平屋

平屋に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく平屋についてご紹介しています。

  1. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 57204
    • 1299
  2. 平屋+中庭で、広がりとワクワクと!平屋の良さってなんだ?

    平屋の住宅が見直されています。 平屋とは、1階建ての家の事です。 住宅と言えば、2階建てが普通?と思われてきましたが、なぜ平屋が人気になっているのでしょうか? 平屋には独特の心地良さが有ります。 平屋の心地良さと、平屋をつくるならオススメの設計方法を紹介します。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 3514
    • 24
  3. 庭の心地よさを取り込んだ、リビングが暮らしの中心にある平屋

    奥様の実家でもある築100余年の家を大切に守り、暮らしてきたSさんご夫婦。ご子息が巣立ち、夫婦二人のこれからの暮らしや耐震性への不安を考慮して、建て替えることにしました。Sさんご夫婦のリクエストは心地よく暮らせる平屋。石川さんが提案したSさんの住まいの工夫をご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2983
    • 29
  4. haus-flow/地域のオアシスとしての平屋中庭付き住宅

    個人住宅 2018年01月完成 家族構成:夫婦+子供2人 ​所在地:兵庫県姫路市大塩町 用途地域:第一種中高層住居専用地域 敷地面積:239.71㎡ 主要用途:専用住宅 構造:木造平屋建て 延床面積:128.48㎡ 容積率:47.94%<160% 建築面積:138.30㎡ 建蔽率:57.70%<70% 最高高さ:4.545m 設計:一級建築士事務所haus 施工:株式会社 中村建設 撮影:PHOTO OFFICE JOUER 森本大助 クライアント自ら希望された平屋建ての住宅。 道路側に傾斜した片流れ屋根のシンプルな台形型のその建物形状から『flow』(流れ)と命名しました。 その形状による低い軒先と余裕のあるレイアウトは、狭い前面道路と密集している近隣の門塀による圧迫感を和らげ、地域のオアシス的な役割を担うことでしょう。 また閉鎖的な外観の内側には2つの中庭を設け、外部からは想像できないほどの採光と通風、プライバシーを確保しています。 広いリビングは、道路から一番奥に配し、屋根勾配に沿って天井を高く設定、さらに中庭に面しているため、お祭りなどで人が集まる際にも対応できる、面積以上の開放性を有しています。

    一級建築士事務所haus
    • 3442
    • 76
  5. 鎌倉の地に馴染む”ハイセンス和モダン”。細い路地の奥に佇む平屋の注文住宅

    Mさんのご夫妻の住まいは平屋。Mさんの奥様のご実家が所有していた土地に住まいを構えることになったとき、足腰が弱くなったときのことを見越してのご判断でした。さらに、Mさんご夫妻が重視したポイントは"家相"そして"和モダン"であること。さらに、M邸の敷地特有のハードルをクリアする必要がありました。今回は、数々のハードルを見事にクリアし、素晴らしい住まいを完成させた一級建築士事務所 秋山立花 代表の秋山怜史さんにお話しを伺いました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2149
    • 13
  6. 風景に溶け込む、築40年の平屋でスローな暮らしを満喫【我が家の暮らし #1】

    昨今、ゆったりと暮らしを楽しみたいたい人々に人気の、郊外での平屋住まい。頭上に広がる空の下、庭や縁側が内と外をむすび、フラットな空間には心地よい風が吹き抜けていきます。“ひとつ屋根の下に暮らす”という、家の原型のような平屋は、住まいに、そして暮らしに、本当に必要なものは何かを、そっと語りかけてきました。

    LIMIA編集部
    • 5927
    • 29
  7. 3階建てに囲まれた平屋暮らし

    間口7m奥行25mと南北に伸びる敷地となっている。道路は南道路。建物の入口は、半屋内のアプローチを抜けると辿り着く中庭にある。この半屋内のアプローチを介して中庭に辿り着く導線が存在する事で、道路と中庭との間に実際の数字以上の感覚による距離感が生まれ、更に門の役割を果たす扉を間に設けることで、この住宅が三階建の建物に囲われた敷地に建っている事を忘れてしまうほどの落ち着きのある中庭が生まれた。更に奥行25mの敷地を生かし、アプローチから中庭を介して、リビング、その奥の庭へと抜ける視線を確保する事で内と外が交互に連続し、更なる奥行きの演出を試みている。

    前田工務店
    • 6495
    • 20
  8. 間仕切りと大収納の家

    ポイント 1.格子梁に沿って間仕切りの位置を変更 2.将来の変化に対応できる14畳もの大収納 格子状に組まれた天井の梁に沿って、壁や建具、簡易的な仕切りを設けることができるため将来における家族構成の変化や、友達が泊まりに来て個室を作りたいときなど柔軟に対応することができる。 その他、各部屋に1畳程度というお決まりのような収納を再検討し、 玄関、キッチン、寝室、子供部屋、洗面などにあるそれぞれの収納を一部屋にまとめた。 まとめられた14帖もの大収納には、その時期により占有する面積を変えられるので将来の変化にも容易に対応ができるとともに、1部屋ですべての収納が完結できるので、家事動線が短くなるよう配慮されている。

    インデコード design office
    • 1590
    • 6
  9. 7.2mの土間のあるリビング空間。リビングとテラスを「土間」でゆるやかにつなぐ、小さな平屋の住まい。

    市内郊外に建つ22坪のローコスト住宅。平面計画は平屋をベースに、屋根勾配を有効活用したスキップフロア構成をもちいることで大容量の収納と予備室となるロフト空間を確保しています。リビングダイニングは贅沢なワンルーム空間となっており、玄関からリビングへとつながる土間は、自転車を置いたり、観葉植物に水をやったり、靴を脱がずに腰を掛けておしゃべりをしたりと屋内(リビング)と屋外(テラス)とをつなぐ中間領域として、暮らしに多様な豊かさをもたらしてくれます。

    清建築設計室
    • 1131
    • 23
  10. 細長空間で実現した終の棲家「クジラの家」

    リタイアしたYさんご夫婦が終の棲家を建てるべく購入した、埼玉県の細長い土地。ここに建築家の矢嶋一裕さんと共につくり上げたのは、土地の形状を生かして家中に光が溢れる横長の家だった。独特の外観だけでなく、建物の中も斬新なアイディアで溢れるY邸。その全貌をご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 980
    • 3
  11. 武蔵野の雑木林に建つ平屋

    武蔵野の雑木林の中に建つ住宅です。平面的には、リビングの真南に直角三角形の斜辺をもってくることによって、南側の長い壁面に、大きな窓(開口部)を配置。軒の深い南面外壁は、雨で劣化しにくいので、杉の南京下見板で仕上げてあります。普段、一番目にする部分ですからね・・・。 基本的には平屋のプランで計画されています。 平屋の利点を利用して、リビングは屋根の形に天井を高く仕上げました。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 3791
    • 9
  12. 晴耕雨読 〜自然の循環と共にある生活の器〜

    「畑を耕しながら、ゆっくり過ごしたい」と、家づくりを決意したFさんご夫婦。そんな思いにこたえた建築家、岩瀬卓也さんと共に作り上げたのは、大きな土間と開口部で内と外の垣根をなくした「晴耕雨読」の家。自然と一体となって暮らすための知恵が随所に生きるF邸の魅力を、たっぷりとご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1186
    • 4
  13. 平屋が浮いた!地面につけないメリットが、こんなにあるの?!

    長年、住んだ場所を離れたくないと、地元の昭島市に見つけた土地はすぐ真横まで隣の家が迫った商業地。それでも、明るい平屋に住みたいという要望に、建築家の小林進一さんは平屋をそのまま持ち上げてしまうという大胆な発想で応えました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3179
    • 28
  14. 住まい手基準の気持ちよさの追求。両親への想いが詰まった平屋

    依頼人のご両親が住む広島の実家。建て替えるなら体が弱ってきても過ごしやすい家にしてあげたいと娘さんは願いました。ご両親が元気に毎日暮らせる家には何が必要か、娘さん、建築家の山口健太郎さん、そしてご両親が考えを出し合いました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2739
    • 12
  15. 平屋風|江刺区岩谷堂にて完成見学会開催12/16(土)17(日)の2日間限り!!

    リビングを中心にした暮らしやすい間取りは、子育て世代、 夫婦ふたりだけの暮らしにもオススメです。 また、この寒い時期にこそ高性能住宅のあたたかさも ぜひ、ご体感ください。 2日間限定開催。みなさまのご来場お待ちしています。 ●開 催 日  12/16(土)17(日)  ●時   間  10時から16時まで ●会   場  奥州市江刺区岩谷堂二本木         (玉澤リハビリ整形外科様近く)

    伸和ハウス
    • 2042
    • 1
  16. 森のアトリエ 自然の中に佇む平屋

    静かな森のなかに佇むアトリエ 外壁はしっくい塗り、大きく真っ白なアプローチがゆったりとした時間をお出迎え。 室内は2つの空間だけ。完全には閉鎖せず、繋がりのある空間に。 アトリエ側には大きな窓から、森の雰囲気を楽しみながら創作活動が出来るように。 ちょっと疲れたら約2mある軒先でマイナスイオンを感じながらコーヒーブレイク。

    ヒラヤマホーム株式会社
    • 664
    • 5

162件中 1 - 20 件を表示