和モダン

「和モダン」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「和モダン」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 雷山の別荘|絶景と天然温泉を楽しめる和モダンの邸宅

    佐賀県との県境に近い雷山の中腹、遠く玄界灘を望む別荘地に建つ別荘の計画です。 傾斜地の細長い敷地形状に合わせ、長さ約40mのゆるやかな弧を描く平面形が、連続するトップライトを持つ切り妻の瓦屋根によって覆われています。眺望の確保と、高いレベルで接道する前面道路との関係から、建物本体はピロティー形式の高床構造となっており、ずべての部屋はゆったりとした奥行きのある展望バルコニーに面してリニアに配置されています。 エントランスドアを開け寒緋桜の植わった中庭を見ながらエントランススペースを下ると、テンションロッドの連続する屋根架構が特徴的なギャラリーに導かれます。ゆったりとした幅員を確保した廊下を兼ねたギャラリーには、絵画を展示するためのスペースとしても利用されます。 室内は、約30畳のリビングダイニング、独立したパウダールームを持つ2つのベッドルームと和室、供給される天然温泉を利用した浴室などで構成されており、屋根架構を現した高い天井高と電動ブラインドが内蔵されたトップライトからの明るい光が特徴的なインテリアとなっています。 トップライトを含む居室の開口部にはLow-eペアガラスを採用、屋根、壁面には通気層を持つ高い断熱性を確保し、床吹き出し方式の空調を採用するなど、快適な居住環境の確保と環境負荷の低減を目指しています。

    TAPO 富岡建築計画事務所
    • 1677
    • 24
  2. 昭和小路の長屋Ⅱ|賃貸向け京町家のリノベーション

    京都市東山区。昭和初期に建てられた長屋の改修プロジェクト第二期工事。長年居住していた前入居者によって奔放にアレンジされた内装・外装を剥がし、DIY増築された部屋を減築して庭を復元、オリジナルな状態に戻した上で、薄暗かった二間の和室を杉板張りの大きな居間に転換してファミリー向けの住居に再生しました。東西の開口や階段上部から漏れる光が白く仕上げた壁・天井によって拡散して、庇の深い町家ながら室内は明るい雰囲気で満たされています。土壁の補修は中塗りに留め、新設の合板や床板は古色塗装せず素地のまま用い、殆どの柱梁や木製建具を美装・補修の上再利用しました。改修をリノベーション(刷新)よりむしろリストア(再起)と捉えることが、厳しいコストの制約を受ける事業案件の改修を解く鍵になるのではないかと考えています。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 2054
    • 2
  3. 家と外構が織りなす和モダンの空間美

    家に合うような塀が欲しいというご要望をもとにエクステリアをデザインしました。門塀の一部と道路境界塀にセラ ウォール RC杉板を取り入れ、モダンな雰囲気を演出しています。外壁に木材を使ったデザイナーズハウスとの相性を考慮し、境界塀にはイペ材を使用しました。植栽との相性も良く、爽やかな印象を感じさせます。

    HealTheGarden
    • 3227
    • 4
  4. 佐保路の家|奈良町家のリノベーション

    奈良市の旧道沿いに建つ大正期の町屋。建物の骨格はしっかりしているものの、玄関や道路側の和室はテナント貸しするために大幅に増改装され、その後空き家となって放置されていました。奈良市の補助金を活用することで木格子や庇、焼杉壁、瓦屋根といった町屋の意匠を復原し、内部は古い柱梁や天井板を活かしつつ耐震補強を施し現代的な住み方に合わせてリノベーションしました。一階は大きなリビングと庭を見ながら調理できるアイランドのダイニングキッチン、回遊性の高いバックヤードとコンパクトな水回り。二階は多目的に使える天井の高いワンルーム。厨子二階の下屋を吹き抜けに変更して玄関と鉄骨階段を新設しました。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 1773
    • 10
  5. 第42回風景のある家完成住宅作品展「山裾の家」(岡山福山尾道)

    今回の会場は尾道東と松永の間に位置する高須町となります。 お客様と繰り返し練ってきた住まいは仕掛けがいっぱい。 玄関ドアを開けると目に入り込むのはタイルの壁と鉄骨階段。壁にはわびさびの演出が出来るように小さなニッチや気配を感じれるような小窓など設けました。浴室はテンパードアで広がりと透明感を。和室にもお客様のこだわりを取入れてます。 LDKは二階。天井高さを低く抑えた部分と十分高さを確保した部分とのメリハリが豊かな空間を創り上げています。小屋裏に登れる階段もインテリアの一部になるようにデザイン。見どころ満載の作りとなっていますので是非お誘いの上ご来場ください。 ■開催日時:2019年9月21日(土)+9月22日(日)10:00~17:00(予約不要) ■開催場所:広島県尾道市高須町3592-3 北隣り ■計画構造:木造二階建て ■お問合先:080-2942-5000又は✉info@huukei-design.comまで

    風景のある家.LLC
    • 1066
    • 1
  6. ごろりスペースに、和モダンに。もはや定番「半畳縁なし畳」

    リノベでは「半畳縁なし畳」が主流です。洋室やフローリングとも馴染みやすく、半畳という大きさで限られたスペースにもぴったりおさめることができる半畳縁なし畳。ちょっとだけごろんと横になるスペースや、気軽に和を取り入れたい方からのご指名が増加中。では実際にどのように取り入れたのでしょうか?リノベ実例をご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 12223
    • 13
  7. 【DIY】おしゃれな《デコ障子》でいろいろなインテリアを簡単DIYしてみよう♪

    みなさんのお宅には、障子はありますか? 最近の戸建ての建築には、あえて障子を取り入れている場合が多いそうですよ。やっぱり日本ならではの和のテイストはどこかしらに取り入れたくなりますよね。そこで今回は〔大直〕から、おしゃれな障子紙のアレンジ方法をご紹介いたします♪  障子紙は実はDIYにも使えるアイテムなんですよ。実用例もご紹介しますね♪

    株式会社大直
    • 6482
    • 107
  8. 三つの陸屋根を持つコートハウス

    閑静な住宅地に建つ木造二階建ての住宅です。 角地ですが風致地区に指定されているため、道路境界と隣地境界からそれぞれ2メートルと1メートルの壁面後退が義務付けられ、さらに景観計画区域に指定されているため、敷地面積の10%以上の緑化が義務付けられている厳しい条件の土地に建っています。 建て主からの要望は、明るく風通し良い和モダンの住まいで、収納スペースを多くしてほしいとのことでした。 また、ゴルフが大好きなご主人からゴルフシミュレーターを設置してほしいとのご要望もありました。 そこで日当たりのいい東南に植栽のある中庭を設け、それを囲むようなL字型プランにして採光と風通しを確保するコートハウスしました。 日当たりとご主人の趣味などを考慮して1階を寝室・和室・浴室・洗面室といったプライベート空間に、2階をリビング・ダイニング・キッチンといったパブリックな空間のプランとしました。 さらに、ゴルフシミュレータースペースの天井高さ・間口・奥行きは、決められた寸法を確保する必要があったため、2階リビングに配置して天井を高くしました。 1階のウォークインクローゼット・納戸部分は平屋にして、2階ダイニング・キッチンとリビングの天井高さに変化を付けることにより、高さの異なるボリュームを組み合わせた三つの屋根のあるコートハウスになりました。 1階の水廻り設備であるトイレ・洗面室・浴室も一箇所にまとめ、浴室から中庭の緑が眺められるようなプランにしました。 寝室に隣接したウォークインクローゼット・納戸は間口が一間、奥行きが三間半の細長い7畳の広さがあり、所有されている箪笥三竿がすっきり納まるようにしました。 階段を上ると、リビング・ダイニング・キッチンと間仕切りの無い広いワンルームになっており、空間にリズムを与えるため、天井高さと天井仕上げに変化を加えて、ダイニングの天井は無垢の羽目板を張りました。 L字に配されたリビング・ダイニングに隣接したデッキテラスは6畳の広さがあり、屋内のリビング・ダイニングと一体的な空間が感じられるようにデッキ床との段差を無くしました。 天井の高いリビングはご主人がこだわったゴルフシミュレーターが設置され、国内外の有名ゴルフコースがリアル体験でき、壁一面の大型スクリーンでは、ゴルフを楽しむほかにテレビやDVDも観ることが可能です。

    三浦尚人建築設計工房
    • 4725
    • 7

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    213件中 1 - 20 件を表示