螺旋階段のアイデア(2ぺージ)

「螺旋階段」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「螺旋階段」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. GV House

    この住宅は商業化が進む住宅街にあります。クライアントからはプライバシーが守られた中で ガーデニングや野菜づくり 喫茶 陶芸も楽しみたいという希望がありました。庭(Garden)は樹林 花壇 野菜畑とタイプを分けながらも緩やかにつながった景色をつくり出しています。平屋の小さな3つの棟 玄関棟 茶室棟 工房棟は庭に突き出した形で構成され 外部スぺースとの密な関係が集落(Village)を想起させます。

    谷重義行建築像景
    • 1106
    • 8
  2. 生活の楽しさが溢れ出るカラーコーディネートの子供部屋がある住宅

    土地探しのご相談からご依頼を頂いたモダンな住宅であります。 お施主様よりお子様の学校の校区を変えたくないとの条件に基づき、数か所の土地を見て回りました。更地では、建築条件が付いていたり、売値が高かったりして、ご予算に合う土地がありませんでした。それ故、古家付きの土地を購入しそれを解体して新築住宅を建てるという運びになりました。 敷地は、公道に接した袋小路の土地であり小さい子供さんがおられるご家族にとっては交通問題に対し安心な土地であります。 敷地は、一般的に狭小敷地(約15坪)と言われる形状であります。 それ故、外観は、敷地の最大限の有効活用を求め3階建て直方体としております。 建築家ならではこだわりの創作住宅として、モザイクタイルパターン張り・連窓サッシ・アルミパンチング板・透明ガラスの庇をデザイン的に設計することにより、建築物のボリューム感をだすように努めております。 内部空間は、縦に連なる3層の空間を各層ごと個室で割り振るのではなく、3層の空間を縦方向の一層の空間と考え、それぞれの各層(各階)が外光を享受でき、室内空間の広がりを持たせる工夫をしております。  建築家:設計事務所の豊かな発想が求められた建築で、デメリットをメリットにし、家族の気配を感じ取りながら、日々の暮らしが楽しくなるおもちゃ箱のようなわくわくできることをテーマにした天井が高い住宅設計を施しています。 暮らすこと自体が楽しむ箱となる、おもちゃ箱的発想の住宅設計のカラーコーディネート。 育ち盛りの子供達のため、生活の楽しさが湧き水の如く溢れ出る色彩デザインにより、明るく開放的な空間で創造力をのばしていく注文住宅の設計です。 壁面のクロスは上品なカラーですっきりとモダンにまとめました。 建築家ならではのアイデアで、階段周りのクロスは少し張りわけして、動きのあるアクセントに。 コストをかけないで、既製品にはないオシャレ感を演出。 床は、汚れに強い塩ビ系シートを市松張りにすることで、ローコストでボリュームを出しました。 黄色のシートは、「窓際なので気を付けて」というお母さんからのメッセージ。

    中浦建築事務所
    • 999
    • 14
  3. 階段リフォーム!成功のためのアイデアとモデルをご紹介

    今回は、階段のリフォームを成功させるための情報をまとめました。階段は、お子さんやお年寄りなどにとって危険も含む場所です。階段のリフォームは、家をより安全で快適にするために必要不可欠なのです。みなさん、この記事を参考に階段をリフォームしてみませんか?

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 8596
    • 11
  4. 豊かな自然に囲まれた別荘建築

    ゴルフ場の中にある、別荘建築。 外壁には焼杉を張り、外からは中の様子が伺い知れないよう、極力窓を少なく配置しています。 しかし、建物の中に一歩足を踏み入れると、その外観からは想像もできないような開放的な 空間が広がり、大自然の景色が眼前に飛び込んでくるような仕掛けを試みました。

    傳寶慶子建築研究所
    • 770
    • 6
  5. 大開口のあるリビング

    家族が自然に集まり語り合える、明るくおおらかな住宅づくりをモットーに、家事動線を活かした洗面・キッチン・ダイニング、リビングから子供室までをワンルーム空間におさめました。 太陽の光が窓いっぱい差し込む室内は開放感にあふれ、吉野ヒノキの香りが住宅いっぱいに包まれる自然素材の住宅設計をしています。

    中浦建築事務所
    • 622
    • 4
  6. 螺旋階段のある家

    息子さんの同居を期に全面的なリフォームをご計画。 築50年経過、過去に町工場を営まれていた経緯もあり、間取りが 非常に使いにくく日中でも照明を使わなければならない状況でした。 ご家族の皆様とお打合せを重ね、耐震改修を含む大幅な間取り改修としてご提案させていた だきました。 写真は一部しかありませんが外壁、屋根、水廻りも含めたフルリフォームです。

    (株)リフレックス
    • 646
    • 7
  7. ロフトと薪ストーブと枕木の階段。七里ヶ浜の高台にある一軒家。

    江ノ電・七里ヶ浜駅を出て海と反対側の坂道を上りきったところにある、一軒家。自宅の一室や空き家などをゲストハウスとして貸し出すことができるairbnbというサービスに登録されており、予約すれば宿泊可能となっている。 今回は、オーナーの美加子さんに家へのこだわりや、airbnbならではの楽しさをうかがった。

    LIMIA編集部
    • 8374
    • 65
  8. 大海原の景色が広がる海沿いの別荘

    景観の良い海沿いの2階建てRC住宅。 海をいつでも眺められる景色の良い別荘として海岸沿いの傾斜地に建築する為、堅牢なRC造が条件でした。特長として柱や間仕切りのない大空間のLDKや横6.7m×縦2.4mのリビング大開口窓など壁式工法の良さを最大限表現しました。また出幅4.0mの柱のないキャンチバルコニーはゆとりあるオープンスペースとなっています。更に格子天井や左官仕上の壁のある和室、螺旋階段のある吹抜けなど上質な設えも整えました。 そして檜の浴槽のある露天風呂や屋外プールが自然を満喫できるアメニティスペースとして最大限楽しめる空間を表現した邸宅です。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 868
    • 11
  9. 八事の家

    1階を貸店舗とし、2階一部をアクセサリー教室、残りの部分を住居とする3階建ての店舗併用住宅。 道路から建物までの距離があまりないところで、どのように視線を和らげて雰囲気作りをするかというところに 重点をおきました。 石畳と植物、1/4円の緩やかなカーブの螺旋階段により奥行を感じさせる入口としています。 2階に上がったところのホールは、狭さを軽減した少し遊び心のある形状に。訪れた方だけにわかる仕掛けを ​楽しんでもらえる場としました。

    ヨコイツトム建築設計事務所
    • 681
    • 2
  10. キナリの家

    夏休み午後の縁側での昼寝をイメージした住宅。 大磯のおおらかな環境と光・風を存分に満喫する設えとしての住宅を考えた。 南側の6Mの大窓をフルオープンにすると、リビング・縁側・庭が一体となった子供の遊び場が出現・・・半年後の再会では、長男坊は野生児に! 吹きさらしの畑に面した北・東面はシェルターとして閉じた壁面のオブジェ的な形態として、遠目でも一目でわかるキャラクターを付与しようとした。 The site is located at the edge of dwelling area close to the sea that is facing the agricultural land spread to the north-east mountain side. The house was placed on the north side of the site in order to protect the garden from seasonal wind from north in winter. Internal area was designed with an emphasis on continuity with the garden. In the south elevation, wide window and shallow depth wood deck which is like japanese traditional 'engawa' were provided as connect elements of the internal area and the garden, whereas other elevation was designed defensive to outside. Triangular roof was slightly rotated with respect to the axis of the outer wall, the elevations got asymmetric shapes that offer humorous feeling at glance.

    アトリエハコ建築設計事務所
    • 1137
    • 8
  11. 品川の住宅

    住宅密集地、間口4Mの「ウナギの寝床」。 家族3人の住まいを『立体迷路』のように組み立てました。 数珠繋ぎのように連結された各部屋と、その合間に挿入された余白としてのテラス・階段。 光・風・眺望が織り込まれたシークエンスの豊かさ、 家族それぞれが選択する『距離』の多様さ、居場所の数々が、 毎日の生活に活気を与えることを期待しています。

    アトリエハコ建築設計事務所
    • 756
    • 3
  12. 下丸子の住宅

    狭小住宅の「何となく縮こまって周りに遠慮しないといけない感じ」を払拭すべく、四方八方に伸びをするような家を目指した。 若干過剰気味の凹凸、アチコチに向いた窓、一見トマソンな吹抜、螺旋運動が強調された階段・・・ジャンプするときに一瞬屈んで力を溜めるように、コンパクトだったり色々と接近したり。。。 さしずめ空間の柔軟体操とでも言うようなこれらの「動き」が、生活に活気とリズムを与えてくれるのではないかと期待しています。 The narrow site is facing the small alley that people only go through almost. We tried to get much more living space effectively in the small building, by putting circulation spaces less as much as possible. The family living area was placed on the upper part of the building, resulting to getting openness thanks to enough ceiling height and thanks to natural light from high windows. In the lower part, in order to be able to live comfortably among the limited area we tried to create fluidity of the internal space by providing void in horizontal and vertical direction around the spiral stair. The facade formed by lines of the roof, eave, railings, eaves ceiling and wall made in different angles was designed to look various different shapes in response to pedestrian's position.

    アトリエハコ建築設計事務所
    • 749
    • 4
  13. 海の見える家

    2階建てなのに5層、中央吹抜を囲み螺旋状に階段で5つの部屋が繋がる空間構成!! 1階正面から家に入ると、特に玄関を設けず、いきなり大きく吹抜けた土間が広がります。 この吹抜を囲むように螺旋状に各部屋を配置し、廻り階段を利用し各部屋と繋がっていく動線計画です。 海岸まで100mのところにあり、海を遠くまで眺められるよう、背伸びをしたような外観をしています。 1階は土間で外部とスムーズに繋がり、 2階は180°のパノラマビュー、ロフトに上がると太平洋が望めます。

    遠藤浩建築設計事務所
    • 669
    • 2

おすすめ

話題のキーワード

    47件中 21 - 40 件を表示