スマートハウス

スマートハウスに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすくスマートハウスについてご紹介しています。

  1. "いい家を安く"そんな嘘みたいな夢を叶える。ヤマダ・ウッドハウス

    家電量販店として不動の地位を築いているヤマダ電機。そのヤマダ電機の100パーセント子会社として2013年11月1日に創立したのがヤマダ・ウッドハウスだ。注文住宅事業として現在31店舗で展開し、近々10店舗のOPENを予定しているという勢い全開の同社の、家づくりに対する想いとその安さの秘密に迫る!

    LIMIA編集部
    • 58690
    • 92
  2. IoTでますます便利に!「スマートハウス+α」の最新住宅設備~これからの家の常識

    最新の住宅設備は日進月歩です。キッチン、ユニットバス、トイレ等は勿論、その他の住宅設備もどんどん進化しています。また一般の住宅でもIoTはどんどん活用されています。省エネ性能に加え、数年先には家じゅうの設備が全て集中コントロールできるのが当たり前となります。

    共和木材工業株式会社
    • 1157
    • 4
  3. 【ZEH+V2H(Vehicle to Home)対応】角地を活かしたマルチに停められる駐車場

    自宅の車の駐車スペースと駐車方法は検討の優先順位が低く、妥協や慣れに任せてしまいがちですが、今回は立地(周回道路の突き当りの角地で、近隣の数軒の住人様の通行がメインで不特定多数の車が行き来する立地ではない)を最大限に活用すべく、事前に徹底的に使い方を検討しました。立地を活かした、バック駐車が苦手な方でもストレスなく駐車できる駐車場です。基本的に2台駐車ですが、停め方次第(縦)では3台駐車も可能です。 外壁には(PH)EV用の200Vコンセントを設置しました。またEV用コンセントの横には将来的なV2Hへの拡張や蓄電池との連携を見据えたコンセントを設置。現在のハイブリッド車のように、EV化が進む数年先を見据えた設計としております。 また、V2Hにも対応できる分電盤(パナソニック製スマートコスモ)とHEMSによりスマートハウスを実現しております。 【ポイント】 ① 駐車スペースは普通車2台もしくは小型車・軽自動車を含めて3台。 ② 3方向に駐車可能。内2方向はバック駐車の必要が無い前向き駐車(前方道路へUターンせずに通り抜けメイン道路へ接続可能)。 ③ 植栽の縁石は車の車体より低く設定。タイヤの車止めにはなるが、ドアの開閉に影響はない。 ④ コンクリートには目印の溝を設置。どの方向にも停めやすい工夫。 ⑤ 駐車場の横に洗車にも利用できる立水栓を設置。 【V2H(Vehicle to Home)】について 太陽光で発電した電気は、自己消費以外は売電となりますが、今後の電気料金の値上りや、万一の災害等で停電となった際には、作った電気を貯めて使えることが理想です。そのためには蓄電池を設置する必要がありますが、現状ではまだまだ高額で費用対効果も良くありません。一方で急速に普及している電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)は大型蓄電池を搭載しており、これを蓄電池の代用として活用しようとする考え方がV2Hです。現時点ではまだハイブリッド車が主流ですが、これから先はEVやPHEVが更に一般的になると思いますので、この家は将来、EVやPHEVを購入された際にも対応できるように、あらかじめV2H用の配線を仕込んでおります。尚、V2Hとするためには(EVやPHEVとの連には)、電気を交換する「パワコン」を別途、設置する必要があります。

    共和木材工業株式会社
    • 635
    • 1
  4. 低価格でも安心の注文住宅「Felidia」ーヤマダ・ウッドハウス

    家電量販店、ヤマダ電機の子会社として注文住宅事業を展開する”ヤマダ・ウッドハウス”が今、業界内外で大変注目されています。前稿ではなぜヤマダが住宅事業に乗り出したか、そしてその安さの秘密と質へのこだわりを存分に語って頂きましたが、本稿ではヤマダ・ウッドハウスが自信を持ってお勧めするという完全自社ブランドとして開発した耐震木造住宅「Felidia(フェリディア)」を紹介していきつつ、その人気の秘密を探っていこうと思います。

    LIMIA編集部
    • 16409
    • 66
  5. 【ZEH・スマートハウス】無垢の床とホワイトオークの建具で北欧&ナチュラルテイストを演出

    《工務店のこだわり満載》 ★5人家族でもゆったりと生活できる余裕ある広々した家 延べ面積は40坪超、LDK20畳のゆったりした間取り。2階の11畳部屋は分割可能な間取りとしました。収納もたっぷり用意しました。 ★ママの家事や子育てを手助けする家 LD全体を見渡せる対面キッチン、家事スペース、水回り、ゴミ出しまでママの動線を考えた間取りです。 ★断熱や耐震などの基本性能をしっかりと押さえた家 長期優良住宅の高い基本性能を確保した上で、更にZEH基準を充足する高い断熱性能(アクアフォーム断熱ZEH仕様・樹脂サッシYKKAP「APW330」)を備えました。 ★自然素材を積極的に取り入れながらも、最先端の機能を持った家 無垢の床材等をふんだんに使いつつ、キッチン、トイレ、洗面、バスにはワンランク上の人気の最新設備をそろえました。無垢床へのワックスは自然素材由来のAUROワックスを使用しました。 ★子供が良い学習習慣を身に着けることを助ける家 ママの目が届く小学校卒業までのリビング中心の学習から、個室への移行後(受験時期)にも配慮しました。 ★夫婦、子供たちのプライベートはしっかりと確保した家 可変間取りを取り入れたことで、それぞれの個室を確保。また個室を通らずにバルコニーに出られる間取りとしました。 ★ランニング、メンテナンスコストを抑えた、環境にも経済的にもエコな家  高断熱と省エネ機器による光熱費等のランニングコスト低減と、メンテナンスコストの低い外壁(ニチハ「Fuge」)を採用しました。   ★リフォームで培った細やかなこだわりを、随所に取り入れた家  通常より数多く設けたコンセント、暖房効率アップと音漏れを防ぐリビング階段引き戸、ホルムアルデヒドを吸収する吉野石膏「ハイクリンボード」等、何気ない部分にもきめ細かく配慮しました。

    共和木材工業株式会社
    • 1241
    • 13
  6. 【ZEH・スマートハウス】自然石の外構と最先端の性能(樹脂サッシAPW330・目地無サイディングFuge)を融合

    《工務店のこだわり満載》 ★サイディングはNICHIHA「Fuge」を使用 サイディングにはメンテナンスコストを大幅に低減したNICHIHAの「Fuge」を採用しました。目地無で30年間シーリングの打ち替えが不要のプラチナシール、超高耐候のコーティング「プラチナコート」を採用し、約30年間のロングメンテナンス化により、大幅なメンテナンスコスト削減を実現します。 ★断熱や耐震などの基本性能をしっかりと押さえた家 長期優良住宅の高い基本性能を確保した上で、更にZEH基準を充足する高い断熱性能(アクアフォーム断熱ZEH仕様・樹脂サッシYKKAP「APW330」)を備えました。また玄関ドアには最新の電子Key搭載のYKKAP「ヴェナート」を採用しました。また、ホルムアルデヒドを吸収する吉野石膏「ハイクリンボード」等、何気ない部分にもきめ細かく配慮しました。 ★自然素材を積極的に取り入れた、エイジングにより家と馴染む外構 自然石(疋田石)と季節により変化する様々な植栽(落葉樹・常緑樹・季節の花々)をふんだんに使い、年月を経るごとに家と馴染む生きた外構を作り込みました。 ★次世代のエネルギー環境にも配慮 太陽光発電(5.88kw)+HEMSによりZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を実現。また将来を見据えて、電気自動車用のコンセントをあらかじめ設けました。勿論、将来の蓄電池導入に向けた、置き場も確保しております。 ★メンテナンスの手間を省く木質樹脂製のウッドデッキ  弊社は材木屋で、木製のウッドデッキの作成実績を豊富に持っておりますが、施主様のメンテナンスの手間(こまめな塗り替え)に配慮し、敢えてLIXILの木質性樹脂でウッドデッキを設けました。 

    共和木材工業株式会社
    • 1251
    • 5
  7. 住宅の省エネ性 『スマートハウスは本当にスマート?』

    東日本大震災以降、住宅の省エネ性がより大きく求められるようになっています。 数年前からは、大手ハウスメーカーを中心にスマートハウスと呼ばれる住宅が宣伝されるようになりました。(今では全く耳にしなくなりましたが…) 住宅を省エネにする場合、その手法は大きく二つに分かれます。 建築的な対応をするのか、あるいは設備的な対応をするのかです。 上記のスマートハウスは、設備的な対応の典型例です。 しかし、私たちは、設備に依存しなくてもよい健康で快適な家づくりが一番良いものだと考えています。 なぜなら、家づくり(建築)は普遍的なもので、設備は所詮消耗品だからです。 設備機器の耐用年数は十数年くらいで、その後更新しなければなりません。 しかも、このような機器の開発スピードは加速度的に速くなっており、高効率の最新設備もすぐに陳腐化してしまいます。 極端な言い方をすると、導入時の性能を維持しようとすると、耐用年数より前に頻繁に更新しなければならなくなります。 いくらスマートハウスといった格好の良い名前をつけても、スマートなのは最初だけでそれを維持するのに相当な費用が発生することになりかねません。 これで本当の省エネ住宅といえるでしょうか? 何事にもいえますが、外面だけみていては分からないことがたくさんあります。 皆さまの夢のマイホームです。 後悔しないためにも、内面、本質を見て判断していきましょう!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 515
    • 5
  8. 住宅の省エネ性 『流行に乗るのは得策?』 

    前回、住宅の省エネ性の2つの方法について記しました。 現在行われているのは、設備に頼る方法が圧倒的に多くなっています。 それな何故でしょうか? 一つは、手っ取り早く効率的だからです。 こういってしまっては身も蓋もないですが、最新設備をつけるだけですからすぐに出来てしまいます。 一部の業者は中身もしっかりとつくりこんでいますが、ほとんどの業者の家づくりそのものは変わっていないのではないでしょうか? またこの場合の効率的とは、お客様にとっての最適性ではなく、業者にとっての効率性です。 もう一つは、流行に乗っているようで一見華やかに見えるからだと思います。 大手がこぞって宣伝しているので、メディアもそれに追従し流行をつくりだしています。(以前はスマートハウス、今はZEH) そしてその流行に乗ったものであれば、何となく安心できるし、時代の先端をいっているような気にもなります。 このように一気に機運を高め流行を作り出す手法は大手の十八番で、私たちには到底できるものではなく商売的には上手いと感心しますが、こと家づくりにおいては本質ではありません。 これでは、設備の家、電気製品の家であり、消耗品の家になってしまいます。 10年後、20年後はどうなっているでしょうか…。 心配になってしまいます!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 513
    • 4
  9. リフォーム I様邸

    築40年以上のお住まいを太陽光+オール電化住宅リフォーム!! 通風・断熱・耐震を大幅強化 ・1階の和室+縁側を広い和モダンな洋室にリフォーム ・1階の玄関外装、2階の内装の素材に温かみのある県産材をふんだんに採用 ・2階を間取り変更を含めた全面リフォーム ・非常時の電源にも利用でき、月々の生活費負担を和らげる太陽光発電システム ・省エネ住宅エコポイント対象工事

    株式会社グッドワンリフォーム
    • 430
    • 3
  10. リフォーム I様邸

    築40年以上のお住まいを太陽光+オール電化住宅リフォーム!! 通風・断熱・耐震を大幅強化 ・1階の和室+縁側を広い和モダンな洋室にリフォーム ・1階の玄関外装、2階の内装の素材に温かみのある県産材をふんだんに採用 ・2階を間取り変更を含めた全面リフォーム ・非常時の電源にも利用でき、月々の生活費負担を和らげる太陽光発電システム ・省エネ住宅エコポイント対象工事

    株式会社グッドワンリフォーム
    • 459
    • 2
  11. SIMPLE LAY_陸屋根

    傾斜屋根以上に雨水の滞留が問題となる陸屋根でも、防水層を傷めることなく設置ができます。また陸屋根では、ソーラーパネルの背面方向からくる風がスタグネーションを起こし、設備に大きな揚力がかかります。CFD(コンピュータによる流体解析)や風洞試験から得たデータをもとに、安全性の高い構造体を実現しています。 RCはもちろんのことALCにも対応。

    株式会社オルテナジー
    • 401
    • 3

みんなの投稿コンテスト