ラジオ

「ラジオ」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ラジオ」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 明日必要になるかもしれません!災害時に備えておきたいものリスト

    想像してみましょう。たった今、大地震が起きたら何を持って逃げますか?ガスや電気、水道などのライフラインが止まってしまったら、何日間自力で生活できますか? この記事では明日起こるかもしれない災害に備えて、最低限の備蓄品をご紹介します。災害に遭った時の自分を想像できなかった方は、ぜひ読んでみてください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 31234
    • 436
  2. 【毎日のおうち時間 #3】家事を楽しむちょっとした工夫

    1児の母でもあるイラストレーターのごんどうまゆさんがお届けする、「毎日のおうち時間」。家事のこと、子育てのこと、そして暮らしの中で工夫していること……ごんどうさんがつづる日常は、思わずあるある! とうなずいてしまうシーンばかりです。連載第三回目は、家事を楽しむための工夫を教えてくれました。気になったアイデアは、今日から実践してみては?

    ごんどうまゆ
    • 63540
    • 227
  3. 月替りでアーティストがパーソナリティをつとめます!1月は「ゲスの極み乙女。」が登場!

    TOKYO FMでは、月替りでアーティストがパーソナリティをつとめるレギュラー番組『Monthly Artist File-THE VOICE-』(毎週日曜15:00-15:25 TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット)を放送しています。1月のパーソナリティは「ゲスの極み乙女。」がつとめます。どうぞお楽しみに。

    PR TIMES
    • 127
    • 0
  4. カラオケボックスでアーティストとカラオケ!?「ヤバイ音楽研究所」初のリアルイベントをカラオケボックスで開催!

    音楽をこよなく愛するお笑い芸人高橋茂雄(サバンナ)と遠山大輔(グランジ)がラジオの中の秘密の機関「ヤバイ音楽研究所」の「博士」と「助手」となり、今の時代をざわつかせる”ヤバイ音楽やアーティスト”を紹介している『ヤバイ音楽研究所』(TOKYO FM毎週金曜 20時~20時55分)では、番組初のリアルイベント『アーティストとカラオケ研究所』を2018年1月22日(月)に開催いたします。参加方法は、レコチョクが運営する共創・体験型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」 (URL:https://wizy.jp/project/68/  〆切:2018年1月8日(月)23:59まで)から。どうぞご期待ください。

    PR TIMES
    • 162
    • 0
  5. 第10回目に突入!おむすびでカップケーキとピンチョスを♪クリスマス親子パーティおむすび教室「あぐりずむ クリス...

    日本の未来を元気にする農業応援プログラム「あぐりずむ」で毎週木曜日に放送中の「人をむすぶ、心をむすぶ~ニッポンおむすび便り~」では、12月9日(土)、TOKYO FM 11階のレストラン「JET STREAM」で、おむすびを握るあぐりずむ恒例のイベントが行われました。10組の親子リスナーを招いてのおむすび教室はなんと今回で10度目に!今回のテーマは、「クリスマスパーティーおむすび」!クリスマスシーズンにぴったりのパーティーおむすびをみんなで作って、おいしく食べようという楽しい企画です!「バラのカップケーキおむすび」「ころころおむすびピンチョス」を、人気料理研究家のちょりママこと西山京子さん考案の、NEWクレラップを使った、クリスマスパーティーにおススメなおむすびレシピを親子で体験しました。この模様は「あぐりずむ 人をむすぶ、心をむすぶ~ニッポンおむすび便り~」で12月21日(木)に放送致します。

    PR TIMES
    • 197
    • 0
  6. 【ラジオ:インテリアとして成立する佇まい】 (AmadanaアマダナとBang&Olufsenバングアンドオルフセン)

    デザイン家電のブランド:AmadanaとFMラジオの合同のプロジェクトで、ラジオ本体を制作したことが話題になりました。ラジオをもっと日常生活の中に取り込むために、インテリアとして成立する佇まいを考えてデザインされたそうで、木質系のフロントが特徴です。 Bluetoothスピーカー対応、目覚まし機能、スマートフォンの充電、連携、もちろんエリアフリー、タイムフリーでラジオも楽しめます。イヤホンジャックが無いことや、あえてモノラルスピーカーなトコロも挑戦的です。 わたしもラジオが生活の一部になっていますが、わたしの中で木質系のデザインが印象的なラジオと言えば、Bang&Olufsen社(デンマーク)のラジオ:Beomaster700。 天板とサイドのチーク材が印象的な、片側モノラルスピーカーの1960年代のトランジスタラジオです。兄弟機に両側にスピーカーのついたBeomaster900Kもあります。本体が大きいこともあり、インテリアとしても存在感がありますが、スッキリとしたデザインで各所の収まりがとてもいい、美しいラジオです。 デザインはデンマークのHenning Moldenhawerさん。 元々、建築家だそうで、家具的な視点のデザインは、なるほどと思わせます・・・。 フロントのPARIS,ROMA,MIRANO・・・などの都市にチューニングすると当時の放送が聞こえてきそうな感じがしますが、もちろんラジオとしては使えません。ですが、電源は入りますので、5pin DINケーブルでiPhoneに繋ぐと、アンプ/スピーカーとして、音楽やラジオ(radikoで・・・)聞くことができます。 将来的にradikoのエリアフリー機能が海外まで拡がると、外国のラジオが聞こえるようになるかもしれませんね・・・。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 1164
    • 3

おすすめ

話題のキーワード