団体信用生命保険

住宅ローンを借り入れる人が加入する生命保険のこと。「団信保険」の略称で呼ばれている。万が一、借り入れた本人が死亡あるいは高度障害になった場合、生命保険会社から支払われる保険金をローンの残債返済にあてるという仕組みである。旧住宅金融公庫融資や住宅金融支援機構融資(機構融資という)の場合、加入の義務はないが、融資利用者のほとんどが団信保険に加入し、保険料を毎年支払っている。民間融資の場合は、団信保険への加入が貸し付けの条件となっている場合が多い。また多くの銀行ではローン金利に団信保険の保険料が含まれているため、あらためて保険料を払わなくてすむ場合もある。

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード