遮熱

「遮熱」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「遮熱」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. エアコンの冷房効果を高めて節電にもなる!おしゃれシェード[サングッドⅡ]で夏の日差しを遮光しよう!

    今年も厳しい猛暑が続きますね。室内にいる時も、冷房や扇風機など欠かせません。実は室内で感じるあの夏の暑さ、その約70%は窓から入り込んでくるもの、ということをご存知でしょうか。効率的な冷房効果、気になりますよね。そこで今回は〔セイキ販売〕から効率的な冷房効果、そして節電につながり快適な夏を過ごす方法をご紹介いたします。必見です!

    セイキ販売株式会社
    • 6777
    • 50
  2. 夏の遮熱対策 窓はこんなに暑かった!|窓からの熱と日差しをブロックするオシャレなブラインドがあるんです。

    お部屋が暑くなる理由の1つに「窓からの熱」があります。なんと!この熱をブロックするブラインドがあるんです。見た目はオシャレなブラインド。冬場もそのまま使えます。これからの暑い季節、強い西日や窓からの熱をブロックして、快適なお部屋作りのお手伝いをいたします!

    【明るいお部屋を研究する】あかりラボ
    • 6363
    • 32
  3. 夏が到来する前に、屋根をペイントリノベーションしませんか?(瓦屋根編)

    ジメッとした梅雨が明け、カラッとした夏が到来するこの季節。 イベントが盛り沢山なこの季節。 キャッキャワクワクする前に、する事の一つに「ペイントリノベーション」が あります∑(`□´/)/ 暑い暑い日差しが降り注いて、ダメージを負いやすい場所の一つに 「屋根」があります! 本格的な夏が来る前に、強い日差しから屋根をペイントガードしませんか?(゚ー゚*)

    カンペ ハピオ
    • 2478
    • 4
  4. 夏が到来する前に、屋根をペイントリノベーションしませんか?(トタン屋根編)

    ジメッとした梅雨が明け、カラッとした夏が到来するこの季節。 イベントが盛り沢山なこの季節。 キャッキャワクワクする前に、する事の一つに「ペイントリノベーション」が あります∑(`□´/)/ 暑い暑い日差しが降り注いて、ダメージを負いやすい場所の一つに 「屋根」があります! 本格的な夏が来る前に、強い日差しから屋根をペイントガードしませんか?(゚ー゚*)

    カンペ ハピオ
    • 1727
    • 4
  5. 住宅の省エネ性 『最新設備 VS 伝統素材!』

    今回も引き続き住宅の省エネ性のお話。 くどいと思われるかもしれませんが、お付き合いくださいませ。 前回まで設備に頼る省エネの問題を指摘してきましたが、建築的な対応で行う省エネ性とはどんなものかを考えたいと思います。 例えば、夏場の暑さを凌ぐためにはどういう方法があるでしょうか。 設備的な対応であれば、エコキュートなどの高効率なヒートポンプを使ったり、太陽光などで発電して電気料金を賄うといった方法になります。 これに対し建築な対応は、家づくり(つくり方)によって室内の温度そのものを下げ、エアコンなどの電気使用を減らすというものです。 当社も使用している漆喰を外壁に使用した場合、その自然の遮熱効果で外壁の表面温度が10度以上下がることにより、室内温度が2~3度程涼しくなります。 これにより、エアコンの設定温度も低くなり、使用頻度も少なくなるかもしれません。 また、夏の暑さ、不快さは湿気の影響が大きいですよね。 これも、内装を漆喰などの呼吸する自然素材を使用すれば緩和してくれます。 クロスなどの呼吸しない工業化製品では、このような呼吸する働きはありません。 これは一例であり、呼吸する断熱材や呼吸する無垢材など、本当の家づくりに不可欠な素材がたくさんあります。 私たちがつくる呼吸する家は、生き続ける家です。 効率重視の工業化製品でつくる家は、完成したときがベストの状態ですが、この自然素材でつくる呼吸する家は、完成時がベストではなく、時を刻むほど味わい深く、そこに住まう人とともに成長する家です。 また、省エネ性は電気代だけではありません。 メンテナンスにどれくらい必要かも重要な省エネの要素です。 設備に頼る家づくりは、メンテナンスが前提となっています。 10年、20年で相当なコストを要する家では、いくら格好の良い名前がついていても省エネではありません。 本当の家づくりとは何のかを、基本に立ち返り考えていきましょう!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 950
    • 5
  6. 温度差のない住環境 『ヒートショックは冬だけではない?』

    これからの寒い季節は、ヒートショックに気を付けないといけませんね。 でもこのヒートショック、起こるのは冬だけではありません。 年中発生リスクがあり、真夏でも起こりうるものなのです。 その原因を探り、危険を回避していきましょう!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 1094
    • 9
  7. 遮熱と住宅『熱中症増加問題の根源とは!?』

    今年の夏も暑かったですね。 熱中症も連日警戒され、外出は控えましょうというアナウンスがよくされていました。 でも、いくら外出を控えても、室内でも熱中症になってしまいます。 どう防げばよいのでしょうか? この対策を家づくりの観点から真向挑んで参ります!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 819
    • 8
  8. 遮熱と住宅『寝苦しい夜から解放されるには!』

    「家のつくりやうは、夏を旨とすべし」 と徒然草にあります。 そして、「暑き比わろき住居は堪へ難き事なり」とあるように、夏の暑さは年代を問わず厳しいことが分かります。 暑いこと、それは変えようがありません。 でも、対策をすれば軽減することが出来ます。 今回は、その対策法を見ていきたいと思います!

    住み心地No.1の家を追求する岡谷ホームズ
    • 814
    • 4
  9. ニャンともかわいい自動車用日よけ「ニャンシェード」が誕生

    フェリシモのユーモア雑貨ブランド『YOU+MORE! [ユーモア]』が、『フェリシモ猫部』とのコラボで、新アイテム「YOU+MORE! たまり場でちょうちょと遊ぶニャンシェード〈フロントガラス用〉」のウェブ販売を8月9日よりスタートしました。車の上で猫が遊んでいるように見えるユニークなデザインで、日差しを遮るのはもちろん、駐車場のたくさんの車から、マイカーを探し出す目印にもなります。2016年5月に発売した「ワンシェード」の発売直後より、「猫版も作って」という猫好きドライバーたちからの熱い要望があって誕生しました。

    LIMIA ニュース部
    • 3155
    • 20
  10. インフラ部分を重視。デザインよりも効率性にこだわった住まい。

    同じマンション内で広い部屋への住み替えを決めたT様。古いマンションなので、インフラ部分を重視してフルリノベーションをされました。 配管は全て新しくし、前面道路の騒音と南向きの日当たり対策として、インナーサッシを取り付け、窓に遮熱塗料も塗りました。 プランニングは、ご夫婦で過ごす時間の長いリビングと寝室を最優先し、リビングを中心に奥様がキッチンにいても書斎にいても会話ができる間取りを目指しました。 内装は飽きがこないようシンプルにしつつも、ご主人が海辺の出身だという事もあり、海をイメージした落ち着いたブルーを寝室の壁紙やプリーツスクリーンで取り込みアクセントにしました。 大きな家具が搬入できるように玄関からリビングの導線をまっすぐにしたり、家事効率を考慮してキッチンに洗濯機置場を作ったり、リビング照明は全てスマートフォン経由で操作できる仕組みを導入したり、効率性にこだわった心地よい住まいにT様もご満足のようです。

    インテリックス空間設計
    • 486
    • 0
  11. 遮熱カーテンでエアコン効率アップ!日よけシェードの生地を使った『アルミコーティングカーテン』

    ベランダや窓の外の太陽の照り返しを抑え、紫外線をカットするサンシェードやオーニング。 夏の日よけ対策・暑さ対策に便利ですよね。 でも、外壁に取り付け金具を取り付けられなかったり、ベランダや外にサンシェードを設置する場所がなく取り付けができないというお宅も多いですよね。 そんなときには、遮熱効果のあるカーテンがおすすめ。 裏面がアルミコーティングされた「ウルトラサンシェードのカーテン」なら、しっかりと紫外線をカットして外からの熱や日差しを遮ります。 カーテンレールに取り付けが可能なので、普通のカーテンの代わりに使えてお手軽です。

    友安製作所
    • 2357
    • 6

36件中 1 - 20 件を表示