1LDK

「1LDK」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「1LDK」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. マイナスイオンで癒しのLDKと収納力アップの住まい

    和室から洋室の1LDKに。 メープル色のフローリングに張り替えた室内は優しいナチュラルテイスト。 LDKは半永久的にマイナスイオン効果のある高機能クロスに。 天然鉱石が配合された壁紙で、リラックスできる居住空間になりました。 玄関のトールタイプの下足入、廊下の大容量収納、洋室の壁一面のWICで、 収納力も抜群のお住まいです。

    東京下町のリフォーム会社 セイワビルマスター
    • 1647
    • 6
  2. K邸-「抜け」のあるLDKを楽しむために

    施工当時20代だったお二人は、ともに関西出身で、社会人になってから東京へ来られました。お二人の要望は、とにかく広々としたLDKを楽しめること。将来的に子どもができたらスペースを区切って子ども部屋を造ったり、子どもが独立したら、また広いLDKに戻したり。そんな風に長いスパンで住み続けることを視野に入れ、部屋の中心より右側を水まわりや寝室といったプライベート空間に、左側を広々としたLDKにすることにしました。 プライベート側は、ベッドルームからバスルームまで一直線に繋がっています。寝室とリビングは壁で仕切られていますが、窓側がオープンになっており、空間としてはつながっています。壁があるだけなので、部屋全体が目隠しのあるワンルーム、という感じです。1LDKをとことんカスタマイズしたら、こうなったという感じのお部屋。選択肢に幅のあるリノベーションをしつつ今を楽しむ、若いお二人にぴったりのリノベーションになりました。

    ブルースタジオ
    • 5268
    • 24
  3. slicey-水色と黄色で楽しい1LDKに

    こちらのお宅のテーマは「どうやったら楽しい1LDKを造れるか」でした。もともとの間取りはキッチン、ダイニングに個室が二つ。思い切って玄関と窓の線をつないでみたら、玄関に入った瞬間、部屋の奥まで見通せるようになりました。 リビングと寝室を分ける斜めの壁は、圧迫感がないように上部を開けてガラスにし、空間としてのつながりを感じながらも、音や匂いはブロック。この部屋のもう一つの特徴は壁の色。“クールなエリア”と“ホットなエリア”を作りたいというご希望があったので、寒色と暖色を使い分けることに。部屋を玄関と窓からスパッと切った断面が向き合っている壁だけをペイント。玄関正面のワークスペースまでがレモンイエローの“ハッピーエリア”、リビングからダイニング全体が薄い水色の“クールエリア”。 個性的な色味が冴えた、素敵なお家が出来上がりました。

    ブルースタジオ
    • 1821
    • 5

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    32件中 1 - 20 件を表示