自然素材

自然素材を使ったインテリアや家具、小物類ってすてきですよね。木材や樹脂など、自然素材のもつ無垢な印象はどこかやさしい印象を与えてくれます。自然素材を活用した家の良さやキッチンの作り方など、自然素材に関するアイデアを豊富に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

  1. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 58674
    • 1310
  2. 「足場板家具」って何?DIYにも使える杉足場板の専門店〔WOODPRO本店〕にオススメ家具を聞いた!

    杉足場板専門のネットショップ〔WOODPRO本店〕(以下、WOODPRO)で取り扱っている、工事現場で使われなくなった足場板を再利用した家具やフリー板をご紹介します。シャビーシックでエコ、しかもローコストな足場板古材は、DIYの材料としても魅力的です。

    LIMIA DIY部
    • 7610
    • 83
  3. ごろりスペースに、和モダンに。もはや定番「半畳縁なし畳」

    リノベでは「半畳縁なし畳」が主流です。洋室やフローリングとも馴染みやすく、半畳という大きさで限られたスペースにもぴったりおさめることができる半畳縁なし畳。ちょっとだけごろんと横になるスペースや、気軽に和を取り入れたい方からのご指名が増加中。では実際にどのように取り入れたのでしょうか?リノベ実例をご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 8867
    • 57
  4. 我が家の真ん中!家族みんなが心地いいリビングとは?

    毎日使う場所であり、リノベーションでもっともこだわる人が多いのがリビング。最近はLDKをひとつにつなげて、開放感のある空間をつくり出すのが主流です。でも、家族のライフスタイルはさまざま。リビングでやりたいことや好みの雰囲気もそれぞれに違います。今回はポピュラーなものからニッチなものまで、リビングリノベを集めてみました。家族が心地よく過ごせるリビングづくりのヒントを見つけてみてください

    スタイル工房 stylekoubou
    • 2775
    • 15
  5. 大屋根の下にさまざまな居場所がある終の棲家

    子育てを終えて、夫婦二人の「終の棲家」を計画したSさん夫妻。もともと暮らしていた総2階の大きな家から、木造平屋建ての小さな家へ。暮らしのスケールを小さくすることに不安を感じる施主に対して、窪江さんは丁寧なヒアリングや説明、間取りの工夫で一つひとつ不安を取り除いて行きました。夫妻らしい終の棲家が完成するまでに迫ります。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 530
    • 10
  6. ラフさとぬくもりの共存。旬の素材「モールテックス」

    あえてラフに仕上げたカッコいいデザインが人気ですが、そこで最近注目の素材が「モールテックス」。ベルギーのBEAL社が開発した左官塗装材で、モルタルの質感をどこにでも気軽に取り入れられるうえ、モルタルより耐久性が高いことから、導入例が急上昇中。木材などに塗装することで、カウンターや建具もカッコよく、素材感たっぷりに仕上がるのが魅力です。そんな「モールテックス」を使ったリノベ例を集めてみました。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 2539
    • 14
  7. 運命のドア、見つけた!アンティークドアを取り入れたリノベ

    ふらりとはいったアンティークショップで、目についた味のあるドア。「このドアを我が家のリノベに使いたい!」…でも、そんなことが可能なのでしょうか?もちろん可能です。今回は、世界にひとつだけの(かもしれない)ドアと出会い、オリジナルのリノベを叶えたお家をご紹介します。施主支給(オーナーさんが購入した建具などをリノベに取り入れること)の注意点もまとめました。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 2498
    • 17
  8. 裏方建材で、狙っては出せない味わいを

    倉庫風、ブルックリン風インテリアの流行に伴い、外装に使う建材を室内に使ったり、本来クロスなどで隠してしまう下地用建材をあえて見せるリノベが増えています。工事中の墨出し(躯体に直接書き入れた寸法や印)の跡をそのままにしたり、ざっくりした荒々しい質感であったりと、とにかく武骨で味わい深いのが特徴。今回はそんな裏方建材を使ったリノベをご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 3738
    • 8
  9. インルームバルコニー&中庭がアクセント!天然杉を贅沢に使った「切妻屋根の家」

    周囲に溶け込む落ち着いたグレーの左官壁と、三角屋根が印象的なつくばみらいの家。一歩中に入ると、目の前には薪ストーブを備えた広い土間が。そして2階には、杉の無垢材を豊富に使った開放的な空間が広がる。「書斎やリビングなど、細かい間取りに囚われない自由に過ごせる空間をつくりたい」。そんな思いを込めて設計を担当した建築家・岩瀬卓也さんの、美的センスとこだわりが詰まった家づくりをご紹介しよう。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2965
    • 15
  10. 対面キッチンもいいけれど… 根強い人気「壁付けキッチン」のメリット5選

    キッチンリノベといえば、壁に向いているキッチンを対面式に…というのがいま主流。たしかに、リビングやバルコニーに向けて視界がひらける対面式キッチンはとっても魅力的で、リノベの打合せでは、奥様から最初に出てくることも多い希望です。反面、あえて壁付けキッチンを選ぶ人が少なからずいるのも事実。壁付けキッチンのメリットとはどんなものでしょうか?実例をもとに、5つあげてみました。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 18039
    • 65
  11. 大人インテリアに、子どものお絵描きに。「黒板塗装」の魅力

    塗るだけでそこが黒板になる黒板塗料。DIYで植木鉢や木箱に塗ったりと、最近ポピュラーになりつつあります。カフェみたいにメニューを書いたり、お絵描きもできるから子どもも大喜び。チョークも粉の出にくいタイプが発売されています。今回はリノベで黒板塗装を取り入れた例をご紹介。マットな黒の魅力で、インテリアもぐっとシックに締まります。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 2440
    • 10
  12. お客様のDIYとコラボ!好きなものに囲まれた家

    20代の若いご夫婦が、中古住宅の購入を機にリフォームされました。 念願のマイホームには、自然素材を使いたい。でも予算も限られている・・ そんな悩みを解決するために、お客様のDIYとコラボをご提案しました。 キッチンのグースネック水栓は、奥様のお気に入り。 塗装もお施主様が行い、あたたかみのあるアイボリー色に。 珪藻土や、無垢材となじみ、長い時間くつろいでしまう空間になりました。 『DIYを採り入れることで、愛着がわきました。キッチンの水栓もあきらめなくてよかったです!』と笑顔で話してくれたのが印象に残っています。

    湘南リフォーム(株式会社ステラ)
    • 2475
    • 14
  13. 思い出を残そう!実家や祖父母宅をリフォームして暮らす

    ご実家などを受け継ぎリフォームをする際、リフォーム前の家の一部を見える形で残すとご両親はもちろん、その家へ来たことがあるご親戚やご友人に懐かしんでいただくことが出来るのでおすすめです。 建具の再利用、欄間のリノベーションなどいろいろ事例がありますのでご紹介します。

    四季の住まい株式会社
    • 1064
    • 6
  14. 光と視線と印象を操る「造作ドア」は満足リノベへの入口

    リビングに寝室や洗面、トイレ……玄関以外の室内にも、意外とたくさんあるドア。毎日触れるものでもあるので、お部屋の印象に与える影響も大。また、ガラスなど透明感のある素材を組み合わせることで、光を届けたり、視線をほどよく通す役目も担います。そんな室内ドア、既製品もたくさん出ていますが、せっかくリノベーションするなら、実現したいインテリアに合わせて作ってしまうという手段もあります。造作ドアで、望み通りの空間をつくった例をご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 2615
    • 16

550件中 1 - 20 件を表示