ラスティック

「ラスティック」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ラスティック」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 冷蔵庫をヴィンテージな木製リメイク

    インテリアに浮いてしまっていた冷蔵庫、ステッカーを貼ってましたがあきてしまい、今回木目調にしたくなりました(๑ ́ᄇ`๑) 壁紙や、リメイクシートではなく本物の質感にしたくて、今回のリメイクでは古材を使いました♪ ベニヤと古材、マステ、両面テープ、釘 を利用して、現状復帰可能な冷蔵庫リメイクのご紹介でーす♪

    swaro109
    • 37140
    • 232
  2. ラスティック度満点!DIY流木ファニチャー

    エイジング加工しなくてもそのままでラスティックな雰囲気が醸し出せる流木。 オブジェとして飾ったり、タペストリーやカーテンポールに使ったり、アレンジしてオリジナル雑貨を作ったり、インテリアでもさまざまな使い道があります。 ほとんどがくねくね曲がってたり太さや長さがまだらでDIYで家具として組み立てるには困難ですが、 今回は逆にそのいびつなフォルムを活かして作ったファニチャーをご紹介させていただぎす。

    ゆぴのこ
    • 13569
    • 131
  3. Cafe Franz Kafka

    ならまちにある町屋を改装したブックカフェです。街に溶け込む静かな外観ですが、一歩足を踏み入れればオーナーが世界中で集めた古今東西のアンティークや書籍、音楽が詰まった濃密な時間が流れています。そんな古いトランクの中みたいなインテリアが、かつてシルクロードの終着駅だった奈良には似つかわしいのではないかと考えています。(撮影:笹倉洋平)

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 1162
    • 13
  4. 銭屋本舗オフィス

    一般的なオフィス設計では机や本棚など什器の設計やレイアウトに主眼が置かれ、建築の要素はビニールやプラスチックの均質な仕上材の奥に隠蔽されます。しかし一日のうち一番長い時間を過ごすオフィス空間は本来もっと光や風、空間や素材を楽しむことができる、人にやさしい場所であるべきです。ここでは古いコンクリート躯体をほぼそのまま生かした天井の高い空間、無垢フローリングや土間コンクリートといった素材感のある材料、南北面の大きな開口を生かした通風や採光といった建築の要素を最大限に生かし、住宅やカフェと同じようなリラックスした感覚で過ごすことができるオフィスを目指しました。(設計:アートアンドクラフト+YYAA/撮影:笹倉洋平)

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 1084
    • 7
  5. 着替える家

    3LDKのマンションでは、廊下側に洋室2つ、ベランダ側にLDK、その中間にもう1部屋という構成が一般的です。中間の1部屋は予備的な和室・洋室として設計されることが多いですが、居室として使うには採光・通風・空調の条件が悪いため、実際には季節物や捨てられない家具などを押し込んだ納戸となり、住み手の生活スタイルの変化に柔軟に対応できる間取りとならないケースが多くみられます。今回はこのような中間の1部屋をフルオープン可能な引戸でつくることで、独立した部屋として、広いLDKの一部として、また適度な位置で固定してゆるやかに空間を仕切るなど、その日の気分によって服を着替えるような感覚で簡単に模様替えできるフレキシブルな住宅としました。 (撮影:山田圭司郎)

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 1033
    • 13

おすすめ

話題のキーワード