ベージュ

「ベージュ」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ベージュ」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 2018秋のベージュは上下ワントーンコーデで即おしゃれに変身!

    アラサー・アラフォー世代の女性を素敵に見せてくれる秋カラーと言えば、ベージュがその代表格。そして、2018秋のベージュコーディネートは上下ワントーンがおしゃれのカギ。全身をベージュで揃えるだけだから、毎日のコーディネートに悩むことなく、即おしゃれに変身! 今回は、2018秋におすすめしたいベージュの洋服をピックアップ。上下ワントーンコーディネートのポイントも併せてご紹介します♪

    Nagisa【ファッションライター・ママモデル】
    • 15237
    • 44
  2. 【2018秋ファッション】ワントーンコーデで上級おしゃれを極める

    ワントーンコーデは、ひとつの色で全身を統一する着こなしです。2018年の秋は、ワントーンコーデが流行の兆し。今秋のトレンドカラー「オレンジ」と、ワントーンコーデの挑戦がとりわけ難しい「ベージュ」をピックアップ! おしゃれなワントーンコーデのコツをスタイリストの石川さんに教えていただきます♪

    LIMIA ファッション部
    • 7236
    • 16
  3. 今すぐマネしたい!インスタで見つけた上級ベージュワントーンコーデ

    おしゃれ上級者に見える"ワントーンコーデ"。その中でもベージュのワントーンは、ナチュラルなのにフェミニンに見えると大人気です。ただし、肌なじみが良すぎてぼやけてしまう可能性もアリ! ワントーンコーデの中でも一番難しいカラーかもしれません。 今すぐマネしたくなる、おしゃれインスタグラマーが着こなすベージュワントーンコーデをご紹介します。

    Jumi Sakae
    • 3102
    • 5
  4. 【脱マンネリ】ワントーンコーデでいつもと違う自分に挑戦!ベージュ×ホワイトの組み合わせでふんわり優しい印象に♡

    冬って、、、長いですよね💦 毎年毎年、寒い季節って本当に長いなぁと思います。 11月から冬の服装になって、丸3ヶ月が経過。 2月にもなると、だんだん毎日のコーディネートも同じような服装になることが多くなってきませんか? 今回はそんな冬のマンネリコーデを打破する方法の一つとして、ベージュを基調としたワントーンコーデをおすすめしたいと思います🎵

    shifumi
    • 57873
    • 26
  5. マルチに使えるハンドメイドのキルトカバー・コレクション

    Karmieの人気コレクション「キルトカバー」の第2弾です。ベルベットの珊瑚色がナチュラルかつラグジュアリーなテイストの"Crevette"。異素材のパッチワークに草花の刺繍やシルバー箔押しがアクセントの"Blanc"。ベッドスプレッドやソファーカバーなど、マルチに使えるキルトカバーは185×185の正方形と200×250の長方形の2サイズ展開。それぞれのコレクションに、セットで使えるシャムカバーとクッションカバーもあります。どのアイテムもハンドメイドの刺繍がふんだんに施された特別なコレクションです。

    Karmie神谷寝具
    • 3923
    • 11
  6. sofa④ (regular item)

    モケットって、ご存知ですか? イスやソファのシートにも使用される生地の一種で、起毛されたパイル織物です。 優しい柔らかな肌触りと、落ち着いた印象を与えてくれるのが特徴です。 少し光沢があり、光によって見え方が変わるのも面白いです。 意外に耐久性・摩耗性が高く、昔の電車やバスのシートに採用されていたと言えばイメージし易いでしょうか。 革製品と比べ、夏場はベタつく事も少なく、冬場は暖かく感じます。 生地が馴染んできた感じも、雰囲気が出て良いものです。 そんなモケット生地を張ったソファを紹介します。 どこか懐しいテイストで、奇をてらわないベーシックなデザイン。 モケットは木材(ウォルナット)との相性も良いです。 やや奥行の浅いベンチサイズなので、ちょこんと座れ、大きなソファを置くと室内が狭く感じるようなお部屋には最適です。 3Pソファと1Pソファ/オットマン・スツールを組合せたり、肘掛付を選択するのも良いかと思います。

    knot
    • 1804
    • 1
  7. p-stool (regular item)

    p-stool / kw325   size:W460 D420 SH410 mm   材種:ウォルナット/ナラ 素材:パラコード コードで座面を編んだスツール(背の無い椅子)です。 従来より人気であり、新色を展示することにしました。 (コードの色目、フレームの材種は色々な組合せから選択できます。) リビング等での使用はもちろんですが、例えば、玄関に置いて靴(ブーツ)の脱ぎ履きの際や荷物置きとして利用されるのも良いかと考えています。 店舗等では、ウェイティングシートとしても個性を出せると思います。 コードとフレームの組合せで、ポップなイメージにも、和風のイメージにもなり、 印象が変わります。  

    knot
    • 628
    • 0
  8. インテリアのアクセントに最適な長方形ニットクッション

    ホテルや海外の映画やドラマに登場するベッドには、ピローやクッションが何種類かセットされています。ベッドをおしゃれに装うために、複数の異なるサイズのピローやクッションは欠かせません。Karmieの「ニットクッション」はちょうど一般的なピローよりひと回り小さく、サブピローに最適です。ベーシックだけど凝った生地の「ニットクッション」は、ベッドのさりげないアクセントになります。

    Karmie神谷寝具
    • 1387
    • 4
  9. 夫婦サイズの家-夫婦の暮らしにぴったりの家-

    子供も独立し、再び夫婦二人での生活になるということで、奥様の実家である45年前に建てられた団地を、夫婦2人で暮らすのにちょうどよい住宅となるようリノベーションした。 階高が低く天井の高さが取れない構造であることと、外部に気持ちの良い緑地スペースが広がっていることを活かして、高さ方向の開放感を追求するのではなく、水平方向の広がりによって「圧迫感」ではなく、「落ち着く」と感じられる空間を考えた。そこで、LDKの床と天井は同じ材料の板(タモ)を貼り、中桟や換気窓の付いていた古いサッシは新しく入れ替え、窓廻りに付属する空調の配管やカーテンレールもすっきりと納めることで、自然と外に視線が向かい開放感が感じられるよう演出した。 間取りは、大幅に変更せず壁や角のラインが揃うように細かく調整し、全体的にシンプルで使いやすい空間となるよう考えた。 廊下から直接見える状態となっていた脱衣場、洗面・洗濯スペース、風呂、トイレはひとつの空間にまとめて、それ以外の場所と明確に区分けした。サニタリースペースの通路側壁面には、洗濯機や生活雑貨、シューズBOX等の収納を新たに設けて、白く染色した木質のパネルで覆い、すっきりと見せつつアクセントウォールとして空間に温かみや柔らかさを演出している。 夫婦それぞれの個室は、部屋として完全に区切るのではなく躯体壁や造作の可動棚、引込める建具などで緩やかに仕切り、開放的でありながら、互いの距離をその時々で選択できるようになっている。天井が低いことで、窓の外の景色が見える開放感が強調され、それぞれの部屋を緩く繋げることで落ち着きと開放感を併せ持つ空間をつくることができた。

    aidaho
    • 2144
    • 3

おすすめ

話題のキーワード

    24件中 1 - 20 件を表示