店舗のアイデア(4ぺージ)

「店舗」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「店舗」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 冬は暖かく、夏は涼しい!「NATSUGI FLATS]

    互いに独立性を保ちたいという施主様がたのご要望に応え、店舗・親世帯住宅・子世帯住宅を水平に積み上げ、それぞれ内部の雰囲気も大きく変えました。2,3階とも幹線道路に面した側の窓は必要最低限にとどめ、南側の窓を広く取り、明るく開放的な空間になるようにしました。 外断熱のため、冬は暖かく、夏は涼しいといった快適な空間で過ごすことができ、施主様からも喜びの声が上がっています。

    大塚高史建築設計事務所
    • 1025
    • 11
  2. 雑居ビルを和モダンな外観にリノベーション! ~ラウンジもあわせて改装~

    昭和のかおりが色濃く漂う、複数の飲食店が入居する雑居ビルを大胆にリノベーション。 オーナーであり、コアテナントの人気割烹店に相応しい外観とするため、格子とスタンプコンクリートと照明の効果で和モダンな雰囲気の建物に大変身。入居するテナント(ラウンジ)も併せてモダンでシックな雰囲気に改装。ラウンジのカウンターはエコカラットと間接照明で印象的な雰囲気に仕上げました。

    共和木材工業株式会社
    • 1756
    • 11
  3. おもちゃ箱のようなカラフルに彩られた店舗リノベーション空間

    独特のコンセプトと洗礼された印象を持つショップが多いイメージの目黒区。東急東横線「祐天寺駅」商店街の一角に『NIRAME.CO』があります。 お店に入るとまず、グリーンの人工芝とブラウンの塗装壁がかわいらしいポップな空間が広がります。塗装壁と白いスギ板の組み合わせがやさしい印象を醸し出し、人口の芝生を敷いて色とりどりの洋服を飾れば、まるでおもちゃ箱のようにカラフルで遊び心満載の、思わず立ち寄ってみたくなる異空間が出現します。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 890
    • 1
  4. MAS-h/ニワをつくる・3階建て住宅

    1階は店舗、2,3階が住宅。敷地は建物の密集地なので、2,3階の住宅部分にタテとヨコの【ヴォイド】を設け、光、空気を取り入れ、密集している外部を切り採る様に内部に取り入れ、開放的な空間としています。 ヨコの【ヴォイド】は、前面の道路と裏側の空き地を結んだ吹抜けとなっており、ヨコの【ヴォイド】にすべての室が面して配置し、光、風を散りいれられるように考慮。 タテの【ヴォイド】は、建物の中心に建物を切り取る様に設け、光・空気を空から取り入れる【ニワ】としています。密集地なので、真竹のすだれ状の横格子を設け、プライバシ-確保のを考慮。 また、一部、床板及び階段の段板を外せる様にして、遊んでいる空間が無い様に、そこかしこを収納として使用しています。

    vox/上村千秋建築設計室
    • 1109
    • 1
  5. サロンリメイク  ~最小限に手を加え新オーナーのテイストに~

    長年勤めた美容室、前オーナーが移転されるのを機にその場を引き継ぐことを決意されました。 今まで来てくださった方も、新しく来られる方も大事にしていきたいと 以前のレイアウトをそのままに、内装の変更や家具・建具のリメイクを施し、 懐かしさに自分色を加え、かっこよさも親しみやすさも共存したお店となりました。

    tailorhouse
    • 648
    • 2
  6. TEPPAN AJIMARU

    神奈川県で30年に渡り営業してきた老舗鉄板焼店「あじ丸」が、オーナーの高齢を理由に閉店することになり、その意志と味を受け継ぐ若き料理人から、長年愛されてきた「あじ丸」の良さを残しつつ、新しい世代にも「あじ丸」の味を広められるお店づくりをご希望されました。 店舗に必要な要素は「世界観」。人を引き寄せる魅力的なお店は、細部に渡って気を抜くことなく完璧な世界観を持っています。新生「あじ丸」においても、この世界観を表現することがとても重要だと考え、店舗のデザインをする前に、「あじ丸」のブランディングから行うことをご提案しました。 新生「TEPPAN AJIMARU」には「R30」というブランディングテーマを持たせ、独身世代と子育世代が混在するリアルな30歳台が通いたくなるお店を目指し、看板デザイン、インテリア(内装装飾)などの建築に関わる部分から、ロゴデザイン、メニューブックの作成や、コースター、テーブルマットなどの備品類、スタッフの制服デザインまで細部にわたって統一感を持たせた世界観を造ることをご提案。 元々、純喫茶だった店舗を改装。バブル期に建てられた店舗はデザイン性や使用している部材のポテンシャルは高いものの、歳月を経て劣化が進んでいる状態。限られた予算の中で、本来なら見栄えするものに予算を割きたいところも、見えないところの修復を行いながらの施工となり、既存のカウンターなどを再利用するなどしてコスト調整つつも、「R30」の目の超えたお客様にも満足していただける空間づくりを心掛けました。

    平岡工務店 by Remix Design
    • 869
    • 1
  7. 店舗のリノベーションの手順・注意点

    既存の店舗をリノベーションして、リニューアルしたり新たな用途としたりする場合は、住宅とは異なり「経営」という要素が加わってきますから、自分たちの好みや使い勝手だけでは改修の判断ができません。いかに集客を増やし、売上を高めるかという戦略を主体に考える必要が出てくるといえるでしょう。そこで今回は、店舗のリノベーションについてお話します。計画から工事までの詳細な手順や、店舗という建物の特徴に絞ったリノベーションの注意点などを紹介していきましょう。

    LIMIA 住まい部
    • 1747
    • 5
  8. たつのの店舗併用住宅/建築家と建てた30代の家

    ー パン工房とお洒落なカフェを併用する住宅 ― 兵庫県たつの市にあるカフェ併用住宅。 以前から喫茶店を経営していたオーナーが、小麦粉からこだわったパン工房とお洒落なカフェをつくりたいとの相談からスタートしました。 建築主からの要望は、店舗と住宅の入り口を別にすることと、全体的に”古い学校”のようなイメージにするということ。 この要望を実現したのは、建築家の田中一郎さん。 十分な敷地があったので、母屋と離れのように2棟に分け、2棟をつなぐ中央には、このお店のシンボルツリーを植えました。 ”古い学校”のようなイメージを出すため、店舗の床には、粗いミモザを使用しています。 塗装は拭き取り仕上げにしており、木目を際立たせ、古く懐かしい雰囲気の仕上げにしています。 2階の居住スペースは大きなワンルーム。 住居のトイレ・キッチン・浴室にはモザイクタイルを貼ったり、和室との仕切り建具に、気泡の入ったアンティーク風ガラスを用いたり、店舗の雰囲気と合わせて一体感を生み出しています。 こちらの住まいは、 資料請求で無料プレゼン中の「店舗併用住宅事例集」に掲載しています。 資料請求はザウス公式HP www.zaus-co.com からどうぞ。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス神戸店(0120-360-354) 規  模/地上2階建て 構  造/木造 敷地面積/525.0m2(約158.8坪) 建築面積/92.0m2(約27.8坪) 延床面積/148.0m2(約44.8坪) 店舗面積/82.1m2(約24.8坪) 店名/cafe terrace HANA 撮影:平野和司

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 1951
    • 1
  9. MINOH BEER

    店舗・倉庫・事務所をまとめた機能的な複合施設で、全国展開する「箕面ビールブランド」のフラッグシップとなる建物をご希望されました。 店舗部分のイメージで目指したのは、「大正時代に建てられたアンティークなビルや倉庫を改装してショップしたような雰囲気」 1階は気軽に飲んだり買ったりできるパブのようなスペース、2階は音楽イベントなどでも利用できるホールのような大空間に。 見せかけではない本物のアンティークの質感を出すために、様々な場所に足を運んで部材を買い付け、細部までこだわり納得のいく仕上がりになっています。さらに特注オーダーのアイアンフレーム窓、ごつい鉄を組み合わせた重厚な階段、レンガ瓦積みの壁、無骨な雰囲気の家具など、様々なアイテムを組み合わせてトータルで空間を演出しています。

    平岡工務店 by Remix Design
    • 741
    • 5
  10. 連理の木が見えるカフェレストラン-RENRI-

    いつからかなぁ、時間(とき)を忘れてしまうほど、 光や影や、 水や風や空や雲や、 樹木や鳥や、 月や星達の自然と、 溶け合うほどに『ジーと遠く眺める』ことをしなくなったのは。 果樹園と建物を、長い石壁と中庭(ビューコート)で繋げて、カフェからボーと遠くをみていることができたらいいなぁ。 お城のようなタワー(塔)があったら、高い所から一望出来て、晴れたら富士山も見えるかなぁ。 大樹の下には忘れられたように木製のベンチが置いてあって、そこまで細い小道がつづいているのが見えたら、食事の後は散歩してみたいなぁ。 夜になったら、京都嵐山の花灯路のようにライトアップされた小道が浮かびあがったら幻想的だなぁ、なんて思うのです。 ---------- 2005 静岡県建築士会浜松支部第一回設計コンペ・最優秀賞を受賞 こちらにコラムを掲載しております。 http://sumai.nikkei.co.jp/style/slowlife/06_1.html こちらはカフェレストラン-連理-のHPとなります。 http://lenri.com/68299/salon-info/

    住環境研究所
    • 634
    • 4
  11. 明治神宮前のカフェ/OnJapan CAFE

    東京を象徴する発信地である原宿は、国内外問わず旅行客に人気の地域である。そんな地域にありながら、表通りの喧噪から一歩離れた、ゆったりと過ごせるカフェを計画した。 2020年の東京オリンピックに向けて、多様なプラットフォームを活用して日本の魅力を海外へ発信し、共有する事業の一環として、飲食するだけの空間に留まらない情報やコンテンツを体験できる場として、このカフェが位置づけられている。日本に関する様々な情報を多言語で発信し、体験の場を提供することで、日本人ばかりでなく訪日外国人までもターゲットにした、マルチリンガルなカフェである。また、ユネスコの無形文化遺産に登録された和食に着目し、旨味をテーマとした豊かな日本の食文化も提案している。 まず1つの特徴として、日本の芸術、食文化、武道、建築や庭園など多岐にわたる日本文化を紹介した数百冊の英文書籍を蔵書しており、利用者は自由に閲覧することができる。壁一面のライブラリは空間に色を添えいるが、単なる空間演出のためのディスプレイではなく、先に述べた事業内容の重要な一翼を担っている。また、旬の食材を使用した料理レッスン、日本酒や抹茶のセミナー、生け花や書道のワークショップなど日本の伝統文化を体験できるフレキシブルな場として計画している。可変的な家具や照明計画により空間に冗長性を持たせることで、こうした多様なイベントに対応している。 コンクリートの躯体に大きく穿たれた窓からは、街と繋がる風景に接続することはできず、隣地にある建物の無味な壁面が広がっている。前面道路は、繁華街の裏路地のため人通りも疎らである。そのため、内部空間の充実化と、隠れ家的な落ち着いた雰囲気の両立が求められた。まず数百冊の洋書を所蔵するために大きな本棚を計画し、本棚が設置される壁面全体を同様の素材と色合いで仕上げた。コンクリートの質感と調和の取れた木質の穏やかな色調の中に、洋書の表紙や背表紙がアクセントとなり、多様な背景を作り出している。床材は経年変化により徐々に深みを増してゆく素材を採用しており、日本古来より美意識の1つである風情を坪庭で表現した。洗面室へのアプローチは壁と天井共に黒板塗装を施しており、客席とは一変した空間となっている。様々な事柄をチョークで描くことで、空間のカスタマイズを可能としている。また、ゆとりをもった距離感を大切にして客席の配置を行った。

    高田博章建築設計
    • 1845
    • 3
  12. 線路沿いの超変形敷地!多くの制約を個性に変えた、美しい店舗+二世帯住宅

    奥に向かって細長い、鋭角三角形の超変形敷地。 北側を走る線路からの、騒音や振動。 北側斜線をはじめとした、厳しい法的な制限。 そうした様々な条件をすべてクリアし、 さらに、それらを個性に変えて、 美しい店舗+二世帯住宅が出来上がりました。 そんな「酒楽和華 清乃」 のストーリーです。

    仲摩邦彦建築設計事務所
    • 3425
    • 21
  13. おしゃれな照明器具♪シャンデリア編

    アメリカから輸入したおしゃれなシャンデリアライト。アンティークデザインをメインに扱ってますが、シンプルなモダンデザイン・キラキラと輝きが美しいクリスタルキャンドルデザイン・かわいいプリンセスデザインとあります。 日本では見かけないユニークでおしゃれなシャンデリアです!

    世界の建材ドットコム
    • 1468
    • 5
  14. 玄米カフェ実身美(サンミ)大阪 阿倍野店

    2階建て木造長屋の店舗へのリノベーションです。 既存建物の2階の床に穴を開け、吹抜けによって上下階の空間を繋げました。 エントランス側に配置した階段が、外部と内部を緩やかに分節します。 既存建物の屋根構造材を露出させました。 壁、ドア、家具が「断片」として白い空間に浮遊しています。

    井戸健治 / 井戸健治建築研究所
    • 565
    • 3

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    181件中 61 - 80 件を表示