無垢

無垢に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく無垢についてご紹介しています。

  1. これはカッコイイ男前!こんな使い方アリ?海外のDIYサイトで見つけたテーブルのDIYアイデア!これは使えそう!

    壁紙・棚・収納・カウンター・キッチン・洗面所などなど…。 DIYにチャレンジしたい箇所がいっぱい! あと最近流行っている、ラブリコやディアウォールなど壁面のDIYにも挑戦したい! 日々DIYレシピを収集していますが、海外のDIY事例サイトでカッコイイテーブルを探していたところ…。 とてもカッコイイ、男前なアイデアを見つけました!使えそうでしたら、ぜひ参考にしてください!

    chirin
    • 66145
    • 563
  2. IKEAのステップスツール✨自分好みのカラーに塗って組み立ててみました!

    キッチン などで大活躍の✨ 【ステップ スツール】 スリムなタイプ…折りたたむタイプ 色々なタイプがありますが 前から気になって… でもどこに置く?と悩んでいた 【IKEA ステップスツール 】 ひとまず…買って 作ってみちゃいました(﹡´◡`﹡ ) せっかくなので その時のレポ書いて見ました✨ I

    niko
    • 45458
    • 240
  3. 対面キッチンもいいけれど… 根強い人気「壁付けキッチン」のメリット5選

    キッチンリノベといえば、壁に向いているキッチンを対面式に…というのがいま主流。たしかに、リビングやバルコニーに向けて視界がひらける対面式キッチンはとっても魅力的で、リノベの打合せでは、奥様から最初に出てくることも多い希望です。反面、あえて壁付けキッチンを選ぶ人が少なからずいるのも事実。壁付けキッチンのメリットとはどんなものでしょうか?実例をもとに、5つあげてみました。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 16810
    • 61
  4. カッコよくも優美にも。素材感で魅せる甘辛「アイアン」

    木や珪藻土など、自然素材を使ったリノベーションが得意なスタイル工房ですが、それらと組み合わせる素材として「アイアン」がとても人気です。優しい雰囲気の自然素材に、ピリリとスパイスのように効かせたり、曲線美でアンティークな味わいを加えたり。アイアンの黒い色、素材感をうまく使ったリノベーションを辛口・甘口に分けてご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 1336
    • 16
  5. cupboard (オーダー置家具)

    やや小さめのカップボード。 シンプルなデザインですが、上部に左右にもひらけたオープンシェルフがありますので、お気に入りの食器などを見せる遊び心を持っています。 写真の例でもありますが、お部屋の壁が鋭角な入隅になっている間取りの場合、このような幅の狭めの家具をやや斜めに置くのも意外と良いものです。 (両サイドに空間ができる状態) 後ろの空間がデッドスペースにはなってしまいますが、このカップボードのように上部に左右にもひらけているオープンシェルフがある家具であると、 窮屈な印象が少なくなります。 (逆に、オープンシェルフのある家具は、壁際に置いたり、両サイドを詰めて他の家具を置く事をしない方が、家具の良さを出せると考えます。) テーブルを選ぶ場合もそうですが、家具を選ぶ際は、家具を置かない空間も考えて選ぶのがひとつのコツかもしれません。 また、無駄に思われる空間を余分につくる事で、インテリアや心に余裕ができるきっかけになるのではないでしょうか? cupboard size:w800 d460 h1655 材種:ナラ 仕上:ウレタン塗装

    knot
    • 1496
    • 12
  6. 無垢の木材の魅力に着目!2人の子どもの成長を見守る、2枚の大きな切妻屋根の住まい

    ご両親が所有し、居住する敷地の一角に住まいを構えることになったYさんご一家。親子とはいえ、適度な距離感やプライバシーへの配慮、そして効率的な土地の利用が求められます。せっかく理想の住まいをつくるのであれば、2人のお子さんの成長を見守ることができる家づくりにこだわりたいものです。今回、そんなYさんご一家の暮らしを見守り、支えていく家づくりを手掛けた、一級建築士事務所 スタジオグリーンクラフト代表の日部(かべ)友裕さんにお話しを伺いました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1860
    • 6
  7. 「自分の部屋がほしい!」自立心を育てる子ども部屋リノベ

    中学校入学のタイミングや、早い場合は小学生から、子どもは自分だけのスペースを欲しがるようになります。リビング学習もいいですが、自分の部屋としてきちんと片付け、管理する習慣を身につけるためには、子ども部屋をつくることは効果的です。お住まいの家に、子ども部屋を新設したリノベーション例を集めてみました。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 4667
    • 29
  8. NYスタイルはもちろん、多彩な素材と馴染んで こなれた印象に。「サブウェイタイル」の魅力

    1900年代からニューヨークの地下鉄で使われはじめたというサブウェイタイル。北米では住宅でもおなじみのアイテムですが、NYスタイル、ブルックリンスタイルの流行に伴い、日本で人気が急上昇中です。また、いわゆる「男前系」インテリアはもちろん、白く長方形のサブウェイタイルは、どんなインテリアや素材とも相性〇。肩に力の入り過ぎない、こなれたイメージを演出してくれます。組み合わせ別にサブウェイタイルの施工例をご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 8591
    • 81
  9. カスタマイズできる『家事室』の魅力

    家事室やユーティリティをつくる時、家族の成長にあわせて『仕様をカスタマイズ』できるようにしておくと、便利です。 今日は、最近急増中の『家事室』の作り方や使い方のお話をまとめました。新築だけではなくて、リフォームされる際も参考になるので、どうぞ。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 8694
    • 35
  10. 憧れのアイランドキッチン!向きや動線、リビングからの 視線はどうする?成功例Q&A

    キッチンはLDKの主役!とばかりに存在感を放つアイランドキッチン。お料理教室みたいで憧れるけど、どこに、どう置くかは意外と迷いますよね。また、お料理をしている手元や洗いものが見えやすいのでちょっと…という話もよく聞きます。リノベで使いやすくオシャレなアイランドキッチンを実現した施工例を、よくある疑問への解答としてご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 6584
    • 51
  11. 天然住宅 木づくりの家

    緑と海、心地よい風の抜ける葉山の敷地に建てられたのは、夫婦と子供二人のための住宅である。 求められたのは、どこにいても家族の気配を感じながら、のびやかに暮らせる天然住宅。大きな吹き抜けをつくり、そこを介してリビングや二階の読書スペースからは神社の緑を楽しむ事ができ、この吹抜けで家族の気配がつながり、風が抜け、空からは光が差し込む。 玄関からは、この吹抜け越しに空を望むことができる。また夫婦は子供部屋をつくるのではなく、大きな空間の中に夫婦二人の主寝室をつくり、夜はそこに夫婦がこもることでその他のスペースを子供たちに自由に開放できる、そんな空間を望んだ。 のりには膠(にかわ)や米のりが使われた。もちろん合板やべニア材は一切使わずに、材料はご主人のお兄様の働く三重県の材木店より運ばれた。構造材はプレカットをせず、手刻みにて加工された。柱や梁、一本一本に大工の想いが刻まれたこの家を、30年40年後、ご主人がその良さを誰かに語っている事を期待している。

    前田工務店
    • 2620
    • 9

261件中 1 - 20 件を表示