螺旋階段

「螺旋階段」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「螺旋階段」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 通りみちのある家

    母屋を含む南北に広い敷地のハナレを建て替える計画。建物は従来と同じく南北の庭を残して配置し、メインの白いボリュームの上に透過性のある木の屋根/壁をそっと被せたような構成です。外部の「通りみち」は、東側の敷地内通路横に平行に設けられ、両親が選択的に立ち寄れることを意識した場所となっています。本体の切妻屋根が連続して張り出した2層分の吹抜空間で、屋根を透明素材でつくり支持する壁を木製ルーバーにすることで、まもられながらも光や風を取り込んだ場所です。内部は、勾配天井の垂木を現しとして、梁上を開放することで各室を上部で一体的にしています。軒先まで大きく張り出した垂木は、棟木とそれを支える束をなくすことでより印象的な存在になり、「通りみち」にまで連続して内外をつないでいます。 写真:谷川ヒロシ

    水石浩太建築設計室
    • 1881
    • 25
  2. 10のフロアが行き交う間口2間の狭小住宅

    品川から数分の駅近くにご夫婦が手に入れた土地は18坪。この近辺では一般的な面積で間口は2.5間。予算と必要な内部空間から選ばれた構造は間口2間の木造3階建。木造であるため下の階に行くほど壁量が必要になる。そこで我々は朝、昼、夜の空間にわけ南側に積層し、どの時間帯にも属さない空間を北側に配置し木柱とスチールによる螺旋階段により繋いだ。駐車場、主寝室、和室、LDK、水周り、勉強室、子供室、ロフト、テラス、屋上と実に10のフロアがあり、階段を上るとその壁量の減少と共に明るくなっていくため地中から空へ向かっているような感覚を得る。法規的には3階建てだが4階や5階にも感じる高揚感のある住宅となった。

    studio LOOP
    • 4342
    • 5
  3. Rのパティオ・螺旋階段が吹き抜けリビングにかかるコンクリート打放しのモダンな家

    外観はコンクリート打放し仕上げの外壁とR状の壁にはおうとつのあるこて塗り仕上げの塗り壁で変化を出し、閉塞感を軽減するために玄関アプローチ、R壁にスリットを!玄関アプローチにはあえて段差を付け1階床高さを通行人の目線より高く設定。R部分は外壁の一部ではなく、LDKから続くパティオ(中庭)の壁!のっぺり感をなくすために建物よりつながる庇をスタイリッシュに!玄関、駐車場上部にも大きな跳ねだしの片流れの庇、支える壁を斜めにすることで、よりスタイリッシュ・近未来的な外観に!玄関正面には大きな窓、つきぬけ効果で広く、明るく!約32帖のLDKにはらせん階段、床にはベルギー古木の風合いのあるアンティークオークの無垢材、 壁には珪藻土、調湿、消臭効果のある土佐和紙、無垢羽目板など画像では使用!上部を吹き抜けにすることでいっそう開放的なLDKに!ダイニングより続く庭には全開口サッシ、約18帖の水盤のあるパティオ(中庭)に。LDKのどこからも見えるので、小さなお子様が安心して遊べるお庭です。リビングには和室も、市間仕切りを作らず障子で囲い全開口できます!リビングスペースを広く使いたいときには有効です!キッチン後ろには創り付けのキッチン収納、廊下を抜け家事室、創り付け手荒いのあるお手洗い、洗面、お風呂へと!2階の居室スペースは16帖の主寝室に5.6のウォークインクローゼット、13.3帖の洋室、7帖の子供室。各室5.8帖と5,9帖のプライベートなバルコニーが!リビングテラスで天気のいい日にはパティオでくつろぎの時間をお過ごし下さい。

    Design 1st.一級建築士事務所
    • 1784
    • 3
  4. 下丸子の狭小住宅・東京/建築家と建てる30代の家

    ―自分たちらしさを出せる家づくり― 「都心に家が欲しい」と、ザウス東京店に来店されたご夫婦。 「狭小住宅になるのはわかっているが、建売住宅のようなデザインは嫌。広さに制限がある中で、出来る限り自分たちらしさを出したい」と建築家へのデザイン力に期待されていました。 ―外観は、一度縮こまったモノが大きく広がろうとするカタチをイメージ― 設計を担当したのは、建築家の七島幸之さん。 「狭小住宅にありがちな周りに遠慮した感じではなく、四方八方に伸びていくようなデザインを心掛けました。少し過剰に凹凸させた外観は、一度縮こまったモノが大きく広がろうとするカタチをイメージしました。」とのこと。 個性的で遊びやゆとりを感じますが、窓の位置などはしっかりと計算されています。 ―ただ面白い空間というだけじゃない。計算された生活動線― 室内も同じように、らせん階段・アールのついた壁や、凹凸した壁などの遊び部分と収納や生活動線計画がうまくまとめられており、見ても楽しく、ご夫婦らしさが感じられる豊かな空間となっています。 ご夫婦は、「周りでは見かけない個性的な家で、訪れる人も10坪(建築面積)という数字よりも、変化の富んだ空間に惹かれてくれます。ただ単に面白い空間というだけじゃなく、生活もしやすく、とても気に入っています」と大満足されていました。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス東京店(0120-054-354) 設  計/建築家 七島幸之 規  模/地上2階建て+ロフト 構  造/木造 敷地面積/54.9m² (約16.6坪) 建築面積/32.3m² (約9.8坪) 延床面積/62.5m² (約18.9坪) 施  工/株式会社 ラムズカンパニー 撮  影/アトリエ・フロール株式会社

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 18959
    • 201
  5. ホール・LDK、ライブラリー。「3つの集いの場」で家族がつながる家

    緑豊かな公園そばの土地に家を建てることを決めたHさんご夫妻。お2人が最初に希望したのは「周囲に対して開かれた住まい」だった。この要望に応えて設計者である角倉剛氏が考えたのが、大きな土間のある玄関ホール、LDK、そしてライブラリー、3つの場で家族や友人が集う住空間だ。随所に斬新なアイディアがあふれる、角倉氏の家づくりを覗いてみよう。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2356
    • 12
  6. 家族がどこにいても繋がる家

    敷地は分譲地の北側に位置し東西、南面は住宅が建つ。開放性とプライバシー性の再考察を主題とし、まず各階共に南側は全開口の窓とした。1階は内部縁側と外部デッキを連続させ視線が芝の広がる庭に向くようにした。深めの屋根と袖壁が木製サッシを守りながら夏の強い日差しと隣家からの視線を遮っている。寝室が並ぶ2階はテラスに壁を設け外部からは見えず、東西と上部を開放し白い壁に光を反射させ照度を確保した。内部は空間同士が洗面、廊下なども含め吹抜けや開口を通じて繋がり家族の声が響き渡る。夜には奥行きの違う1階の各空間が一つの視界の中で様々な表情を見せてくれる住宅となった。

    studio LOOP
    • 4109
    • 16
  7. 変形地に建つ投資マンション

    広尾に建つ賃貸マンションです。もともとオーナーの住宅があり、オーナー住戸併用の賃貸マンションをご要望されていましたが、お土地やロケーションのポテンシャルを上げるには、賃貸専用のマンションにされた方が良いのではないか、という私たちのアイディアを採用していただきました。 広尾という場所柄、できるだけ高級感を出しつつも、投資用ということであまりコストもかけないようデザインを工夫して、投資物件として成立させようと計画しました。 間取りはメゾネット、吹き抜け+ロフトなど様々なバリエーションを用意し、変形地(三角形)に10室を設けることができました。 面白いことに、変わった間取りから埋まっていきました。面白い間取りというのはニーズがあるようです。

    アトリエシーユー
    • 1119
    • 1
  8. 西が岡I邸 -分譲住宅を明るくリノベ-

    建て主は80年代に一斉分譲された住宅地の一角を中古で購入し、リノベーションすることを選択されました。設計を依頼された我々のミッションは「外部には手を触れず(この分譲地では外観のルールがあり、コストも厳しいので…)内部のみの改修でどこまで明るく開放的な空間にできるか」ということ。 検討の結果、余剰スペースだった2階の中央の部屋の床を取除いて吹抜けとし、2階の窓やトップライトから1階リビングまで自然光がふりそそぐ構成にしました。更に吹抜けにデッキ状のブリッジを渡して2階の主要動線とし、新たに鉄骨螺旋階段を挿入(クレーンが使えず現場溶接も難しいので、3分割して人力で入れて中で組み立てました)開放感の獲得に努めました。また、1階の水廻り空間は浴室やトイレを含めワンルームとした海外のバスルームのようなつくりとし(アンティークな馬目地タイルもこの雰囲気づくりに一役かっています)2か所の出入口を設けた回遊プランにしています。 出来上がった空間は少しラフな印象もありますが、すがすがしくチャーミングなお住まいになったと思います。

    遠藤誠建築設計事務所
    • 784
    • 4
  9. 駅前通りの家(東京都)

    「商業系地域」から「低層住居地域」へと用途地域が変化する駅前通り。 その並びにある計画地は、「用途地域境に立地する事」、「道路から一段高い地形」により、周りの建物と比べるとのびやかな佇まいで個性を主張しています。 建物の外形は、大容量の太陽光発電パネルを搭載する為に南側から北側にせり上がる「片流れの大屋根」、高度斜線や計画道路のセットバックラインなどを下敷きに、内部空間との取合いのスタディーを繰り返して形を導き出しました。 また、住宅が密集した地域でも自然光の入る良好な環境を維持するため、建設前に隣家の窓位置を全て計測して各フロアで視線のバッティングを微妙に避けながらコンパクトにプライバシーを確保したり、遠くに抜ける眺望の広がりを求めています。外部への視線や景色を切り取るための縦長の開口やドーマー窓などを配置して、通りに面した生活空間に表情を与えようとも試みました。 ​ 趣味の野菜作りのための温室、展望スペース、オーディオ鑑賞、ガレージ、仕事場など、「生活を楽しむ事」がテーマとなった夫婦のための住宅であり、内部はその大きなボリュームを切り分けながら、基本的な生活空間と温室や展望の場、仕事場が繋がっています。 幾度の操作により現れた「様々な方向への抜け」は、ダイニングから見上げると温室の緑越しにさらに空へと続いていたり、リビングからは上部の展望窓の開放感を感じられたりと、ゆとりを生みだしています。 また、内外の設えは現代的なデザインの中にクラシカルな雰囲気を融合させる事を試行しています。洋服で言うならば襟や袖口のレースやステッチなど、ちょっとした装飾をあれこれと思案するような事。主題ではない些細な部分が、いつの間にか空間全体の印象をつくりだすことも考察しています。 設備面では、都心部での大規模災害に対する備えも考慮、「9.73kwの大容量の太陽光発電パネル」「蓄電池」を採用する事により出来る限り自給可能な「オール電化」としています。 「電気式蓄熱床暖房」、「エコキュート」、「電気使用を可視化するためのHEMS」、「電気自動車用コンセント」等太陽光発電システムを最大限生かし、普段は余剰電力は「売電」、不足電力のみを「買電」し出来る限りエネルギー供給に頼らない計画としています。

    川久保智康建築設計事務所
    • 1319
    • 4
  10. 交差する境界の家

    住宅密集地の角地に建つ小さな住宅です。建物は5.58m角の正方形平面で半地下を含む3層構成となっており、各階は十字型に交差する木造門型フレームによって緩やかに仕切られ、北西の奥まったウチ・スペースと、南東の開放的なソト・スペースをつくっています。ウチ・スペースは各階8帖分の機能的で守られた場所で、ソト・スペースは大小の窓により外部的要素の入り込んだ流動的な場所です。門型フレームには4枚引戸が十字に走り、季節や使われ方によってウチ/ソト・スペースをつないだり区切ったりと関係性を変化させます。限られたスペースにあえて境界をつくり、家の中に少し外っぽいところや曖昧なところができることで、様々な居場所や可能性を見いだせる家になったと思います。 写真:谷川ヒロシ

    水石浩太建築設計室
    • 1195
    • 10
  11. 住まいの階段5 螺旋(らせん)階段

    五回目は階段を中心軸で支持する螺旋(らせん)階段です。 螺旋(らせん)階段は構造上、鉄を使って作ることになります。(周りの壁を使って支える方法もありますが、その場合は回り階段と呼ばれています。) 螺旋(らせん)階段は、その渦巻き状の形が空間のアクセントになり、視線が通るスマート階段をつくることができます。省スペースで設置できますが、中心付近では勾配がきつくなります。また、中心軸からの片持ち構造のため、踏み板の外周側のたわみが大きくなります。歩行時の揺れの感じ方には個人差があるので、部材のメンバーは慎重に決めることが必要です。さらに、階段は重たい物や大きな物が運び込まれる搬入経路でもあるため、その点での検討もしておくことが必要です。

    設計事務所アーキプレイス
    • 968
    • 2
  12. ロフトの脱デッドスペース!梯子から階段への交換リフォーム

    多くのロフトに設置されている梯子では、あまり使いやすいとは言えず、 せっかくのスペースが物置きになってる。。。 という状況は、多く聞かれます。 ARKEロフト階段への掛け替えによって、 階段では驚くほど小さなスペースで十分な昇降機能を確保できます。 書斎やアトリエ、子供たちの勉強スペースなど、 ロフトの使い勝手を改善し、部屋を1つ増やす工夫を。

    株式会社ピラミッド
    • 4520
    • 20
  13. 「人も空気も回遊する」一色のソーラーハウス

    小高い山の東側斜面の中腹に位置する敷地に、クライアントのかねてからのご希望であるパッシブソーラーシステムを設けた一般的な大きさの住宅の計画です。 冬場は屋根の熱を床下空間に送り込み家全体を暖める。夏場は屋根面は排熱し、床下の涼しい空気で家全体を冷やす。
何れにしても空気がよどみなく家中流れるようなワンルームに近いプランが求められます。同時に人も。内部、外部問わず行き止まりの無いプランは、2階リビングの場合に希薄になりがちな外部との関係性も解消されています。 葉山らしいライフスタイルにあった建物ではないかと思います。

    アーキラボ 一級建築士事務所
    • 540
    • 1
  14. 憧れの螺旋階段にリフォーム!メリットや実現のポイントをチェックしよう

    螺旋階段にリフォームするメリットやポイントをご紹介します!螺旋階段といと、「シンデレラ」に登場する白い階段のような素敵なイメージがあります。そのため、簡単にはできないと思う方が多いと思います。そこで今回は、意外と実現できる螺旋階段へのリフォームのメリットを、アイデアや事例と一緒にまとめました。憧れの螺旋階段にリフォームしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください!

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 8096
    • 9
  15. ~ 太陽光発電とダブル断熱で、トリプルエコな長期優良住宅 ~

    お洒落な鉄骨らせん階段と吹き抜けがあるリビングです。 リビングとキッチンで会話ができますが、段違いに計画したので、遊びにこられたお客様からキッチンが見られないようになっています。 リビングとキッチンに接して和室があり子供を見守れます。押入れは床上げして坪庭を設けました。 和室は建具を仕切れば1室として利用でき、お友達やご親戚が遊びにこられた場合に、泊まることが出来ます。 建具を全部開けると、LDK+和室が30畳あり、開放的な大空間となり、子供達が走り回ることが出来ます。 子供室はミッキーマウスのガラスをはめこんだ可愛らしいドアに、雲形マークの可愛らしいカーテンにしてしました。 また将来2部屋に仕切れるようにしました。

    Anhouse
    • 736
    • 4

おすすめ

話題のキーワード

    47件中 1 - 20 件を表示