狭小

「狭小」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「狭小」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 下丸子の狭小住宅・東京/建築家と建てる30代の家

    ―自分たちらしさを出せる家づくり― 「都心に家が欲しい」と、ザウス東京店に来店されたご夫婦。 「狭小住宅になるのはわかっているが、建売住宅のようなデザインは嫌。広さに制限がある中で、出来る限り自分たちらしさを出したい」と建築家へのデザイン力に期待されていました。 ―外観は、一度縮こまったモノが大きく広がろうとするカタチをイメージ― 設計を担当したのは、建築家の七島幸之さん。 「狭小住宅にありがちな周りに遠慮した感じではなく、四方八方に伸びていくようなデザインを心掛けました。少し過剰に凹凸させた外観は、一度縮こまったモノが大きく広がろうとするカタチをイメージしました。」とのこと。 個性的で遊びやゆとりを感じますが、窓の位置などはしっかりと計算されています。 ―ただ面白い空間というだけじゃない。計算された生活動線― 室内も同じように、らせん階段・アールのついた壁や、凹凸した壁などの遊び部分と収納や生活動線計画がうまくまとめられており、見ても楽しく、ご夫婦らしさが感じられる豊かな空間となっています。 ご夫婦は、「周りでは見かけない個性的な家で、訪れる人も10坪(建築面積)という数字よりも、変化の富んだ空間に惹かれてくれます。ただ単に面白い空間というだけじゃなく、生活もしやすく、とても気に入っています」と大満足されていました。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス東京店(0120-054-354) 設  計/建築家 七島幸之 規  模/地上2階建て+ロフト 構  造/木造 敷地面積/54.9m² (約16.6坪) 建築面積/32.3m² (約9.8坪) 延床面積/62.5m² (約18.9坪) 施  工/株式会社 ラムズカンパニー 撮  影/アトリエ・フロール株式会社

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 18014
    • 190
  2. <都市型><狭小><3階建> の黒いパッシブハウス

    都市型の狭小住宅。大阪市内ではもっとも多いのがこのカタチだと思います。 土地条件としては 土地間口約4.8m、奥行き約12m(道路負担除く)、約60㎡実質約18坪(道路負担除く)は市内の建替えで最も多い敷地形状です。 西向き間口のこのお家の南面は現在駐車所になっていますが、将来的には建物が建つことも想定してプランする必要があります。また、間口が狭小であるため、最大有効を考えながらも近隣等の環境プライバシーをよく検討して窓配置を行う必要があります。 プランとしては、1Fに水回りを集約し、2FのLDKをゆったり目に。各階への通風・採光は、階段スペースを利用してつなぐ。そんなお家となりました。モダンシックなダークトーンで外観・内観ともにコーディネイトした、スタイリッシュなお家です。よく「吹き抜けや階段のドアが無い家は寒くないですか?」とお客様にご質問されることがありますが、実際は逆です。狭小住宅で小さく仕切ることは、視覚的・日射・通風上・最大有効面積どの点においても不利になります。そもそも、居室部分と非居室の空間との境界にドアがないと温度差ができてしまう家、そこに根本的な問題のある「非健康住宅」であると認識してください。 当社の誇る高断熱・高気密住宅では室内はエアコン2~3台で家中を温度差を4度までに抑えることが可能です。だからこそ光・風を家全体に通わす大空間を実現することができ、同時に快適な温度・湿度も兼ねそろえた空間を実現できるのです。 これからの新しい都市型住宅のカタチを、快適な断熱性能の視点からリモデルしたタイコーならではのお家です。

    タイコーアーキテクト
    • 2847
    • 7
  3. 狭い空間を広く見せる!狭小地なのに快適な理想の空間づくりのポイントって?

    都心など、狭小地に立つ住宅。狭小地では、土地の持つポテンシャルを最大限引き出すことでより空間を広く感じさせ、快適な暮らしを実現させることができます。狭小敷地に負けない快適で自由な家づくりのポイントを、参考事例とともにご紹介します。

    フリーダムアーキテクツ
    • 20402
    • 81
  4. 中野坂上のガレージハウス/建築家と建てる30代の家

    ―建築面積約7.8坪という狭小ガレージハウス― 土地探しから家づくり計画がスタート。 クルマを愛するご主人は、家の中でクルマのメンテナンスができる、ガレージハウスをご希望でした。 その為、クルマの出し入れが行いやすい土地を検討。 設計を担当した建築家によるラフプランを用いながら、その土地にどのくらいの面積の家が実現できるのかなど、じっくり検討しました。 ―北接道の土地でもしっかりと光と風を届ける工夫― 建設地の北側に道がある土地。南側に道路がある土地に比べ、採光に課題がありました。 LDKに大きな窓を設置して採光を確保。しかし、大きな窓ではプライバシーが心配・・・そこで、外部からの視線を遮断するためにアルミ製ルーバーを取り付ける工夫をしました。 また、階段とリビングの上に吹抜けを設け、生活空間に光と風が届き、明るく風通しのよい空間になっています。 北接道の土地だと部屋が暗くなるからと諦めずに、明るくするための建築家のアイデアを生かした設計のガレージハウスです。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス東京店(0120-054-354) 設  計/建築家 濱里豊和 規  模/地上3階建て 構  造/木造 敷地面積/43.1m2 (約13.0坪) 建築面積/25.8m2 (約7.8坪) 延床面積/74.9m2 (約22.7坪) 施  工/株式会社 ラムズカンパニー 撮  影/アトリエ・フロール㈱ 他

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 10865
    • 13
  5. 格子が際立つ 京都「和モダン」分譲住宅 ~平成の新「京町家」をイメージして~ 

    京都市内で弊社がプロデュースした3階建て分譲住宅です。20坪の限られた区画の土地に床面積33坪を確保しました。白い塗り壁風の壁をベースに4棟のバルコニーの柄や面格子の色味を変え、また一体外構として、統一感の中にもそれぞれの個性を表現しています。朱色のポストがアクセントとして際立っています。もちろん、家としての基本性能はしっかり押さえ、機能性(使い勝手)や手入れのしやすさ、大容量の収納スペース等にも、きめ細かく配慮しました。

    共和木材工業株式会社
    • 1188
    • 11
  6. MAS-h/ニワをつくる・3階建て住宅

    1階は店舗、2,3階が住宅。敷地は建物の密集地なので、2,3階の住宅部分にタテとヨコの【ヴォイド】を設け、光、空気を取り入れ、密集している外部を切り採る様に内部に取り入れ、開放的な空間としています。 ヨコの【ヴォイド】は、前面の道路と裏側の空き地を結んだ吹抜けとなっており、ヨコの【ヴォイド】にすべての室が面して配置し、光、風を散りいれられるように考慮。 タテの【ヴォイド】は、建物の中心に建物を切り取る様に設け、光・空気を空から取り入れる【ニワ】としています。密集地なので、真竹のすだれ状の横格子を設け、プライバシ-確保のを考慮。 また、一部、床板及び階段の段板を外せる様にして、遊んでいる空間が無い様に、そこかしこを収納として使用しています。

    vox/上村千秋建築設計室
    • 741
    • 1
  7. 六甲の狭小住宅2/建築家と建てた30代の家

    ー 大きな吹き抜けから採りこむ光と風 ー 約11坪という限られた敷地に、地上3階建て、天井にデッキ、地下収納庫付きという狭小住宅が建ちました。建築家の設計です。 1階には駐車スペースと洗面・浴室・トイレを配置。水回りは配管スペースを考え1階に集中させています。 2階にはLDK、3階に居室という間取り。地下に大容量の収納庫を設置して、狭小住宅でネックとなる大きなモノをまとめて収納できます。 2階は一部に天井までの吹き抜けをつくり、さらに床の一部とダイニングセットを格子状にして、1階までトップライトからの光が届く仕掛けが施されています。 ダイニング・キッチンはリビングより床を1段高くして、視線を変化させることで空間を広く感じさせるスキップフロアを採用。 さらに、壁に収納棚を造り付けにするなど、限られたスペースの中で圧迫感が出ないように収納が設けられています。 3階の居室上部にはロフトがあり、男女2人の子どもたちには少し狭いながらも、個室スペースが与えられています。 また、吹き抜け部分には物干し用ロープが仕込まれており、雨の心配をせず、太陽光の下で洗濯物を干すことができます。 しっかりとスペースの使い方を確認しながら打ち合わせを重ねた結果、生まれた快適な狭小住宅。 間取りや家具の配置だけでなく、床や柱などの木の色と白い壁や天井の色の配分も絶妙で、全体をすっきりと見せるのに一役買っています。 こちらの住まいは、 資料請求で無料プレゼン中の「狭小住宅事例集」に掲載しています。 資料請求はザウス公式HP www.zaus-co.com からどうぞ。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス大阪店(0120-360-354) 規  模/地上3階建て 構  造/木造 敷地面積/37.0m2(約11.1坪) 建築面積/22.1m2(約6.7坪) 延床面積/63.3m2(約19.1坪)

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 1798
    • 2
  8. まさかの回り階段下にトイレ作りました(笑

    奥行き1000mm ワイド780mm 高さ最大1870mm 階段下収納程度しか作れない場所にトイレ収めました。窓も換気扇も付けて、手洗い器まで設置しましたが、すごく快適です。(欲を言えば本棚が欲しかった・・・)使用材料はパナソニックのアラウーノです。タンクレスなのと便器が広く掃除しやすいトイレでした・・・プラなので値段もリーズナブルです。 3Dプリンターから出てきたようなプラの無機質感がいいですね〜(o^^o) 狭小空間の設計は打ち合わせが大変ですが面白い

    株式会社プロダクト
    • 2179
    • 3
  9. 「コンパクトに過ごす場所」秋谷の家

    海水浴場から小さな漁港へ続く小道に面し、天気の良い日は江ノ島越しに富士山が望める海まで10秒の一等地。クライアントは都内に動物病院を経営するご夫婦で、10坪の土地に必要最小限の機能を盛り込んだ、ワンチャンと過ごす週末住宅の計画です。
間口の小さい土地形状に対し1階には二重の耐力壁を設けて、海側への開口を可能な限り広く確保しています。トイレの建具1本のみの3階建てのワンルームは屋上を含め、都会の喧騒を忘れられる最高のロケーションを取り込んだコンパクトながらも心地よい住まいになっているのではないでしょうか。 共同設計 CANARRI 

    アーキラボ 一級建築士事務所
    • 640
    • 2
  10. ~カフェ風ナチュラルアンテークの家~

           **** 見どころ **** ① 可愛いナチュラルアンティークの外観 ② ワンちゃん用明るく温かいインナーテラス ③ カフェ風キッチン ④ 広々ロフトのある子供室 ⑤ 好きな雑貨がたくさん飾れるリビング階段 ⑥ 無垢床と漆喰塗壁の自然素材健康住宅 ⑦ 部屋が広く見える高さ2.7Mの梁表し天井 ⑧ 冬暖かく、夏涼しいダブル断熱工法 ⑨ 安心・安全な耐震等級3の構造 ⑩ 5倍長持ちの赤い柱(加圧注入処理材)

    Anhouse
    • 1264
    • 4
  11. 線路沿いの超変形敷地!多くの制約を個性に変えた、美しい店舗+二世帯住宅

    奥に向かって細長い、鋭角三角形の超変形敷地。 北側を走る線路からの、騒音や振動。 北側斜線をはじめとした、厳しい法的な制限。 そうした様々な条件をすべてクリアし、 さらに、それらを個性に変えて、 美しい店舗+二世帯住宅が出来上がりました。 そんな「酒楽和華 清乃」 のストーリーです。

    仲摩邦彦建築設計事務所
    • 2527
    • 18
  12. リビングを2倍以上の広さに!狭小地の二世帯住宅で実現した広い家

    住宅密集地の中の、狭小地に建つ二世帯住宅。    法律上建てることが可能な、建坪16坪ちょっとの中に、 二世帯5人が暮らす場所を確保する必要がありました。    そのため、様々な工夫で「広い家」を目指しました。    そんなMS-House のストーリーです。

    仲摩邦彦建築設計事務所
    • 5610
    • 52
  13. ST-HOUSE

    敷地面積40㎡ほどの3階建ての住宅。隣地境界線と、建物との間のわずかな外部空間も、内部のように感じられるに、コンクリートブロック塀を設けた。このコンクリートブロック塀は、エクステリアとしても、またインテリアとしても機能している。 竣工 / 2013年 所在地 / 東京都渋谷区 規模構造 / 木造、地上3階 主要用途 / 専用住宅(夫婦 ) 敷地面積 /40.73㎡(12.32坪) 建築面積 / 24.08㎡(7.28坪) 延床面積 / 62.14㎡(18.79坪) 施工 / アズ建設 photo by平井広行

    PANDA : 株式会社 山本浩三建築設計事務所
    • 521
    • 2
  14. 狭小住宅だからこそスキップフロアーを 階段が図書館な住まい : 聚楽廻の住宅

    南北の通りの東側にある敷地は間口4.4m×奥行13.8m=18.3坪、さらに南北には3階建ての隣家、東にも隣家の迫った厳しい環境の中での計画です。 3階にある小さな屋上のハイサイドライトから降り落ちる光を東西からなるスキップフロアで挟み込む形で生活空間を立体的に配した空間構成としています。 階数という考え方では無く必要不可欠な生活のための容積をどのように連続的に繋いでいくかということが解かれています。 玄関ホールや階段、踊場といった一般的には通過空間として捉えられるスペースに積極的な行為(用途)としての機能空間(書斎、図書コーナー等)を重ねることで多様で密度の高い住まい方を提案しています。

    in-ex design. インエクスデザイン
    • 771
    • 7
  15. 白楽 T邸-隣地に囲まれている旗竿借地敷地の家-

    神奈川県横浜市神奈川区 2013年6月竣工 敷地面積:73.36 M2 東側を隣家でバッチリ囲まれている 旗竿の借地敷地の建て替えです。 敷地面積の半分以上を通路で 使ってしまう為、建坪は約10坪ほど。 南側の日照は期待できず、 唯一抜けているのは西側の一部。 この中で快適な住まいを 設計するために奮闘しました。 周囲隣地に建つのは全てアパート。 日照は良くなく、可能建坪も非常に小さい という厳しい環境条件の中での設計でした。 なるべく無駄な廊下部分をなくす 中階段式プランにし、 周囲からの視線を避けて プライバシーを確保しつつ 開口部からの採光を確保すること、 家族の花粉症対策のための水廻りや玄関部分、 全体構成の工夫を盛り込んだ住まいです。

    有限会社 鈴木アトリエ
    • 1005
    • 9

43件中 1 - 20 件を表示