石に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく石についてご紹介しています。

  1. 簡単に石壁にできるシート「ピタットストーン」がすごい☆ “石”なのにハサミで切れる貼れる!ジャンケンの常識をくつがえす?

    ドイツの特許技術で石の薄皮1枚を剥いでシート状に加工した天然石シート「ピタットストーン」。 剥離紙をはがして貼るだけで、石壁にできるシートです。 貼るだけなので施工はとっても簡単。 壁のリフォーム・家具のリメイクなどに、天然石が持つ高級感が手軽に楽しめます。

    友安製作所
    • 17149
    • 24
  2. 東京デザインウィーク2016 エナジーフロッグ✖️イーストンテック (株)イーストンテック様とのコラボ企画。

    東京デザインウィーク2016 エナジーフロッグ✖️イーストンテック (株)イーストンテック様とコラボ企画 (株)イーストンテック 最高の素材と最高の技術、 ガラスの中で最上級の石英ガラスを最高の職人の手によってカット・研磨。 EnergyFrog 世界各国にジュエリーガラスペンダントを販売展開中。 色々な種類のガラスを使用し、抽象的に自然を取り入れ立体的に作品制作。

    ガラスジュエリー EnergyFrog
    • 725
    • 10
  3. 自然素材満載の地球にやさしい空間

    今回のリフォームは、自然と調和した暮らしを今の暮らしに取り入れた地球にやさしい空間『エコライフ』がテーマとなりました。 リビングは床材に無垢材のウォールナット(世界三大銘木)を貼り込み、暖炉風のガスストーブ設置し、クロスやカーテンにもこだわり無垢材本来の香りとあたたかい雰囲気に包まれた和モダンに、子供部屋は、床・天井を明るい板材を採用し自然の中にいる空間となりました。 外壁は黒とベージュでインパクトのある外観に仕上がりました。

    協和ハウス
    • 466
    • 6
  4. アイアンを使った門まわりとアプローチのリフォーム

    門まわりとアプローチ、庭のリフォーム。 通りから見えにくかった既存の門柱を解体後、背の高い門柱と扉でしっかり門があることを主張、さらにアイアンで特注製作したゲートでよりフォーマルな印象に。 門柱の仕上げ素材はやわらかな表情のある天然石を使用。高級感がありつつほどよく開放的で明るい門まわりとなりました。 アプローチから続く庭部分はもともと砕石敷きになっていて暗く見え、お子様たちが自転車に乗って遊ぶにも使い勝手があまりよくない、除草や落ち葉掃除などのメンテナンスも大変、ということで何か舗装をしたいというのがご希望でした。アプローチ部分も含め舗装面積が多くなるため、土間は一気に施工ができるスタンプコンクリートを使用してヨーロッパの古い石畳のようなイメージに。広い舗装面が単調にならないようところどころに玉石の目地や300角の方形石風アクセントで変化をつけています。 土間の工事に伴って立水栓もリフォーム。全体の雰囲気になじみながらもちょっとしたポイントになるよう少しくすんだブルーを選び、笠石はグレーベージュ、蛇口は真鍮色でフレンチ雑貨のような色合いに仕上がりました。

    greenterior
    • 413
    • 0
  5. 穏やかな時がながれる平屋の空間|BREATH

    中庭と水盤のある家 - 中庭平屋型. BREATH 閑静な住宅地の中で美容室兼用の家づくりです。中庭を中心とした諸室を平屋で増築しました。中庭は既存の家のプライベートな場所としても活用されています。 家づくりの中心となるテーマは、大木、巨石、古材、水盤、平屋、中庭などで、五感を感じる空気感や気配のある家づくりです。ホール、待ち合いスペース、和室、ポーチなど、中庭が全体をまとめ調和のある家づくりです。 水盤は大屋根からの雨水を溜めます。そして室内の空間に光と影のある“ゆらぎ”を演出させてくれます。ポーチの大屋根は約5m の跳ね出しのキャンチレバーですが、木造の小学校で使われていた約10 mの長さの古材の大きな梁を再利用したもので、平屋の家を構造的に支えています。大きな株付けの楠木を中庭の背景として配置して、存在感のある大きな溶岩の巨石を中庭に据えてみました。 平屋建ての余裕の中庭のある空間には、ゆっくりとした時が流れるようです。 夕暮れ時には、L時型の木製ガラス扉を全て開ける事で内と外との境界は無くなります。 このとき、 平屋建の余裕のスペースは開放感を演出することが出来る中庭のある家となります。

    中庭のある家|水谷嘉信建築設計事務所
    • 845
    • 16

43件中 1 - 20 件を表示