開放的

「開放的」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「開放的」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 通りみちのある家

    母屋を含む南北に広い敷地のハナレを建て替える計画。建物は従来と同じく南北の庭を残して配置し、メインの白いボリュームの上に透過性のある木の屋根/壁をそっと被せたような構成です。外部の「通りみち」は、東側の敷地内通路横に平行に設けられ、両親が選択的に立ち寄れることを意識した場所となっています。本体の切妻屋根が連続して張り出した2層分の吹抜空間で、屋根を透明素材でつくり支持する壁を木製ルーバーにすることで、まもられながらも光や風を取り込んだ場所です。内部は、勾配天井の垂木を現しとして、梁上を開放することで各室を上部で一体的にしています。軒先まで大きく張り出した垂木は、棟木とそれを支える束をなくすことでより印象的な存在になり、「通りみち」にまで連続して内外をつないでいます。 写真:谷川ヒロシ

    水石浩太建築設計室
    • 1880
    • 25
  2. 【店舗デザイン】街の人々の暮らしと「らしく」に寄り添う写真館

    ー 街の写真館 Studio LAXIQ 新横浜 ― 『街の人たちに寄り添う写真館』をコンセプトに、 3つの異なったテーマに分けられた撮影ブースをデザイン・設計。 壁に大きな円形のライトボックスを設置し、無数のフォトフレームで装飾したアンティークな雰囲気漂うメインスタジオ、 古風なすりガラスの扉に格子と縁台を配置し、和の風情が情緒あふれるコンパクトなスタジオ、 そして、小さなお子さまのベストショットを引き出す、開放的で明るく遊びゴコロ満載なスタジオ。 それぞれの持つテーマの空気感を大切に、街の人たちの大切なシーンを彩る特別な空間がそこに誕生しました。

    OHESO GARAGE
    • 548
    • 1
  3. 薪ストーブがある片流れ大屋根の家

    片流れの大屋根とシンプルなブラックガルバリウム鋼板の外観がかっこいいおうちです。玄関を入ると土間スペースに薪ストーフ゛があり、勾配天井と梁表しのダイナミックな室内はぬくもりあふれる開放的な空間となっています。リビングにはボルダリング用のウォールを設置。また、キャンプ用品やロードバイクなどもしまっておける充実の収納力もGood。

    伸和ハウス
    • 2919
    • 9
  4. 【リフォーム事例】壁一面の引き戸で簡単自在な間取り変更を

    「壁に仕切られていた家をオープンに!」をコンセプトに設計したお部屋は、リビング・ダイニング・キッチンと隣接する2つの部屋を壁一面の「3枚引き込み戸」で間仕切り。 洋室とLDKをフラットに繋げたことで、引き戸を開けるのみでリビングの広さを拡張できる間取りの柔軟性が生まれました。 引き戸の開閉だけで1DLK~3LDKまで、簡単自在に変えられるフレキシブルな住空間は、壁による閉塞感を極力排除した開放的で動きやすい動線の居室にリノベーションされました。

    東京下町のリフォーム会社セイワビルマスター
    • 2246
    • 4
  5. 高い天井で豊かな空間に 天井裏の有効利用

    家の大きさ、部屋の広さには制限があります。でもあきらめずに空間を有効に使います。ふつうは広さのイメージは水平方向にとらえます。天井を外し、屋根の傾斜に合わせて天井を作りますとイメージが一変します。リフォーム前と変わらない広さでも「広くなった!!」と言われます。また家の質感が豊かに変わってきます。屋根の傾斜、面積にもよりますが瓦屋根は天井裏が高く効果が出ます。家のグレードが上がり施主様に喜ばれます。

    株式会社ハウスプラン
    • 700
    • 3
  6. フトコロのある家

    奥まった敷地に計画されたペット愛好の施主の住宅です。長辺方向は隣家が迫るため壁面を閉鎖的にして、短辺方向は両端で60cmという最低限の耐力小壁を連続させることで開放的にしています。この小壁で生じる「フトコロ」部分は、カーテンで閉じたり開いたりしながら、収納になったり作業台や机になったり、はたまた部屋の一部になったりと、様々にその役割を変化させます。南側には玄関を兼ねた大きな土間をテラスと一体的につくり、木製格子で囲って目隠しにしています。大開口の窓を開けることで内外がつながり、同居するペットたちとも交流できる場所になっています。生活をしながら「フトコロ」が様々に変化するような楽しい家になるのではないかと思っています。

    水石浩太建築設計室
    • 1938
    • 18
  7. 空間を広く見せる工夫がくつろぎを生む家

    結露によるカビや汚れが目立っていた内装を一新するとともに、「くつろげる広々としたリビング」や「奥様が喜ばれる対面キッチン」をご要望いただきリフォームさせていただきました。 リビングはダークブラウンで統一されていた内装を、柔らかく明るい色合いの木目を基調とした空間に変更しました。リビングの入り口は天井までのハイドアにすることで視線を上に持ち上げ、空間を広く見せています。構造上取り除けない柱にはスリット入りの仕切りを取り入れ、開放感を出しました。 キッチンは、これまで独立タイプで奥まった場所にありましたが、位置を変更しリビングと一体となったオープンタイプとしました。また、キッチン隣りには新たにパントリーをつくり、食器や食品をはじめ日用品など家中のものをしまえる空間に。収納としてだけでなく、キッチンの続きのように使ったり書き物やアイロンがけなど家事も行える奥様のための特別な場所となりました。 空間を広く見せるために趣向を凝らしたこと、そしてパントリーをつくり家中のものをしまえる場所を作ったことで、リビングや他の空間もすっきり広々とし、家の中にくつろぎが生まれました。

    朝日住宅リフォーム
    • 2909
    • 26
  8. 「開けっ放しのできる家」

    斜面に対して横長の配置計画で建物のどこにいても素晴らしい眺望を得ることができるプラン構成としました。更に、自然環境の中に身を置く心地良さを得るための配慮として、南面サッシは全引戸で両袖のRC壁に引き込まれ柱だけが残る全開口とし、木製デッキを迫出し、屋内外の環境の一体化を図りました。また両袖のRC壁は構造的にも南面の開口から筋違いを消す役目も担っています。  全開口は、寝室、ラウンジ、浴室へと続き、移動可能な浴槽は、時にデッキに持ち出され自然な風に吹かれながらの入浴が楽しめます。 これは「傾斜地に建つ建物」と言うより「傾斜地に設けた風雨をしのぐステージ(舞台)」と言うところです。  四季折々の自然環境を楽しむステージとなることを期待いたします。

    アトリエ慶野正司
    • 699
    • 1
  9. ~天井高さ5.2Mロフト付き平屋建て住宅~

    7寸勾配の天井を吹き抜けにすることにより、天井高さ5.4Mの大空間のリビングとダイニングを演出しました。 トップライトと掃出し窓で、明るく開放的リビングで、遊ぶお子様を見ながら、お料理ができます。 和室は、お施主様から御支給頂きました赤い縁が特徴の畳です。 お子さんが、お父さんとお母さんを上からの眺めるために、ついつい上がってしまう大きなロフト いつかは本棚を造り、置き畳を敷き、ほんのり静かな書斎スペースになる予定です。  1本の梁を受桁として踏み板を乗せたちょっぴり斬新な木の階段もみどころ。 外観は、外壁の色を幕板により2色に分けることにより、可愛すぎず、お洒落です。

    Anhouse
    • 1412
    • 10
  10. ボロボロの山小屋を住宅にリノベーション「あなたとわたしの家」

    長野県にあるボロボロの築45年の山小屋を専用住宅にリノベーション。 ほとんど崩れかけていた、山小屋をリノベーションしました。近所の不動産屋もこれはないわよね。といって紹介された物件の改修を手がけました。 全く断熱のない住宅に現場発泡ウレタン材を充分い吹き付け、-20度に達する冬の寒さから住宅内を守っています。暖房は薪ストーブ1台ですが、問題なく冬期を過ごしています。 また、床面積が小さいので、開放性を確保するために、1階の柱は全て取り去り、独特な合掌梁からロフト床を吊っています。開放性と断熱性を両立させた住宅リノベーションです。 住宅実例「あなたとわたしの家」

    鈴木貴詞【スズケン一級建築士事務所】
    • 2056
    • 65
  11. 湘南ライフ "ビーチライフを満喫できる住まい"

    鵠沼海岸駅より徒歩5分、優しい木の温もりが印象的な"hale211" 優しい色合いのキッチンや開放的なリビングの他、お庭やガレージなど趣味の楽しみが広がりそう。 海岸からも程近いこの住まいは、「湘南ライフ」を満喫するのにぴったりな空間です。 その他詳細はこちらより http://shonanlife4woman.com/housing/1732

    Shonan Life for Woman
    • 890
    • 7
  12. 星稜台の家

    建築主と土地探しから取り組んだ「住まいの計画」 建築条件付き分譲地の端地が1mの接道の為、売れ残っていた。 南側は墓園の行政の緑地・・・そこを1m借地して2mの接道義務を果たして 法規をクリアーして建築しました。 一緒に探して、行政に掛け合ったこそ完成した「住まい」です。 西側は墓園の緑地で・・・目の前が緑 心地よい住まいが出来ました。

    もやい建築事務所
    • 740
    • 3
  13. 光と影

    抜け感×ウォルナット フレキシブルな暮らし コンクリート現しの天井を白く塗装し、木目が特徴的な無垢オークの フローリングをLDの床に敷き詰めた2LDK+WICプラン。 窓から入るあたたかな光で目覚める朝。 LDと隣接した寝室には天井に扉を取付けるための鴨居をあらかじめ2つ設け、 ライフスタイルに合わせて、空間をフレキシブルに変えられるつくりに。 趣味の登山グッズが並ぶWICや和室は、リビングや玄関側からアクセス出来るよう、回遊性のあるデザインにしました。 鴨居や内窓で緩やかにつながった各スペースには、心地よい風がかけめぐります。 日々変化する暮らし方に合わせ空間も変えていける、至極のプライベート空間が完成しました。

    nuリノベーション
    • 697
    • 3

おすすめ

話題のキーワード