  3. 360度の大パノラマ!眺望を心ゆくまで楽しめる鎌倉の高台に建つ家

    鎌倉の高台にある敷地に住まいを構えるD邸。自然に囲まれたエリアに調和しつつも、斜めに傾斜した1枚屋根の外観が特徴的だ。自然とともに生きるライフスタイルが信条だという、Dさんご夫妻の住まいを手掛けたのは、横山浩介建築設計事務所代表の横山浩介さん。施主であるDさんご夫妻の想いと、立地を活かした横山さんならではのプランニングが見事に結実した住まいをご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1467
    • 6
  4. 野路の家(収納家具をテーマにした家づくり)

    -家具の家- 3人のお子さんと一緒に暮らされているご夫婦。 現在、マンションでの5人住まいでは手狭に感じ、一戸建ての住宅を建てることを決められ、今回の計画がスタートしました。 土地は、最寄りの駅から徒歩15分程度で立地のよい場所で約45坪の市街地の敷地です。 お子さんの成長に伴い、増えるであろう3人のお子さんの荷物の収納スペースを確保したいけど、収納を優先することで、広いリビングで家族の陽気で心地の良い居場所を作れるのだろうか・・・ということを心配されていました。 限られた床面積の中で、家族5人の暮らし方を豊かなにしながら日常生活に必ず必要な 収納をふんだんに設けることのできる家づくりを考えました。 そこで、私たちは、収納のあり方を見つめ直すことで、空間を有効に利用することが出来ないか考えました。 収納というと、クローゼット・納戸・押入といった名前を持つ空間(スペース)を作るのが一般的で 空間に開かず閉鎖的で、限られた空間の中で収納を確保するためにリビング空間などの生活部分の広さを犠牲にしています。 どこに何を収納するべきかということを考えながら、収納という空間をただ単に設けるのではなく、収納に+αの機能を持たせることを試みました。 階段が収納の一部になり、収納が勉強机となり、椅子が収納となる。+αの機能を持つ収納を点在させることで、空間には余白が生まれていきます。 その余白部分にお子さんが入り込むことで、お子さんの遊びスペース・隠れ家空間に変化していきます。こうした収納と機能と生活空間をゆるやかに繋げることにより、 多様で豊かな空間が生まれました。 収納は物を片付けるだけの空間という考え方をせず、壁面に収納する家具を点在させることで、無駄なスペースが無くなり、空間を広く使え、収納が日常の一部に溶け込み、あちらこちらでお子さんの姿を感じることが出来る、にぎやかな空間をつくることが出来ました。 物を片付けるだけの収納空間に付加価値をつけることで、今までにない伸びやかな空間設計を試みた住宅となった。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 1369
    • 11
  5. 内と外が緩やかにつながった、「空間グラデーション」の妙

    施主であるHさんが自邸を建てるために選んだ土地は、住宅街のなかにある角地でした。南北に細長い敷地の南と東に面した道路は、それぞれ幅員4mほど。建築家の植村康平さんは敷地を何度も訪れ、Hさんファミリーが暮らす理想的な住空間をイメージしながらプランニングしたといいます。そうして誕生したのが、道路と庭、室内がゆるやかなグラデーションでつながった「カドニワの家」でした。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1900
    • 15
  6. 庭の心地よさを取り込んだ、リビングが暮らしの中心にある平屋

    奥様の実家でもある築100余年の家を大切に守り、暮らしてきたSさんご夫婦。ご子息が巣立ち、夫婦二人のこれからの暮らしや耐震性への不安を考慮して、建て替えることにしました。Sさんご夫婦のリクエストは心地よく暮らせる平屋。石川さんが提案したSさんの住まいの工夫をご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3120
    • 29
  7. 猫と暮らす!都心のリノベーション狭小住宅(その3)、スケルトン階段は明るい家と猫の道を、同時に実現したたったひとつの方法

    猫ちゃんは、自由気ままに階段を上り降りして家の中での生活を楽しんでいました。 外に出ない家ねこは、上下に行動範囲が広がる事で、運動になり活動的なり、日々生活を楽しんでいます。 行動範囲と場所を広げてあげることで、猫の自由な生活が生まれます。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 2551
    • 4
  8. 施主と建築家の信頼関係があればこそ実現!2年の歳月を掛け、こだわりが凝縮した住宅

    注文住宅の魅力とは、「自分たちのために、世界に1つだけの家が建てられる」ことに尽きるのではないでしょうか?間取り、素材、内外装のデザイン等々…。人が家にあわせるのではなく、自分たちのライフスタイルにあった家を創造できる、まさにフルオーダーメイドの住まいといえます。そして、住む人の理想を具現化していくのが建築家の役割です。今回は、こだわりのある施主と、この家を手掛けた上原和建築研究所代表・上原和さんが築き上げた、お二人のゆるぎない信頼関係があればこそ実現した家づくりをご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2426
    • 6
  9. 鉄筋コンクリート構造・地上3階建てなのに2000万円台!「リブハウス」という名の住宅

    鉄筋コンクリート構造・地上3階建て・ホームエレベーター付き・建築家がデザインする世界に1つだけの家…。漠然と「高額なイメージで自分たちには手が届かない…」と諦めてしまいがち。しかし、これらの条件をすべて満たした住まいが、思いがけず身近な存在になるかもしれません。建築家が自らの、そしてご両親と暮らす住まいとして具現化した家づくりご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2111
    • 12
  10. オープンエア(開放感にあふれる戸外とのつながり)を楽しむ家

    細長い敷地が重なり合い住宅が密集しているこの地域に、クライアントが要望する「オープンエアを楽しむ家」が完成しました。 ライトコート(中庭)を囲むように玄関・LDK・和室を配置し、大きな4枚引戸がライトコートに向かって全開できるLDKは特に居心地が良い。吹抜け・ワークスペース(2階)と合わせて同一空間の中で、ご家族は日々の生活を楽しんでいます。

    ㈲滝下秀之建築アトリエ
    • 2416
    • 23
  11. 思わず友達を呼びたくなる!こだわりの作り付け家具が満載の家。 ー「10年愛♡の家」Vol.3 ー

    時を経ていくことでより愛着が湧いてくる、そんな家を紐解いていく連載企画。3回目となる今回は、家の中心となるリビングが空間を繋いでくれる、そして家族をも繋いでくれる、そんなHさん宅をご紹介しましょう。ロフト構造を持った空間演出の効いたリビングとこだわりの作り付け家具が魅力的な、生活のしやすさとお友達を呼びたくなる清潔感が同居したお宅だったのです。

    LIMIA編集部
    • 12808
    • 62
  12. 【EarthDesign×Aisiahouse】相談会を随時開催してます土地探しから水回りやリフォーム迄専門家が居ります

    エイジアハウスで相談会を開いております。 【10月1日~12月24日】土地を買って”新築” 中古を買って”リノベーション”相談会開催  土地・建物・マンション等を購入、お客様だけのカスタマイズの相談会です。 初めての方でもわかりやすくご説明いたします。 ○個別相談なので、じっくりとお話いただけます。 不動産探しから設計施工、さらにローンや保証など、設計士・施工管理士・棟梁・ファイナンシャルプランナー・デザイナー等、専門家が疑問を解決いたします。 勿論・相談は無料です、ご記名は頂きますが本当にアドバイスだけと言う方でも 全然○です追客もお断りならば言ってください一切致しません。 【開催日】  10月1日~12月23日 【開催時間】 ご予約制 10:00~20:00 でご指定下さい 【会場】   Aisiahouse ショールームにて 【交通】   埼玉高速鉄道東川口駅から徒歩10分 浦和美園駅から10分 【料金】   無料 (事前予約の方は送迎いたします)

    アースデザイン whiz Asiahouse
    • 574
    • 5
  13. スキップフロアと吹抜けを設けた開放感あふれるヨーロピアンスタイルの邸宅

    毎日の生活の中で、一番多くの時間を過ごすLDK。 自然とご家族も集まる、くつろぎの場所。 そんなくつろぎの場に、吹抜けとスキップフロアを設けたら… LDKと一体となって、いつでもご家族が身近に感じられる空間に。 中2階にカウンターを設けると、勉強や読書・パソコンデスクなど、ご自由にお使いいただけます。 リビング上部に大きな吹抜けを設けることにより、さらなる開放感を堪能できます。 スキップフロア下には大型の収納スペースを設けて、デッドスペースをなくし空間を最大限に使用。 換気機能を付けて、来客用のお布団や季節物(スキーウエアなど)を収納しても、室内がこもらない造りにすると、カビなどの発生も気にせず収納出来ます。 ご家族とのコミュニケーションを深めるのにも、ホームパーティーでお友達家族と集まるにも、お部屋で過ごすみんなとの一体感と開放感を楽しめる住まいです(*^_^*)

    株式会社ダンデ・ライズ
    • 1563
    • 10
  14. 店舗内を絵画の中の世界として表現した【フェイシャルエステサロン】

    <フェイシャルエステサロン>【Mary'an Royce柏店】様 お施主様からの要望は「エステとしての閉鎖感を無くし、入りやすい店舗にしたい」でした。 施工前には中を覗くにも出入口扉しか無く、開放感を出す為に共用部壁面へ窓を新設しております。 この共用通路・壁面を絵画ギャラリーに見立て、額縁で装飾した窓から店内を映し出してます。 この窓によって中の様子を絵画の世界として感じ取れるようにし、導入をアピールしてます。

    ユニオンテック株式会社
    • 384
    • 1
  15. JB—リビングとつながるバルコニーで夜景を独り占め

    「広いリビングが欲しい」というご要望を受け、いろいろ探した末に見つけたのは、40m²のルーフバルコニーのついた部屋。新宿〜渋谷〜六本木〜東京タワーまでの街並を一望することができます。  この大きなバルコニーを生かしたい。そこで、“バルコニーまで含めてリビングとして捉えてしまおう”という考え方を提案しました。 室内と段差なくバルコニーまでフローリングを敷けば、窓の外にも広がるリビングが誕生。夜空のもとデッキチェアに身を沈めれば、東京の夜景を独り占めする贅沢な時間を満喫。開放感も抜群なので、友人を呼んで、パーティーをすることもよくあるよう。特大リビング以外の床はモルタルの土間に、壁の一部にコンクリートブロックを使ってラフ感を演出しました。 こんなお宝物件に出会えるのも、中古マンションリノベーションの醍醐味。どこかアメリカの西海岸の風が吹いているような、ポップで自由な雰囲気が漂う部屋ができあがりました。

    ブルースタジオ
    • 1173
    • 9
  16. Loci—壁を取り払えず、すべてガラス張りに

    この物件は三方開口で日当たりがよく、都庁や東京タワーなども見渡せる素晴らしい眺望。しかし、壁式構造のため壁を取り払えず、お気に入りの東京タワーがリビングからは見えません。 そこで、壊せない壁以外はすべてガラスで仕切り、視界を窓の外へつなげるプランをご提案。 大きな特徴は、まず玄関まわり。部屋に入ると、いきなり全面ガラス張りのお風呂。もう一つの特徴は寝室。扉を開けると3段の階段があり、フロア全体が大きなベッドのようになっています。そこに直接マットレスを設置。寝室の反対側にキッチンとダイニングがありますが、こちらも日当たりがよくて気持ちのよい空間です。 壁式構造で間取りを動かしにくいというデメリットが、今までにない新しい空間を生み出しました。

    ブルースタジオ
    • 642
    • 3

37件中 1 - 20 件を表示